鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:鍋

 (8コメント)

09

482: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/27(金) 08:18:59.94 ID:PQAvKMr00
熱い鍋を食卓に置いてある状態で、以前彼氏が鍋をつかんで火傷したから今回は触らないよう奥に置いた
けど今回も、もう冷めたと勘違いしたのか鍋の隣にあった物を手に取ろうとして鍋縁に手が当たり火傷
「また?だからわざわざ奥に置いたのに。大丈夫?火傷したんじゃないの」と言ったら
すくっと立ち上がって隣の部屋へこもってしまった
多分心配よりも前に相手を責めるような発言をしたのが悪かったし、奥に置いとくだけじゃなくて今熱いよと忠告すべきだった
だけど正直、……朝無視されるほどの対応したとは思えない
隣の部屋へこもってしまった時すぐ氷を持ってまず冷やしたら?と話しかけると「ほっといて」と一蹴
そんなセンシティブな割には私が指を切ったとか、そんな時は「だっさー(笑)」と笑っている
こういう意味わからないところに引く

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

447

950: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/25(水) 08:55:11 ID:0+FlAr++
二人で鍋をしようという話になり、スーパーに行ったら
彼女が1パックに3~4枚しか入ってない高級和牛、1200円を次々かごに入れた。
「これ高いから違うのにしよう」と言っても
「だって国産じゃないとおいしくないもん」
「これは切り落としだもん、しゃぶしゃぶには長いのじゃないとだめだもん」
と言って譲らず。
他にも色々買ったのでざっとみても8千円位にはなってたはず。
当然一人暮らしの学生にはそんな金はないのでそう言うと
「私だってたまにはおいしいの食べたいし、
○君にもおいしいの食べてもらいたいと思ったのに。
私は一回も贅沢しちゃいけないの?」
と半泣き。
それで謝ったら「じゃあお菓子ー」と言って次々かごに入れ、
さらに「これがおいしいの」とプライムビールを1ダース。
これで確実に一万オーバー。
さらに「あ、○君ちに土鍋とかあるの?」と聞いてきたので
土鍋はあるけど、カセットコンロは無いと言うと
「そんなの鍋じゃなーい、絶対ヤダー」とまた半泣きで走って行き
「○くーん、あったよー」とカセットコンロを持ってきた。
「うさちゃんの絵が書いてある土鍋あったのーー買おうよーー」とかね。
ちなみに彼女は絶対に金は払わない。
普段から「金使い荒いな」とは思ってたけど、これで完全に無理だと思った。
何かもう疲れたので、その場にかご置いて帰ったよ。
色々言って来たけど「謝ってくるまで私許してあげない」とか言ってる。
この「謝る」には何かが付いてる。バッグとか食事とかね。
許してもらわなくていいよ。


この記事の続きを読む >

 (33コメント)

41

473: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/01(月)21:21:17 ID:TBj
2017年の最後の日に夫と初めて鍋をしました。
ちなみに新婚で、私のお腹には赤ちゃんがいます。
〆にうどんを入れようかと夫が言ったのですが、お鍋の汁が少なく私は自分の器に入っていた汁をお鍋に入れたら夫が怒りました。
慌てて間違えたと言い訳をしたのですが、間違えるとかおかしい。そんなはずはないと怒り、汚いと罵られました。
同じ家族なのにそんなに怒る事なのでしょうか?

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

544

602: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/12(火) 11:01:14.05 ID:2O3DpsKN
ドライブ帰りに田舎道を走っていたら無人販売所があった。
立派な白菜200円とか大根100円とか、スーパーで買うより立派な野菜が破格で並んでいたので、
買おうと思って料金箱にお金を入れようとしたら彼が「え?なんでお金なんか払うの?」と言い出した。
「どうせこんなとこに出てる野菜なんか市場に出せないようなヤツばっかりでタダ同然なんだろ、それを食べてやろうっていうのに
なんでこっちがお金を払わなきゃならんのか、こうやって農家はボロ儲けしてるんだろ」と言った。
とりあえず200円の白菜と100円の白ネギを買って車に乗り込み終始無言。
「悪いけど明日早いから」と言って一人で自宅(家族と同居)に帰り、「おかーさん、今日はいい白菜とネギ買ったから鍋にしよ!」
と言って、スーパーでしゃぶしゃぶ用豚肉を買ってきて家族4人で鍋にした。
メチャクチャ美味しかった。
それきり彼とは縁を切った。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

gatag-00001826

200: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/24(土) 08:14:31 ID:H2pskh37
他カップルの話だが、友人Aとその彼女、俺と俺の彼女でキャンプに行こうという話になった
それで何処に行こうか話し合ってたとき
Aの田舎が秘境レベルの地だから、そこに行くということで決定
当日、飛行機と電車とバスを使ってその地に到着
確かに凄いところで、なんというか見渡す限り原生林な感じ
途中で日本猿とか鹿とか、普通に見かけてしまうレベル
で、俺はアウトドア好きだし、Aはそこで生まれ育った山の民なので、テンションあがってwktk
女性陣(東京生まれと神奈川生まれ)も、雄大な大自然に感動していた。ここまでは

とりあえず最初はAの実家に寄ることになっていたので
彼の兄さん(職業・木こり)が2tトラックでやってきた
俺と女性陣は荷台の上。警察なんかいない
それであぜ道をワーキャー言いながら楽しく進んでいたんだが
唐突な急加速と急ブレーキ。そして激しい衝突音と衝撃
つんのめりながら何事かと思っていたら、兄さんが道に出てきた猪を意図的に撥ねたらしい

大猟だぜ! やったぜ! はしゃぎまくる山の民二人
止めを刺した後、俺も手伝わされて獲物を荷台に放り上げる
女二人は顔面蒼白で泣きながら、降ろしてー! 帰りたいー!と絶叫していた
特にAの彼女はデリケートで、その夜の猪料理も食いきれずに戻していた
俺はすっげえ楽しかったけど、あれはやっぱり引くよなあ

この記事の続きを読む >