鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:電車

 (4コメント)

578: @静岡 2005/03/27(日) 15:28:37 ID:l6VWLj3v
さっき電車内でDQN親を見ました。
両親は30代位で、子供は2-3才位の男女で、父親が子供に連結部分で遊ばせようとしたところ、近くに座っていた30-40代位の男性が「それは危ないんじゃないんですか?」と柔らかい口調で行った途端、父親逆切れ。(母親知らんぷり)

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

742: 名無しの心子知らず 2013/03/30(土) 02:11:28.67 ID:ugBomCLn
その中でまだ若かったのであろう私(高3)に キチママが、

・子供が座りたいと言っている
・骨折ぐらいで座るな
・少子高齢化だから子供が ふじこふじこ

足まで蹴られました。 さすがにこれ以上座っていると危険っぽかったので、
スロープ?のところでうずくまっていると
駅に着いたのか駅員さんが数名きてくださって
キチママとキチ子を回収し、病院まで紹介してくださいました。
感謝です。
足には+一ヶ月になりました(´Д` )
なんだったんでしょうか・・・・
怖・・・

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

347: おさかなくわえた名無しさん 2011/07/27(水) 21:00:02.84 ID:pukQ1g5L
ダニカーに乗ってなくても油断できないのがバカ親子

揺れる電車内で、意地でもつり革も手すりも掴まらず、「きゃあ~揺れる~ww」「ギャハハハハww」と
はしゃいでた母子がいた。
不意に子供がバランスを崩し、つり革に掴まってた
女性に思い切りぶつかった。
それを助けようとした母親も女性にぶつかった。
女性は母子にぶつかられて倒れそうになって、何とか立ち上がったんだけど、
母子は笑いながら「あーぶなあ~いーwwキャハハハ」とだけ言って、
またその場にとどまって揺れを楽しみ始めた。(もちろんつり革も手すりも使わない)

女性も、周りにいた人も巻き込まれちゃ適わんと引いてたな…。
傍に、父親もいたんだがニヤニヤ笑ってるだけで機能していなかった。
一見まともそうなDQNには見えない親子だったんだけどな。
見た目じゃわかんないな。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

230: 名無しの心子知らず 2012/10/29(月) 00:16:53.67 ID:M5XZ8Y/Z
ベビーカーとどちらに書くか迷ったけど怖かったのでこっちに。

私は今妊婦で、妊娠をきっかけに在宅でも出来る仕事に切り替えて貰った。
が、ちょっとトラブルがあって会社に出向くことに。
その帰り、混みあった終電に乗ると私のお腹を見た若い女の子が席を譲ってくれた。

お礼を言って座っていると、ベビーカーを押した夫婦が乗ってきた。
混んでるのにベビーカーを押して空席を探し、座っている人の足にベビーカーがぶつかっているのに謝りもしない。
そして優先席まで行って「すみません、一日中歩いて足が痛いので席を譲ってもらえませんか?」
言葉は丁寧だったが、断られて憮然とした顔でまたベビーカー押してうろうろ。

そして私の前に来て「よかったら席を譲ってください」と言われた。
正直あまり体調がよくなく、終点まで乗らなければならないので「申し訳ないですが…」と断ると
「妊婦さんでしょ?あなたもいずれ私みたいな状況になるんですよ、そういうとき譲ってもらえたら嬉しいですよね?」
やんわり何度断っても「でもあなたもいずれ私みたいに~」と繰り返すばかり。
ターゲットを私一人に絞ったらしく、ずーっと話しかけられた。
少し怖くなって話をスルーするとベビーカーを何度も足にぶつけられた。

「やめてください」と言っても「じゃあ席を譲って頂けますよね?」
旦那さんの方は奥さんに向かって「そんなに揺らしたら子どもが泣くだろ!」と見当はずれな注意。

もう譲ろうと思ったときに、席を譲ってくれた女の子が私とベビーカーの間に入ってくれた。
奥さんはそれでも私の足にベビーカーをぶつけたかったみたいだが、そのうち諦めたのか舌打ちしながら違う車両に移って行った。

女の子にお礼を言うと「いえいえ、赤ん坊は免罪符じゃないんです。バカにはそれが分からんのですよ!」とカッコよく言って降りていった。
が、すぐに「降りる駅次でした…」と戻ってきた。

女の子には和ませてもらったけど、奥さんも旦那さんも見た目が普通なだけに怖かった…。
そもそもこんな時間まで赤ちゃんを連れて歩くのってどうなんだろうか。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

682: 1/3 2012/02/29(水) 18:46:43.64 ID:0fdacGkW
先日電車で見たキチママと英雄さんの話

その日私が乗った電車は立つ人はいないが座席は全部埋まっているくらいの混み具合。
茶髪に染められた見るからにDQN家庭らしき5~6歳の兄弟らしき2人がギャアギャア騒いでいたが、その内に何かの棒を咥えて走り回り始めた。
親らしき人も見当たらない。
これはいかんと「電車は静かにしないといけないし、それ咥えたままだと危ないよ」と注意した。
覚悟はしていたが案の定「うるせーババア!!」と長男らしき方に返された。
その兄弟はそのまま「うぜーんだよ」とか「バカ」とか騒ぎ出す始末。
面倒臭いなあと思ってたら、私の向かいに座ってた静かで大人しそうな女の子(以下Aさんとします)が助け舟を出してくれた。

A「ねえお兄ちゃん、それ何の棒?フランクフルトかな?おいしかった?」
思わぬ方向から話しかけられて吃驚してる兄より先に、弟がボソっと「からあげのやつ」と答える。
Aさんニッコリして
A「そっかあ、からあげおいしいよねえ。私も好き。いいなあ、お母さんに買ってもらったの?」
兄弟はコクコク頷く
あたりは一気に静かになり、車内中がAさんに注目を始めた。
A「お母さんとどこかに行ったの?楽しかった?」
兄「空港」
A「空港に連れて行って貰ったんだ、飛行機は見れた?凄く大きいよね!」
兄弟またコクコク
優しそうなお姉さんだし、怒られる訳ではないらしいとこの時点で兄弟はだいぶ警戒を解いていた。
A「お母さんはどこにいるの?一緒にいなくて大丈夫?」
兄「ママはあっちで寝てる」

この記事の続きを読む >