鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:食事中

 (12コメント)

666662

214: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/08(金) 20:14:31.94 0
愚痴です
夫が食事中にスマホ構ってるから「お食事中だよ~」とやんわり言ったら「だって暇なんだもん」
「テレビ見る?」と聞いたら「それは行儀悪い」と
「じゃあお話ししようよ」と言えば「今食ってんだよ」とキレられた
じゃあスマホいじってないで食えよ、食ってんだよじゃなくてスマホ見てんだよの間違いじゃない?
暇ならお代わり自分でよそえば?

だから食事中に話しかけられたけどシカトした、だって食ってんだもん
そしたら逆ギレした夫籠城中
(私全然悪くないけど)部屋行って一応謝ったけどシカトしてスマホいじり続けるからほってきた
はーうぜー

前に言われたけど、私の謝り方は「私悪くない」っていうの透けて見えるからむかつくんだって
だって私悪くないもん、でも私が折れなきゃ翌日までずーっと不機嫌だから仕方なく折れてやってんじゃん、分かれよバーカ

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

8548

250: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/12(火) 20:23:16.11 ID:92KR1GA80
彼氏とレストランで食事したとき。

食事中に指や唇をちょいちょい舐めていたら
彼氏に「下品だから」と叱られた。

でも、女性が指や唇を舐める仕草を「セクシーだ」と感じたり
食事する姿に性的な興奮を感じたりする男の人って多いんでしょ?
現にCMとかだってそういう演出よく見るし・・・。

挙句に、「舐めた指で人の物に触るな」だって。
そんなこと言ったらキスするときなんか、もろに唾液に濡れた唇同士が重なり合うわけだけど
キスが良くて、舐めた指で他人や他人の物に触るのがいけないって何?

基本良い人なんだけど、結構自分の都合良く物事を考えるところがあるのかなあ・・・とちょっと引いた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

985

25: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/11(水) 12:39:15.02 ID:KUPSh9FV0
食事中のマナーについて彼に注意を受けた
指摘されて恥ずかしかったけどありがたいと思い、それなら私も伝えておこうと彼の食べ方で気になってた点を指摘した
「そんなのどうでもいい、飯は美味く食えればいいんだよ」と返事されてイラっとした

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (3)

171: おさかなくわえた名無しさん 04/09/16 11:26:38 ID:SX8JjYZm
本気で悩んでいます。
彼氏と一緒に住んでいますが
食事中でも平気で"カーッカーッ"として
ごみ箱にタンを吐きます。ごめんなさいって
いちいち断るけど、もうたんを吐く→ごめんなさい
ってかんじで普通になってて申し訳なく思ってる様子ゼロ。
しかも暑い中1日立ち仕事でもシャワーせずに同じベッドで寝るし
歯は朝しか磨いてくれません。歯磨きは時々夜に「磨いて」
ってお願いするけど、ものすごく嫌そう。
なんで磨かなあかんの?朝ちゃんと磨くよ?って。
注意する私がいじめている悪者みたいで
もう言えません。スキンシップが辛くなってきました。
どうしたら傷つけずに清潔にしてもらえるかなぁ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

78

476: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/05(火) 15:06:29.82 ID:68PPt5MF
理不尽冷め。
十数年前に付き合ってた元彼は、真面目で優しくて、そこそこ稼いでて、顔もカッコよくて、清潔感があって仕草も綺麗で、非の打ち所がない人だった。
私みたいな暗くて冴えないデブスには勿体無い人だった。
それでも、向こうが情熱的にアプローチしてくれて付き合えた。(どうもデブ専だったようだ)
いつもさりげなくリードしてくれて、本当に愛されてると実感してた。

ただ、時々食事中にものすごく気持ち悪い顔をする。口を開けた瞬間、片目を瞑って、もう片方の目はあらぬ方向を向いて、何故かその時だけすごく皮膚がしわくちゃになった。ぶっ壊れたゴム人形みたいな顔。
本人は全くの無意識で、指摘したら「ごめん!気をつけるね!」と素直に謝ってくれた。優しい…!

だけど、油断するとまた変な顔になる。それがどうしても無理になった。普段カッコイイのに、とんでもなく不細工になる度に冷めていった。

別れを告げると涙ぐみながら「わかった。生理的なものは仕方ないね」と了承してくれたが、その時もタコみたいな顔になった。

風の噂で、彼は今、幸せな結婚生活をしているらしくて良かった。
私はアラフォー独身。あんなに大切にされたのは人生でこれから先もないだろう。私が悪いけど、思い出だけで生きていく。

この記事の続きを読む >