鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:震災

 (0コメント)

ダウンロード (3)

425: おさかなくわえた名無しさん 2014/12/11(木) 13:22:36.16 0
震災の時、家ごと流された

当時、私は胃腸炎で入院して退院したばかりだった
まだ本調子じゃなくて、通院しながら自宅療養中で
母屋が改装中で騒がしいので
車庫の二階にある離れで寝ていた
そこに地震が来て、心配した母が離れに様子を見に来てくれていた
とりあえず庭に出ようと、したところで津波の放送があった
母屋は平屋建てで、近所に高台は無い、近くで一番高いのが離れの二階
母屋に工事に来ていた作業員さんたちも、とりあえず二階に上がってきてもらって窓から様子を見ていると
海側ではなく、川側から茶色い波が押し寄せてきているのが見えた
波が車や瓦礫を飲み込みつつ、あっと言う間に家まで来た
激しい衝撃の後、数分静かになって、その後に更に大きな衝撃が来て
部屋がグラグラ揺れて、揺れながら大きく浮いた
窓の外の風景がぐるぐる回って、外を覗いた作業員さんが「部屋ごと流されている!」と叫んだ
かなりの時間が経った後、ごつんと衝撃があって窓のすぐ外に鉄の階段があった
どこかのマンションの非常階段だった
持てるだけの上着や毛布を持って、階段に移った
マンションの屋上には、避難した人が沢山いて、救助が来るまで固まって毛布にくるまって震えていた
もうあたりは真っ暗で、少し雪が降っていた
夜明け近くに、救助が来て避難所に移った
救助される時に階段を見たが、もう離れは無くなっていた、沈んだのかどこかへ流されたのか不明
後で聞いたら、もともとあった箱型の車庫の上に、あとで乗せた形で増設した部屋だったので
船のように浮かんでいられたらしい、元から二階建てで二階部分がもぎ取られたのだったら
大人5人が入った状態で浮かんでいるのは無理だったかも知れない、という事だった

もし身体が本調子であったら、車か走って高台を目指していたと思う
後で知ったが、高台への道は車が渋滞していて乗り捨てられた車などで身動きが取れず
車ごと流された人も多かったらしい、走っていたら高台に着くまでに津波に飲まれていた
工事の人がいなかったら、母と私だけでは窓から非常階段まで移れなかったと思う
最悪の出来事だったが、いくつもの偶然と幸運が重なって今も生きている

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

forget

778: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/28(月)02:49:18 ID:tgE
亡くなった嫁の手紙を、捨てられたとき。
嫁が30ちょっとでなくなった。当時息子も娘も保育園の年齢。
病気だったから、準備の時間があって、俺、息子、娘にそれぞれ一年ごと、そしてイベントごとの手紙を書いてくれていた。
息子と娘は20才までと結婚、就職、親になったとき。
俺には60才までと再婚したとき、退職したとき、祖父になったとき。
一つ一つは長くないけど、毎年本当に楽しみに読んでいたし、これがあるからしにたいとおもってもしねなかった。
誕生日の手紙も律儀にちゃんとその都度読んで、先に読んでしまうことはしなかった。
ところが家が浸水してしまい、手紙がびしょびしょで復活できない状態。
それでもどうにか…と思っているうちに捨てられてしまった。
魂が抜けたかと思っていたら、息子が手紙の写真?携帯でとったやつを持っていた。
震災のニュースを見ていて、写真や手紙もデータにしとけば万が一のときも残る可能性があるなと思って、中身は極力読まずに撮っておいてくれたらしい。
バックアップも複数してあるそうで、もし息子の携帯が壊れてもみられるんだとか。
それをきっかけに、今まで見なかった嫁個人の日記というか、入院中に書いていたノートのデータを見た。
辛い苦しいみたいなことも書いてあるんだけど、そのあとに必ず「でも私で良かった。病気になったのが息子や娘、旦那じゃなくて良かった。神様、ナイス!」と書いてある。
「もし旦那がしんでしまったら、私は弱いしだらしないから、息子と娘を立派に育てることはできないだろう。旦那に任せていけるからなにも心配ないね。
あーでも二人の成長を見たかったなぁ。息子が水に顔をつけられるようになるの見たかった。娘が話すのを聞きたかった。
誕生日の手紙、とんちんかんなこと書いてたらごめんね。二人がどんなふうに成長してるかわからないから、妄想。
生まれ変わらずに待ってるから、100年後くらいに、あったことぜんぶぜんぶ教えてね」
と書いてあった。
100年待たなくても、俺が教えに行く。
ただ娘と息子のこと、なるべく多くのことを伝えてやりたいから、絶対に長生きしようと思う。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

ダウンロード (4)

693: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/14(金)16:25:11 ID:IgR
孫差別とか色々で義実家に疲れた

子供の保険も義弟家の子供らだけ
子供の付き添いをお願いしたら断られ
回るけど少しお高い寿司屋とか私ら何年も行ってませんよ

初孫と初女孫だから?
気が利く次男の子供だから?

もうさ私の実家へ帰りたい
持ち家だし実家は震災あったしで帰れないけど帰りたい

何とか平等に見せてるだけってのバレバレ
もう全て土地から何もかも嫌だ

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

106

850: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/05(木) 01:55:22.96 ID:wzv0+8Lb
震災の時の神経わからん話
卒業旅行と称して近くの有名な遊園地に友人と二人で遊びに行ってた
楽しく遊んでたらグラグラときて、そのまま園内で待機
でも結局どうすれば良いかわからなくて一度外に出ようって事になった
今考えればそのままそこにいれば良かったんだけど、行動できるうちに近くの避難所とかに移動して夜を過ごさないと寒さで死んでしまう!って本気で焦ってた
んで二人で近くの避難所に移動して、その日はなんとか夜を越せた

次の日になって、さてどうやって帰ろうかと思ってたら友人から「兄がここまで迎えに来てくれるらしい!」と報告が!
よっしゃこれで助かる!と安心しきってたらその後に「で、お前はどうやって帰るの?」と
…確かに自分も一緒に連れて帰るなんて一言も言ってないなーそうだよなーって上の空で考えてたらいつの間にか友人あっさり帰ってた
なんか言ってた気がするけど本当にショック過ぎて何も入ってきてなかった、どうやって帰るの?って俺が聞きたいわ
卒業旅行を二人で行くほど仲が良いと思ってたんだけど、結局避難所に置いていけるほどの仲だったのかと滅茶苦茶落ち込んで結局その後連絡も取らずに縁を切った
ほんと、災害ってこわい

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

no title

63: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/15(水) 10:43:32.76 .net
おまいらちゃんと馴れ初めを書けよw 

俺の場合 
震災ボランティアに行く→嫁のメシを褒める→結婚

64: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/15(水) 10:47:35.42 .net
>>63 
しょうがねえなあw 

ぜひkwsk

この記事の続きを読む >