鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:食事

 (0コメント)

images
23: 彼氏いない歴774年 投稿日:2010/08/17(火) 03:54:33 ID:VYRPsl3J
四六時中その人の事ばかり考えるほど大好きだった男性と 
残業で2人きりになった 
仕事が終わり「お腹空いたね。どっか食べに行こっか。何食べたい?」と 
背の高い彼が私の目線まで身をかがめて聞いてきた 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (99)

110: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/06(日) 07:43:51.67 ID:BZV4KOqL
後出しばかりする彼に冷めた

例えばデートも終盤
彼「これからどうする?」
私「時間も時間だしそろそろ帰ろうか」
彼「は?俺はこの後一緒に○○に行こうと思ってたのにお前は行きたくないのかー」
私「だったら先に○○行かない?って聞いてよ・・・じゃあ○○行こうか」

私の誕生日レストランで(室内席と外の席がある)
彼「室内と外どっちがいい?」
私「室内かな」
彼「はぁ?外の席予約したのに」
私「じゃあ先に言ってよ・・外でいいよ」


こんなやり取りがしょっちゅうで、いい加減うざったくなって別れを決意。
別れ際の話し合いでも、「わかった別れよう!」とキレて部屋を飛びだしたものの
すぐに戻ってきて、「こういう時は普通引き止めるとか心配して電話しないか?」とグチグチ。
こんな時にまで試すのね・・と呆れて無言で部屋から出て行きその後は着拒。
沸点が低くてわけわからない事でキレたりするしとにかく面倒な男だった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

569

176: 名無しさん@HOME 2014/04/17(木) 21:55:31.49 0
毒親スレ案件かもだが
母親からネグレクト食らってて、5歳時の頃餓死寸前に追い込まれたのが修羅場だった
父親が長期出張に行った隙に彼氏のところに出て行った母親、社宅に残されたのは5歳の俺と3歳の妹
お菓子とかそれなりに食べる物はあったが、5歳の俺はなぜか全部妹に与えて自分は我慢
記憶を辿ってみると母親から食事を貰えないまま放置された事はこれ以前にもあり、無意識に妹を守ろうと考えたんだと思う
結局3日程して、登園してこない俺を不審に思った(ひょっとしたら虐待に気付いていたのかも)幼稚園の先生によって発見されて一命を取り留めた
母親の帰宅はその数日後だったらしい、父親は先生から連絡をもらって即帰宅してくれた
あの時食べたおかゆ以上の美味に出会ったことはない

この件が原因で両親は離婚、妹はなぜか母親についていくことを選択
十年程して偶然会ったら、見事に母親のコピーになってた
父親はこの件以降過剰に子煩悩っぽくなった、罪悪感とかあったのかもしれない
多分発見直前の心境が最高に修羅場だったんだろうと思う話
大した事ない話でスレ汚しスマン

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (3)

919: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/25(月) 11:29:07.98 ID:MaMWBn3F
初めて付き合った彼は、自分は男臭いくらいの不器用で無骨な、
でも頼りになるステキなオレ、みたいなつもりだったらしい。
現実はねちょねちょしたマザコンで、ケチで物知らずで子供っぽかったけど。
一人暮らしだった私の家に入り浸り、あるものみんな食べちゃう、汚す、私物持ち込む、
私の時間を全て拘束し、だからって楽しい用事があるわけでもなく、寝てるだけ。
指摘するとすぐ泣くのも定番。
たまのデートは彼の仕事関係のところを回らされ、費用は折半。
私を遠くまで呼び出しといて、日曜6時には「ママとご飯たべなきゃ」と急いで帰る。
なのに何故か無頼派で頼れるオレ像は揺るがない。
初めて付き合った人だからなんか別れることもできなかったけど、
あの一言で決定的に醒めた。
「この世には四人の天才がいる。
B'zの二人、そしてビートルズの二人だ。」
言いたいことはいろいろあったけど、頑張って距離を置いた。
最後に別れたとき、背後から
「今でも好きだあああ!」と絶叫された。
帰ったら、留守電に「交通費貸してくれ」と入ってた。
なんでその人と付き合ってたのか、どうしても思い出せない。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (8)

268: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/01(水) 20:00:29.46 ID:MIxWtsrZ
彼女が塩とマヨネーズ好きで彼女自身のご飯に塩をかけたり
おかずにマヨネーズやもしくは塩を欠けたりして食べるんだけど
自分の分のものにも「美味しいから!」って塩やマヨネーズをかけてくるが嫌でスレタイ
外食時でも携帯してる塩とマヨネーズを自分の領域にもかけてくるし
「やめてくれ!」って言っても「美味しいから!」って聞く耳もたない
マヨネーズは使い切りタイプのもので封切ったら全部使わないと気がすまない感じだったし
カバンから味しおを瓶ごと出す姿も脳裏にこびりついて消えない

この記事の続きを読む >