鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:部屋

 (3コメント)

images (27)

361: 恋人は名無しさん 2016/05/27(金) 02:39:12.94 ID:7eEVGVKG0
25歳童貞。生まれて初めての彼女が先月出来た
まさか彼女になんかなってくれると思っていなかったからまだ知り合いレベルの時にふざけて図々しくも自分の理想を語りまくった
特に俺は潔癖症だから部屋の清潔感(主に水回り)だけは絶対条件と言ったら彼女は私も~とか言っていた
そして一昨日彼女の家にお呼ばれされた
正直色々な期待に胸を膨らませていたんだが部屋に入った瞬間唖然
そこそこ汚く壁が黄ばんでる
それでも俺なんかと付き合ってくれる子なんていないんだからと言い聞かせて過ごしていてトイレを借りた
そこはユニットバスだったのだが浴槽がまさかのゴミの敷き詰め
更に部屋に戻ると彼女はあろうことかタバコを吸っていた
結構焦りながら消して実は吸っている事を明かしてくれた
俺なんか選べる立場じゃないからホント彼女に失礼なんだけどもう全く気持ちが靡かなくなっていた
その夜になんか色々とおさわりされたがそんな気にはなれずのらりくらりとかわして朝イチでそのまま仕事へ
そしてラインでなんか俺の事は好きらしい文章が沢山来る(ホントかどうかは知らん)

俺は不細工年収低いの糞物件だけど彼女は俺なんかには勿体無いくらいには容姿は良い

これで別れるのは勿体無いかな?
正直女の子と話す事がなかったらから女の子と話すのが楽しいって錯覚しているだけで実際ホントに楽しいのかどうかは自分でも分からない

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (13)

750: 名無しさん@HOME 2016/07/21(木) 15:48:59.42 0
家事を全くやらない専業主婦で、汚部屋メーカー
なのに旦那は専業主婦でいてほしいらしい。
別に働きたいわけではないけど、人としてだめになってきてるのはわかる。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

15551

870: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/29(土) 16:07:46.13 ID:qmRrpMwN
元彼はよく私のアパートに遊びに来ていた
ある日、私は夕飯の支度をしてて足りない材料があるのに気がつき、遊びに来ていた彼に留守を頼んでひとりで部屋を出た
近くのスーパーに行くつもりだったんだけど、出てすぐにふと財布をチェックしたら現金があまり入ってない
どうせ店行くなら明日の朝の分も買おう…と、私は部屋に引き返した
(部屋に何千円か現金置いていたので)
急いでドアを開けて部屋に飛び込んだら

部屋の真ん中で、彼が私のパンツをかぶって鏡に向かって立ってた
私、(゚Д゚)←本当にこんな顔でポカーン

彼はパンツを脱ぎ、泣きそうな顔で「ゴメン…ゴメン」と呟いてた
私「どうしたの…?」
アホみたいだけど、それしか聞けなかった
彼「かぶりたかった。ゴメン…」
彼はそれだけ言って部屋を立ち去っていった
彼にかぶられたパンツは、びろーんと伸びてもう履けなさそうだった
次の日、アパートの郵便受けに封筒に現金一万円が入ってて
『例のものの弁償します。許して下さいとはいいません。すいません、もう自分のことは忘れて下さい』
と手紙が添えてあったので
「お金、いただきました。怒ってはいませんが、もうお別れした方がいいですね。さようなら」
とメール返した
未だにキモいとか嫌いとかいう感情は湧かないんだけど、会いたいとも思わない、変な気持ち

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

main7
257: 名無しさん@おーぷん 2014/10/08(水)15:31:47 ID:l6EeO0Hj5
中学生男の子持ち。
ある病気で入院中で、病院内での出来事。

私たちが入院した時、三人部屋に通された。
そこにはすでに、六歳くらいの男の子と母親が寝泊まりしていた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

414

94: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 13:26:31.09 ID:QpR4W6p2.net
十数年前の話、そろそろ部屋を掃除しなくてはやばいなぁ,と思いながら帰ったら,
アパートの前にパトカーが止まっていた。
部屋のドアの前で隣人のA氏と警察官が何やら話をしているのが見えたので野次馬的に声をかけてみた。

A氏が近くのコンビニに行った10分の間に空き巣が入り込み,
約10万円の現金を盗まれたとのことだった。
A氏や警察と一旦話を終え,とりあえず荷物を置くために自分の部屋に戻る。
ベッドに荷物を置いたとき,自分の部屋の中が土足で汚されているのに気付いた。

「なぜだ??玄関はしっかり鍵をかけていたのに??」
周囲を見渡した私の目の前に全開の窓があった。
・・・あ,朝余りにも暑かったから,窓を開けたまま外出したんだっけ・・・
ちなみに部屋は1階,侵入は容易であった

とりあえず気を落ち着けようと,部屋を注意深く見渡し,
盗まれたものが無いことを確認して安心する。
そしてその場からドア外の通路にいる警察官に向かって叫んだ
「私の部屋にも泥棒が入っていました!証拠の足跡がいっぱい残っています!!」
警察官から返事が返ってくる
「分かりました!すぐ行きますから部屋をそのままにしておいてください!」

私「・・・え?」
・・・・・・部屋を・・・そのまま・・・?
部屋を振り返って青ざめる私。そこにあるのは腐海の森・・・。
(冷汗)・・・ま,まずい・・・!!

この記事の続きを読む >