鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:電車

 (5コメント)

keio9000
154: 名無しさん@おーぷん 2015/11/21(土)11:58:52 ID:d8n
今さっき電車の中で起きたことw

座席に座っていたら60代くらいの婆が目の前に立った。
席を譲れと膝やバッグでこちらにプレッシャーかけてくる。
しかし私は今足を怪我していて杖ついてる。立ちたくない。
すると隣に座っていた親子連れが、子供をママの膝に乗せて
1席空けて婆に席を譲った。すると婆、こっちをチラチラ見ながら
「いい子ね坊や、席を譲れるような良い子には良い事が起こるのよ。
本当よ。譲れない馬鹿な人は、不幸が続くの。」
って言った。私は本を読んでいたのでもちろん無視。

そしてその後終点のターミナル駅までの小一時間、
婆はその親子にゴミみたいな話をマシンガンのようにし続けた。
いかに老人を(私を)敬うべきかから始まって、
家族や友人やご近所さん、ペットの話を延々と。
子供はママとお話ししたり手遊びしたりしたそうで、
ママさんも途中で何度も婆の話を切り上げようとするんだけど
そのたびに婆が肩をポンポン叩いて、でねそれでね~って話し続けた。

そして終点に着いたら、じゃあね~と言いながらでかい荷物を
周りに(その親子連れにも)ガンガンぶつけながら一番に降りてった。
終点だからみんな降りるのに、あんだけ駄話聞いてやった親子連れに
礼も言わず席を立つのも待たず、さっさと。

残された親子連れの子供の方が、ママに向かって
「あのお婆ちゃん、席を譲ったらいいことあるって言ったけど
なんにもない、つまらなくなった。嫌だった。僕もう席譲らない。
人に親切にしても損するだけだ」
というような内容のことを半べそで言っていた。
ママも、ん、んん…みたいにぐったり返事していた。
こうして子供は社会不信になっていくんだなって気の毒だった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

411

158: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/01(月) 15:00:54 ID:FCqtvrMk
写真便乗
彼と旅行に行く事になったのだが、全行程電車にされた。それはいいんだけど電車に乗る前と後に
写真を撮ると電車の端まで歩かされた。重い荷物を持って何十メートルも歩かされて身も体もボロ
ボロになっていることも知らずに電車の前でいちいちポーズさせられた。早く座りたいのに、近くに
いる同じようなカメラを持っている人にシャッターを頼んだりして時間がかかり、自由席に座れない
こともあった。ある電車の時は、空いていたんだけど座ろうとしたら「ちょっとデッキで待ってて」と
いって一人で車内の写真を撮っていた。それが終わって車内で弁当を食べる時もいちいち、「ちょ
っと貸して」といって弁当の包み、開けたところ、おかずを少しずらしたりして何枚も撮っていた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

名鉄2200系電車
591: 名無しさん@おーぷん 2015/10/15(木)18:28:46 ID:9NZ
たった今起きたこと。
仕事帰りの電車内で立っていて、目の前に座っていた人が降りるため立ち上がるときに
「今から降りるけど空いた席はあなたのものじゃないから!」
と、小声ながらも!が付きそうな声で言われた。
意味分からんと思いつつ無視して座った。
これだけなんだけど、その人は何が言いたかったんだろう。

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

pockettissue
162: 名無しさん@おーぷん 2017/10/11(水)14:33:14 ID:bOB
昨日電車内で強烈に鼻をすすってる野郎がいた
すするというより牛か馬か豚かってぐらい、いななく
その都度片方の口角ゆがめて顔つきも醜悪
これからの季節、鼻すすり人間が増えるのが不快だ
なんで鼻かまないんだろう?

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

35

63: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/04(水) 21:33:05.46 ID:Wlvzm73X
理不尽冷め。
ちょっといい感じになってた人と出かけた帰り、まぁまぁ混んでる電車に乗った。
扉の前辺りで、二人とも窓ガラスの方を向いて立って
いたんだけど、窓ガラス越しに、彼が私の肩あたりに腕を伸ばしてほかの乗客から私を守ってくれている姿が見えた。
彼は、必死に踏ん張っているような表情をしていたけど、会話はごく普通にしていた。
私に触らないように一生懸命守ってくれているのだと思ったら、なんか凄く気持ち悪っ!と思って冷めた。
さらっと肩を抱いてくれた方がよっぽど「ありがとうー!」とむしろキュンとした気がするけど、触らないようにしていたところが、なんか凄くナルシストに感じて、それから一切の誘いを断るようにした。
その後も一年くらいかなりしつこくされたこともあって更に冷めた。

この記事の続きを読む >