鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:鬱

 (0コメント)

no title

969: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/16(水) 20:44:25.95 0.net

相談です
前提
・自分と主人の二人暮らし5年目(二人とも30代、子供なし)です
・原因は分からないのですが、私は10年以上不眠・鬱で病院通いしています
特に朝が弱く(睡眠導入剤等飲んでいる為)、朝ごはん・お弁当が作れません
家計が苦しい事と、奨学金返済の為、夕方からパートに出ています
・結婚するまでの付き合いは長いので主人は病院通い、薬についても知っています

相談
主人は病気について理解してくれてはいますが、私の調子によってほとんど家事が出来ない時などは、やはり相当機嫌が悪く、謝っても返事すらまともにしてくれません。
先日は朝起き上がれないでいると、「今日ゴミの日」と言って何度も背中を強く蹴って起こそうとしてきました。
もちろん起きれない私が悪いのですが、本気で蹴られた事と舌打ちまでされた事がショックでした。 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (94)

965: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/08(木) 21:50:01.53 ID:aPdrsfJX0
鬱になった恋人(26歳無職)が今資格を取ると言う。
今なら、体調考えたら誰か手伝わなくちゃいけないよ、ってやんわり止めたけど、それも聞かず。どうしても取ると言うのでじゃあ二人で頑張ろうと資格に必要な書類申請、勉強、全て手伝った。
試験日は数日後。勉強しないと間に合わないと言ったら、そうだね、やっておくと同意したくせに勉強全くせず、趣味のことをして遊ぶ日々だと彼のお母さんから連絡受けた。
彼の人生だから好きにしたらいいけど…
私もアラサーだし、将来考えるよって言う話もしてるのにこの始末かと思うとイラつく。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

no title

578: おさかなくわえた名無しさん 2010/07/31(土) 10:59:07 ID:57Mabx6t0
さんざん自分の事をゴミクズ低脳扱いしてうつ病に追い込ませて退職に追いやった先輩の働くショップへ。 
あくまでも「客」として来ている自分に対しあのときの虐めは嘘であったかのようにタメ口で話しかけてきた。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

20150713014051
108: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/26(土) 23:42:29.29 .net
元々モテないわけじゃなかった。
それなりに彼女もできた。
しかし3年付き合った彼女も、7年付き合った彼女も、4年付き合った彼女も「他に好きな人ができた」とかでわけもわからないままフラれて終わり。
中には、彼女とのことを相談してた親友にまで寝とられたこともあった。
その子とは結婚の話も出てて、同棲もしてたから、フラれたときは身ひとつで山のなかをさ迷った。
そのあとも鬱になって一年くらい無職だった。

だから正直結婚は無理だろうと思ってたんだよ。
結婚を前提にした恋愛もする気がなかった。
でも嫁と出会ったとき、なぜかどうしてもこの子と結婚がしたい、この子の子供が欲しいと思った。
嫁とはかなり年の差で冷静な自分はどうせ無理だろ、って思ってたんだが必死にアプローチして交際までたどり着いた。
そしたら運良く嫁も結婚願望が強く、その後はすぐご両親に挨拶に行って、付き合って1年で結婚した。

未だに奇跡だと思ってる。
過去5年かけてもダメだったのが、1年で出来たんだからな。
今は子供もいて二人からパパ大好きって言われる生活。超幸せw

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

13_TP_V
77: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)22:43:31 ID:kLE
少し前に離婚した旦那について。
正直メンヘラだった。
感情の波がはげしくて朝テンションMax!!夕方ショボーンとかまだいいほうで標準以上の音量の独り言を連発して回りを混乱させたり、
お腹ぽよんだったのがいきなりエヴァみたいな体型になったりしてた。
かなり変わってたけど仕事は出来るし、ほどよいイケメンでかなりの人気。
あらゆるライバルと対決して妻の座をゲット。
しかし家庭に入ったとたん甘え始めてきた…というより依存してきて、私ちゃん私ちゃん状態。
誕生日と同じ日付に毎月好きでもない花を送られたりして、もちろん大袈裟に喜ばないと不機嫌に。
だんだん気持ち悪くなって
離婚の話を持ち出したら泣き出してからの発狂、そのまま玄関から(高さは段があるとはいえ1メートル弱)私背中から突き落とされ、ゴロゴロと落下し尾てい骨と左のくるぶしの骨にひびが入り、一発DVで離婚が確定。
精神に異常が認められて彼はそのまま入院した。
事件の当日ちょっと落ち着きがなくて「私ちゃんを守りたい」
「私ちゃんだけは救いたい」と言っていたが、
いまだに彼が私から何を守りたかったのか、何から私を救いたいのか分からないんだけど。
むしろ怪我させられてますが。

いまだに性差による力の差に怯えて男性に強く意見が言えない。
もしかしたら別の日に別れ話を持ち出していたらもっと別の運命・人生があったのかな?とたまに考える。

イケメンでもない今の旦那のhageをみて、見た目はアレでも精神が安定していて笑いのツボと嫌いな料理が合うのが一番だと思うこの頃。

生きていたら39の元旦那よ誕生日おめでとう!

この記事の続きを読む >