鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:DV

 (0コメント)

no title
674: おさかなくわえた名無しさん 2012/04/10(火) 04:41:10.20 O
寝れないので投下

修羅場は結構沢山ある(父方両親に孫と認められない、父親私に興味が無く浮気・遊びで帰ってこない、父弟嫁に殺されかけるetc)

その中でも一番のトラウマ
新しい父親は厨二引きずってるような人
気に入らなければDV
当時小学生の私と張り合っては母にとっての一番が自分じゃなく子供なのが気に入らない
物欲が我慢出来なく、勝手にペット買う。子供が欲しいと思ってと私のせい
稼ぎが足りなく母にパートに行かせてるにも関わらず俺が養ってやってると威張る

そんなどうしようもない屑だから、両親はよく掴み合いの喧嘩をしていた
流血、家破壊当たり前
八つ当たりされるし、怖くてその場に居たくないのに、隠れてる間に殺人が起きそうな恐怖で動けず

特に離婚に発展した時はまさに修羅場

その日も喧嘩は母の些細な行動に継父がキレたことから

いつものように掴み合いの喧嘩をしてたんだけど、継父が母の目を殴った
容赦の欠片も無く

暴れる母の首を締めつつ玄関まで引き摺り閉め出す継父
外で開けろと暴れる母
恐怖だった

分けます

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

20130105friedfoodinspace
373: おさかなくわえた名無しさん 2015/06/26(金)20:36:49 ID:Zk9
結納まで済ませてた恋人に冷めた話。

入籍を目前にして浮かれた私、
彼氏のマンションのカギを預かって、料理や洗濯掃除などに通っていた。
気分は一足早く新婚さん。

ある日、ゆで卵を丸ごと包んだコロッケに挑戦。
変なふうに空気でも入っちゃってたのか、揚げてる最中に軽く破裂。
胸元に油が跳ねて火傷した。

慌てて冷やしたけど手遅れで、直径一センチくらいの水ぶくれが二つできた。
結婚式のドレスは、胸元が空いたデザインのもので決定済みだったので
結婚式までに痕が消えるかな、ああなんでエプロンしなかったんだと落ち込んだ。

もう病院は空いていない時間だったので、
とりあえず彼氏の部屋の救急箱からオロナインと絆創膏をもらって手当。
彼氏が返ってきたら慰めてもらおう、と(今思えば)甘ったるいことを考えていた。

そうこうしてるうちに彼氏が帰宅。
「おかえりなさい、あのねー」と泣きつこうとした私を凝視する彼氏。
いきなり私の髪の毛を掴んで、地面に引き倒しビンタしてきた。

そして「ふざけんなよこのクソアマ!」と怒鳴って、私の胸元の絆創膏を引き剥がした。
髪の毛掴まれて引き倒されて殴られて、何もできずに固まってたけど
火傷の痛さで我に返って、悲鳴を上げた。言えたのは「火傷!痛い!」くらいだったけど。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

f0139900_23541069
1: おさかなくわえた名無しさん 2014/05/13(火)15:20:54 ID:nlYW20EHJ
そんくらいのことで実家帰んなよwwww

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

285

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

9830914_L_diethyakka
106: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/21(木)21:07:28 ID:IgO
妊娠中どれだけ悪阻が辛くても腹が張って辛くても旦那は何もしてくれなかった。
実家は当時里帰りできない事情があり初めての妊娠で不安だった。
食べた直後に洗面所に駆け込みリバースしてても(食事中なのに…)と言いたげな不機嫌顔。
重いものを持つのが辛くてごみ出しをお願いしたら、
「今さ、専業主婦だよね?俺これから仕事なんだけど」と切れ気味の笑顔で言われた。
お腹が邪魔で足の爪が切れないからお願いしたら「何様?」
他にも色々ある。

無事に出産して旦那は子供を可愛がっていたし、
育児に奮闘して妊娠中の事は忘れていた。

ある日旦那が具合悪そうにしていた。
寝込んでいる旦那が「水を…」と頼んできたので持ってきて渡そうとした。
直後に妊娠中に受けた仕打ちを思い出した。

感情を抑えきれなくて水を旦那の顔にぶちまけて怒鳴り付けた。
「私が辛いときに何もしてくれなかったのに何で自分は労ってくれると思ってるの!?」
「誰の金で生活してるんだってあんた思ってるけど、誰の子を産んでやったと思ってるの!?」
「毎日毎日吐いて辛かったのに、あんた一度も心配しなかったよねえ!?」
「何で自分は心配してもらえると思ってるの!?」

旦那はびっくりしていた。
私もちょっとびっくりした。
今まで怒鳴ったことがなかったし、そもそも怒るタイプでもなかったから。

この記事の続きを読む >