鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:震災

 (1コメント)

228304
430: 名無しさん@HOME 2012/01/21(土) 15:35:38.43 0
父親の死亡確定から毎日が修羅場だった 

震災で父親が出張先で津波に飲まれて行方不明になった。この時は喪失感でいっぱいだった 
だけど3ヶ月経って希望も失せ始めた頃、父親のパソコンから信じられない事実が 発覚した 
父親が外に愛人作ってた。しかも2家族3人の子供が居た 
Blogにうちの愛犬1匹と愛人家庭の犬、そして愛人家庭の子供たちの写真が映ってた。見つけた母絶句 
サブの携帯から連絡先が分かったので向こうの家庭を調べたら、案の定父親に愛人が居ることを知らなかった 
その時、向こうは自分が本妻だと思ってたらしい(本妻は自分の親) 
(婚姻するとき二人で役所に行かないもんなの?) 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

images (4)
191: 可愛い奥様 投稿日:2011/09/14(水) 22:59:12.80 ID:t5So4Yk10
被災地住みだが、震災後に電気ガス水道が止まり
食べる物もどうしようという時にやっと手に入ったおにぎり3つ。
子ども2人の4人家族なのに勝手に1人でむしゃむしゃ食べてる。
貴重な懐中電灯やロウソク使って夜中まで起きて酒のんで、少ししかないお菓子を食べたり。 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

a3a477c2

985: 本当にあった怖い名無し 2013/09/28(土) 10:29:33.47 ID:6biE6cKh0
特定されたくないので多少ぼかして書く 
私は学生時代、人間関係の立ち回りが上手い奴にいじめられていた 
そいつは現在家族持ち 
311の時、私をいじめた奴から逃げる避難所を聞かれて 
憎くて憎くてたまらなかった私は 
「緊急時のドサクサで嘘の方向を教えて 
ひどい目にあわせてやろう上手くいけば殺せるかも!?」と 
一瞬で判断し本来の避難所とは別方向の避難所を教えようとしたが、 
実際口に出そうとするとチキンでビビリの私は 
正しい避難所を答えてしまった 
「あーあ、今のチャンスだったのに」と落胆し自分もすぐに避難した 
その後いじめ家族を見る事はなく不思議に思っていたら一家全滅していたのを知った 
?と思ったのだが自分なりに推測してみると 
正しい避難所を答える時、私かなり動揺して変な喋り方になっちゃったんだよね 
「え、ええっと わぁぁ xxxxか かなああ?」みたいな 
そいつ私が嘘を言っていると読んであえて同じ位の距離にある別方向の 
避難所にいったんじゃないか、その途中で死んだのでは? 
と思うんだ

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

114

304: 名無しさん@HOME 2011/12/27(火) 13:43:27.56 0
義弟嫁は自覚のないおバカさん。
アメリカとイギリスが同じ国だと思ってたし
ほうじ茶を60度前後のお湯で入れるし
自分は迷い箸をしながら、コトメ子のねぶり箸を注意する、といった感じ。

震災の後、息子(大学生)が所属するサークルで義援活動をしてると聞いて
「息子君は偽善者だね」
とにこやかに言って空気を凍りつかせた。
義弟は「正義の味方という意味だと思うorz」と言っていたけど。

天然を装ってわざと言ったのならまだ我慢できる。
でも義弟がこっそり意味を教えたらしく
あとから泣きながら謝ってきたし、
義弟子のママ友から浮いてると悩んでから、真性なのかも。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

images
315: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/22(木) 18:03:16.92
昨年の修羅場になります。
3月11日の津波で父を亡くしたのですが
引きとり時にいつも付けていた指輪がなくなっていた事に気づきました。
その指輪は銀婚式にデザインオーダーで銀細工職人に作ってもらった
母とおそろいの名前の頭文字が刻印されたリングを遺失物として
地域の掲示板に父の写真と一緒に掲示していた所
5月ごろにネットオークションに出ている事を教えて頂きました。

PCなどが手元に無いので、情報を下さった方に落札などをして貰い
そのまま相手の情報を警察に連絡をしようとしたのですが、
取引ナビでは連絡が取れるものの、取引時に提示してきた住所は
もぬけの殻で電話をしても全く連絡を取ることは出来ませんでした。
また、指輪は中国からの国際郵便での発送になっていました。
父の指輪は取り返すことが出来たのですが、ご遺体の身に付けていた貴金属が盗難され
海外から転売という同じ様なケースが震災後に相次いでいたようで相手も中国に帰っているため
被害届けを出すだけ出して犯人逮捕と言う所までは行けませんでした。

以上、報告とさせていただきます。

この記事の続きを読む >