鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:離婚

 (0コメント)

26658

89: 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)09:45:05 ID:QH8
同僚にいきなり「うちの嫁がお前のこと嫌いなんだよ!お前の名前出すたび、イヤーな顔するんだよ!!」と言われた。
しかし同僚の嫁に嫌われるような覚えはない。
結婚披露宴で会ったきりだし、その時も同僚嫁と特に会話しなかったし、二次会でちょっと弾けたかもしれんがその程度。
俺がブサだからか?腹が出てきたからか?女は見た目で判断しがちだし…とヘコみつつ
同僚嫁には今後ノータッチを貫こうと決意した。
しかし別の同僚にちょっとした不幸があり(死んだわけではない)同僚嫁と顔を合わす機会があった。
ビクビクしてたんだが、嫁はいたって愛想いい。挨拶も普通にしてくる。むしろ旦那である同僚に冷たい。
どうしても気になって後日同僚に聞いた。
「おまえの嫁さん、俺の事嫌いなんじゃなかった?」と。
同僚「もういいよ」俺「もういいって何だよ」
同僚「だーからー、それはもう終わった話なんだよ。俺あいつと離婚するし」
俺「ファッ!?」

以下同僚の結婚生活
・嫁さんメシ用意する、あとは出すだけ→「A(俺)と飲みに行ってくる。じゃーな」嫁ポツン
・嫁さん生理→「Aが生理中の女は臭いって言ってた。そういえばお前今臭いわw」
・嫁さん風邪→「風邪の時はそっとしとくのがいいってAが言ってた」外出。嫁ポツン
・同僚「Aが~」嫁嫌な顔をする→「Aが嫌いなんだな!」

離婚するにあたって、同僚は嫁に上記の内容をぶちまけられたという。
俺「それは俺が嫌われてるんじゃなく、お前が怒らせてるのでは?ていうか何で俺の名前一々出すの」
同僚「お前の名前、言いやすいんだよ」(意味不明)
でも離婚するから全部もういいんだそうだ。よくねーよ…
勝手に人の名前を使って勝手に人を落ち込ませて、勝手に「もういい」と完結する同僚にスレタイ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

36-p1
212: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/27(金) 11:33:32.49
ちょっとフェイク入れるけど、投下します。
・自分(夫)自営業30代後半、妻30代前半でフルタイム勤務始めたばかり、子2人

・妻が通販でこそこそ買い物をしていることが多い。
・金額的には1回5000円前後~1万位までではあるが、バッグや服、アクセサリーなど、どれも「今必要?」と思えるような物ばかり。
・大抵は買った事を黙っていて、自分も知らないままの事が多いが、ある時に自分が見つけて大喧嘩に。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

no title
98: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/07/13(日) 23:22:30.13
うちも出ていって欲しいから 
なるべく家にいる時間や会話を減らして 
食事も外で済ませてる 

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

8

661: 名無しさん@おーぷん 2015/11/15(日)11:02:37 ID:tmM
結婚後半年足らずで妊娠発覚したんだけど
何が気に食わなかったのか旦那に託卵を疑われた。
最初の頃は反論して、怒ったり泣いたりしてた。
でも旦那が外面がよく口達者なもんだから、
第三者を入れても無意味(第三者も洗脳される)だった。

悪阻でオエオエ苦しんでるときに「DNA鑑定が必要だな」と悲しみにくれたどや顔で言いやがった。
愛も情も尽きてたので録音録画開始。
「浮気したら女でも慰謝料払うんだよ?わかってる?」
と託卵話の他にも悲しげにどや顔で説教されてたんで、モラハラの証拠は簡単に集められた。
離婚届に判を押したものを渡されたんで有り難く貰っておいた。

ストレスで倒れて入院したけど一度も見舞いに来ず、
独身時代の貯金を崩して入院費用を出した。

正直に言うと、産みたくなかった。
おろせる時期が過ぎていたので産むしかなかった。
あんな悪魔みたいな男の子どもを、
死ぬほど痛い思いして、体をあちこち壊して、
高い金と長い時間を使ってまで何で産まなきゃいけないんだと思った。
産んだあとだって切った局部とかが痛む。
私を苦しめてくる男の子孫繁栄の為に、
何でこんな苦行をやらなきゃいけないんかと悔しくて悔しくて仕方なかった。

子どもは健康に生まれた。
私を疑っていた旦那の両親が吃驚するぐらい旦那の赤ちゃんの頃に似ているらしかった。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

052

589: 名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金)08:06:19 ID:oMI
中学の時異母兄たちに暴行された。
長いうえに胸糞も胸糞なので閲覧注意。

私は父の後妻の娘。
前妻のところに二人子供がいることは知っていたけれど会ったことはなく、父がリストラされた後はローンや養育費を払うのが大変で母がフルタイムで働いて家計を支えていた。
離婚の理由は知らなかった。

私が中1になった時、家に見知らぬ男がいて「今日からいっしょに暮らすことになった」と父に言われたのが前妻の次男。(以下兄②)当時高1。
母が再婚を考えていたものの、どうしても相手と折り合いが悪くて前妻から引き取ってくれと打診があったそう。

突然のことに母も私も戸惑った。
その当時の家は、再就職が見つからなかった父は就活をしながらコンビニでアルバイトをしていて、母は通院しながらのフルタイム。必然的に家事は一人っ子の私がやっていた。
そこに高校生の男の子が入ってきた。
第一印象は今風に言えば「チャラそう」
母も私も難色を示したものの、父が「俺の息子なんだよ」と言ったから戸惑いつつ受け入れた。
父は女しかいなかった家に男が増えたことを単純に喜んでいるようだった。
母と再婚後はほとんど面会しなかったそうだから、息子に罪悪感でもあったのかもしれない。

この記事の続きを読む >