鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:道具

 (9コメント)

056

379: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/28(土)10:57:28 ID:Hf1
先に、冷やかしお断りです
妻に「私と子供はあなたの親孝行の道具でない」と言われました
その言葉が妻っぽくなったので検索したら似たようなフレーズがたくさんひっかかり
こういうネットでよく言われる言葉だとわかったので妻にそれを言ったら何かウワーッとわめくというか、何か言っていました。
よくわからなかったので「寝る」と言い寝たら、朝起きたら手紙が置いて有りました。
妻と子はいませんでした。
・何かというと「親に~させてやりたかったから」と言われるのが嫌
・親に孫の顔を見せたいから結婚した
・親に孫の世話をさせてやりたいから実家にいこう
・親も自慢だろうから何々しよう
と言うのが嫌
・妊娠中も「親に見せたいから」「親が自慢だろうから」とあちこち連れ回され嫌だった
・ストレスで色々あったのに全然覚えてないでしょ
・生まれてからもっとひどくなった
・親孝行したいなら自分でしろはネットで知ったフレーズだがそのまんま当てはまるから使っただけ
と書いてあります。
やばいですか?やばい感じしますよね…怒ってますねこれ…
妻はガラケーなんですが置いていっちゃったから連絡とれません
どうしたらいいですかね…

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

new_8c80d60f-s

370: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/20(木) 05:51:19 ID:L8jpDpfU
スッピン見て引いた… てか別れた

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

1507H32-06

829: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/05(日) 01:21:34 ID:G9XeQJXw
料理上手自慢の彼が作る料理はたしかにおいしかった
でも油だらけの洗い物出しすぎなうえにそれをほっておく、道具も使ったら
使いっぱなし、食べたら食器も片付けないで
「おいしいもの食べたんだから洗っといてね、作って食べるまでが俺の仕事だから」
と言い放たれていっきに冷めたの思い出した

後片付けが楽なように洗い物は最小限にするなんて工夫は一切なし。
不必要に使った3つの鍋とフライパン(油まみれ)、次から次へと出しまくった
トングやボウル、床に落ちた血や飛び散りまくった魚のうろこ、
内臓も抜き出して放置、まな板包丁洗わず放置の台所見た瞬間殺意が湧いたくらいだ。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード

430: おさかなくわえた名無しさん 2012/06/19(火) 22:24:39.08 ID:gKz45heL
元彼は、飲食店で料理を作っていた。
ある日、私が仕事、彼が休みの時に
「夕方、お前んちでご飯作って待っててやるよ」
と言うので、うちの鍵を預けた。
その日、会社を出る時に彼のケータイに帰るコールしていつも通り、50分で自宅に着いた。

まず、目についたのは流しに積み上げられた鍋とボウル。
それから、ガスレンジから調理台に続く細かい塩の粒と
得体のしれない液体の数々。
惨憺たるありさまで「おかえり」と言われた。

ほどなく、夕食を食べたけど
「調味料の種類がなくて困った」とか
「ボウルも鍋も足りないし」
「使い勝手悪い台所だなぁ」
と、ダメ出しばかりされて、ドン引き。

「じゃ、次はあなたの家で、心ゆくまで料理して食べさせて。
うちのキッチンを悪く言う位だから、凄いキッチンなんだろうねー
楽しみにしてる。来週くらい?どんなご馳走かなぁ」

この日は永遠に来なかったけど。

なんにしても、人んちのキッチンをあれだけ汚して
全く片付けなかった事にも腹がたった。
あれだけの洗い物を作りながら
メニューが、焼き飯と中華スープと生野菜サラダだったことも解せない。

私の作る料理をダメ出しされるのも嫌だったし
別れた後も合鍵で侵入されていたのも頭にくる。

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

1848

439: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/23(土) 18:50:16.68 ID:8yK2kx/3
いじめで中学時代から引きこもり→料理の楽しさに目覚めて専門学校へ進学→個人経営のレストランに就職って流れだった
彼女はそこによく来てた大学生、閉店時のゴミ出しの際に声かけられてなんとなく付き合ってた
ある時アパートにまで来て料理作ってあげるとか言うので、普段使いの道具や材料類の場所を教えて彼女に言われるまま一時間ほど外で時間潰し
帰宅したら台所に黒煙が立ち込めてた
見たら流しやいたるところに、放り投げられたとしか思えない仕事用に別にしておいた道具の数々
包丁は折られ、オムレツ専用のフライパンは魚を焦げ付かせた上金属製のフライ返しでゴシゴシやられて傷だらけ、銅製の鍋は穴が空くまで空焚きされてた
さすがに腹が立って文句を言ったら、心底見下げ果てたような顔で「私より道具の心配とかキモい」「料理がちょっと上手いくらいで図に乗りやがって」「たかが道具なんて買い直せ」「元ひきこもりが偉そうにすんな」等と罵倒された
つまり料理してあげるは方便で、実際には仕事道具をボロボロにしても許してくれるかどうか試すためだったと知って冷めた
道具揃えるのにも数年かかってるし、ここまで使いやすく鍛えるのにも更に時間と手間がかかってる、それをたかがと言われたら我慢できなかった
お前みたいなヒキのクズとは別れてやるとか叫んで出て行った彼女がいなくなった後で、それなりの年齢の大人が泣きながら部屋を片付けてた

蛇足になるがその元カノが新しい彼氏と店に来た時に、オーナーの許可を取って料理の精算書に「道具代」として数十万(壊された道具の定価のみ)も併記して出してさし上げた
当然元カノブチ切れるも、出てきたオーナーから内容を聞いた彼氏に〆られその場でふられてた
結局弁償してもらうまではもう一揉めしたけど、完全にスレチなんで割愛します
私自身はようやく来年独立開業のめどが付いたんで、嫌な思い出を吐き捨てカキコ

この記事の続きを読む >