鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:過去

 (0コメント)

shutterstock_186457184


621: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/17(土) 02:00:48.83 ID:rzB+xjNF.net
中学生になってから異常なまでに太りだした
顔胸腕腹尻にまんべんなく肉が付き、学年で一二を争うくらいにコロッコロに
お年頃なので、体型を気にしてダイエットをしたり食べる量を減らしたが丸くなるばかり
そして大学入試を控えた頃、「一生デブのまま生きるんだ」と無駄な抵抗をやめ
「文字通り太く短く生きてやる。受験合格が第一だし勉強のモチベのために好きなだけ食べよう」と決心 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

af228860e60682655a8cd4f3dfd289e9
90: 名無しさん@おーぷん 2017/03/26(日)23:51:42 ID:xaB
反抗期な高校生の弟にストックしてあるお菓子を食われた
「てめえ人のブランチュール全部食っただろ返せ!」と言ったら
「うるせえダイエットに協力してやったんだから感謝しろデブ!」と返された
デブが事実だとしても食っていい理由にはならないだろう
久しぶりに怒ったわ
比較的温厚な私だがこの時は怒ったね
だが被害はブランチュール(ファミリーパック)2袋
同等くらいの仕返しをしないと面倒くさいことになるかもしれないと考えた結果
弟の部屋の前にレゴブロック撒いといた
引き戸なんで翌朝しっかり踏んだらしく変な歩き方でリビングまで来た
まだ何か言うのならばあいつが厨二病(邪気眼系)に患っていた時に描いた
「俺の創作キャラ」と「深いようで何も言ってない詩」と「厨二病の時の弟語録」を朗読しようと思う

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

gatag-00004274

367: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/11(土) 22:46:13 ID:++91E4Dk
高校時代の彼氏の話。
当時の私は剣道部。そして彼は競走部。
付き合い始めてから2ヶ月くらいで分かったのだが、彼はなぜだか武道を馬鹿にしていた。
「あんな古臭いもんくだらねーよ。今は現代なんだ」みたいな事を言っていた。
私は剣道部なんだけど・・・と言ったが「お前が剣道部という事は気にしない」と言われた。
まあそんな事言われても正直不快。

そしてある日、事件が起きた。
弓道場の矢道(矢が飛ぶためのスペース)に飛び出して、弓を射っている弓道部員をおちょくるために
両手両足を大きく広げた瞬間、偶然にも同時に放たれた2本の矢が彼の両手に刺さったそうだ。
弓道部の友人に聞いたところ、矢に両手を射抜かれて安土(的を立て掛けるための盛り砂)に磔にされた
彼はさながらイエス・キリストのようだったらしい。
しかも詳しく話しを聞けば彼は以前から何度も矢道に飛び出してはすぐに戻るという、弓道部を
おちょくりまくる行為をし、そして何度も危険だと厳重注意されていたとのこと。

以前から武道を馬鹿にされて腹が立っていた上に、このあまりに情けない事件によって
完全に冷めた。
ちなみに彼は校長と担任、弓道部顧問に厳重注意され、反省文を書かされたそうな。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

no title
521: 可愛い奥様 2012/07/29(日) 20:35:01.93 
中学生の時にユニットでアイドルをやっていた事 
大した活動はしてなかったけどラジオや、携帯ムービー、アイドル雑誌にちょっと載ったくらい 
あと、全く売れなかったCD… 
ユニットの組み換えとかもしたけど本当に全く売れなかった 
ネットで検索しても出てこないし、知ってるのは同じ学校の生徒数人、親、先生とか 
後は当時のアイドル好きくらいだと思うけど、名前も出てこないだろうな 
もちろん旦那も知らないのでもし知ってる人がいたら消し去って欲しい記憶だ 
実家に帰ればブロマイドとかお母さんが録音したラジオがあるけど次の帰省で処分する 
当時ネットが栄えてなくて良かった 
消えたアイドル(出てきてもいないけど)とかで話題になったり 
いつまでもネットに写真が残ったりするのは耐えられない…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

large-50625d38ea43e
619: 名無しさん@おーぷん 2015/07/12(日)12:59:56 ID:BCy
高校生の時に同級生に乱暴され、誰にも言えずそのまま登校拒否になった。その汚れを隠すために更にたくさんの人と関係を持ってしまった。

彼氏にプロポーズをされた時に「こんな中古品なので無理です」って意味でこの事を打ち明けると、なぜか受け入れてくれてくれて私の中で修羅場。

なんで、どうしてとしか思えないし、その人に話してしまったことでかさぶたが剥がれてまた思い出すようになってしまった。

幸せになりたいのにどこまでも付いてくる記憶が恨めしい。

この記事の続きを読む >