鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:電話番号

 (4コメント)

6668

972: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/06(水) 09:49:14.58 ID:s+6rp0nU
昔付き合ってた彼女に、
「私、歯の神経四本抜いてるんだ」と言われた時。

自慢じゃないが俺は虫歯ゼロ。
歯医者なんて歯を白くする以外に用事ない。
第一神経抜くって重症じゃねえか、
しかも一本ならまだしも四本って…

彼女に不潔感を抱いた俺は、
勝手だが虫歯菌の除菌をしている病院を調べて勧めて、
有名な歯医者の電話番号渡して別れた。

なんというか、あまりにも虫歯多いと
不潔感と不快感しかないので
これから付き合っていくのは無理だと感じた。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

489

117: 名無しの心子知らず 2006/04/18(火) 18:52:41 ID:7e1qNUDp
20世紀最後の大晦日。

店内は大変賑わい、レジに10人ぐらいの行列が絶えないほどめちゃくちゃ忙しい
昼さがりの事である。
バイト君と一緒にレジに入ってた僕に、横から老婆が話しかけてきた。
「すみません。ボールペン貸してください。」
僕はすかさず「何に使うんでしょうか?」と尋ねると、
「そこの旅行書に載ってる温泉の電話番号をメモしたいんです。」
と、この時点で『終わってる』内容の事を話かけてきた。
当然、「お客さま~。当店は本を展示する事を目的として営業しているワケでは
ありませんので、そういう事はお買い上げになってからやってください。」
と、丁重にお断りした。
すると、この老婆は素直に引き下がって娘らしき女のところへ戻ったが、
「貸してくれなかった・・・」「ボールペンぐらい貸してくれても・・ブツブツ」
などと文句を言ってるのが聞こえた。
その後その親子はしばらく旅行書を立ち読みしたあと、店内を一回りしてレジ前を通過して帰って行った。
その時、レジがますます混雑してきたので集中してレジを打ってると、一緒にレジに入ってるバイト君が
不思議そうな顔をしているのに気づいた。
どうしたのか聞くと、「さっきの親子。そこの棚のところを曲がる時までは本を1冊持っていたのが見えてたのに、
すぐ後にレジ前を通る時には何も持ってませんでしたよ。」
慌ててレジを飛び出し、ダッシュで2人の跡を追ったがすでに消えていた・・・・。

バイト君が言うには、その本はオレンジ色の表紙だったという。
娘のほうが立ち読みしてた場所に平積みにしていた本だ。
とんでもない親子である。
本の内容を書き写せないのならば、盗んでしまおうってんだから・・・。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

121

117: 名無しの心子知らず 2006/04/18(火) 18:52:41 ID:7e1qNUDp
20世紀最後の大晦日。

店内は大変賑わい、レジに10人ぐらいの行列が絶えないほどめちゃくちゃ忙しい
昼さがりの事である。
バイト君と一緒にレジに入ってた僕に、横から老婆が話しかけてきた。
「すみません。ボールペン貸してください。」
僕はすかさず「何に使うんでしょうか?」と尋ねると、
「そこの旅行書に載ってる温泉の電話番号をメモしたいんです。」
と、この時点で『終わってる』内容の事を話かけてきた。
当然、「お客さま~。当店は本を展示する事を目的として営業しているワケでは
ありませんので、そういう事はお買い上げになってからやってください。」
と、丁重にお断りした。
すると、この老婆は素直に引き下がって娘らしき女のところへ戻ったが、
「貸してくれなかった・・・」「ボールペンぐらい貸してくれても・・ブツブツ」
などと文句を言ってるのが聞こえた。
その後その親子はしばらく旅行書を立ち読みしたあと、店内を一回りしてレジ前を通過して帰って行った。
その時、レジがますます混雑してきたので集中してレジを打ってると、一緒にレジに入ってるバイト君が
不思議そうな顔をしているのに気づいた。
どうしたのか聞くと、「さっきの親子。そこの棚のところを曲がる時までは本を1冊持っていたのが見えてたのに、
すぐ後にレジ前を通る時には何も持ってませんでしたよ。」
慌ててレジを飛び出し、ダッシュで2人の跡を追ったがすでに消えていた・・・・。

バイト君が言うには、その本はオレンジ色の表紙だったという。
娘のほうが立ち読みしてた場所に平積みにしていた本だ。
とんでもない親子である。
本の内容を書き写せないのならば、盗んでしまおうってんだから・・・。

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

692

910: 彼氏いない歴774年 2013/09/04(水) 13:53:54.17 ID:isrGrRZk
駅で車椅子の爺にカツアゲされたこと
爺に「金がないから貸してくれ」と言われて「細かいのを持っていない」と返したら
「千円でいいから」と言われて断りきれずに渡してしまった
その時に「お礼と一緒に返すから住所を教えろ」と言われ、住所と電話番号と名前を馬鹿正直に書いてしまった
ぶっちゃけ、千円よりも個人情報を教えてしまったことが怖くて仕方がない
爺の住所や連絡先も教えてきて、怖くて父親に連絡してもらおうとしたら
「諦めろよ危ないじゃん」と面倒くさそうに言われただけだった
ちなみに、爺からは未だにお礼はない

昔からこうやってカモにされたんだから
(当時流行っていたモー娘。ペンダントをDQN女子に「いいなー頂戴頂戴」と言われて渡したり、
校外学習のイベントチケットを囲まれて脅し取られたり)に
いい加減に学習しろよと自分でも思う、自己嫌悪が半端ない

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

no title

568: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/06/21(火) 22:02:26.38 ID:g26ky4bm0
怖い話があるので書きます 
事の発端は夢からでした 

この記事の続きを読む >