鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:逆効果

 (15コメント)

555

866: 名無しさん@HOME 2013/10/04(金) 01:00:58.14 0
「将来子供ができた時に備えて今から少しずつ節約しよう」という理由で
ひとまず旦那の昼食代を浮かせるため毎日おにぎりを持たせてる
おかずは前日の夕食のおかずの残りとか冷蔵庫の中のもの
お茶はもちろん水筒でとにかく昼に余計なお金を使わないで済むようにしてて
旦那も将来の我が子のためならと協力的だったし、
むしろ毎日弁当作ってくれてありがとな~なんてニコニコしながら言ってたから
節約手抜きで感謝までされて内心しめしめと思ってたwんだけど
私が友達とのランチ会やら一人ランチやらで頻繁に外食してるのがばれて喧嘩になった
俺だってたまには弁当以外も食いたい日がある!と旦那が本音炸裂させたことで
私もカッとなってしまい売り言葉に買い言葉、しばらく冷戦→ひとまず和解
現在も弁当は渡してるけど旦那からの「弁当ありがとう」の言葉は無くなった
夫婦間の空気も前と違ってぎこちない気がして息が詰まる
ここはやっぱり私が謝った方がいいんだろうなと思う反面、
いまさら謝ったところで逆効果にならないかと不安でもある
どうしたもんでしょうかね、これ

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

0566

307: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/11(日) 20:56:32 ID:GDk1XEnQ
体臭がキツめの人と付き合ってた。わきがではなく、汗っかきという感じ。本人も自覚はあったみたい。
好きで付き合っているわけだから、臭いのせいで冷める事はなかったけど
臭うよりは臭うわないほうがいいだろうといろいろ考えて、香水をプレゼントすることに。
当時(今も)、定番の爽やか系香水を買い、次のデートからつけてくれていたけど
汗臭さと香水が混ざり、余計ひどい臭いになってしまった。体調が悪い日はうえっってなるぐらい。
逆効果だったね、なんて言うと傷付けてしまうんじゃないかと思って、香水を使い切るまでの
辛抱だ、と我慢した。季節も夏から冬になってたし。
ある日、初めて相手の家を訪ねることになった(実家だった)。
親に挨拶して、こんな部屋に住んでるんだあとか言いながら、さてそろそろ出かけるか、という時…衝撃だった。
慣れた手つきで香水を取り出し、シュッシュッと振り掛けた。肘に、両方2回ずつ。首に3回ぐらい。
Tシャツまくり上げて腹に3回ぐらい。膝あたりにも服の上から2,3回ずつ。
使い切るまでの辛抱だと思っていたのに、まさか何度も買い換えていたなんて。
香水ってそうやって使うもの?って聞いたときのキョトンとした顔に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

53_m-300x225
132: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)14:22:46 ID:3YcWlV6aV
話しかけないでくれと頼んでもなお話しかけてくる店員の神経がわからん
服屋では「ゆっくり見たいので、放っておいてもらえますか」と断っても
後ろにぴったり張り付いて、こっちが何か手に取ったら
「あ、このシャツはですねえー」とか話しかけてくる
その瞬間までは黙ってたからOKってことみたいだね
飲み屋のカウンターの隅っこで本を読みながらゆっくり飲んでたら
「何を読んでるんですかー」とか言ってくるけど
話しかけられた読めなくなるとわからんのか
「静かに読みたいんで、放っておいてもらえますか」とはねつけても
しばらくしたら「そんなに面白いんですかー」だって
つまらなかったら読んでねえわ
すぐ店を出るくらいそういうの嫌いなんだけど
それ言ったら販売員やってる女が擁護してたわ
「それやらないと店員の方が叱られるから、わかってあげて」って
いかにも『教えてあげないとわからないのね』みたいな苦笑を浮かべながらさ
じゃあ客のためにやってることじゃないって認めるんだよな
どんなに客が嫌がってイライラしても知ったこっちゃないんだよな
自分が店長に責められないためには客が逃げ出すまで話しかけるんだよな
「そうやって話しかけるのが接客の基本なのよ」だってさ
俺も接客業やってたけど客に合わせて変えるのが基本でしたけどね
店員が変わらないで客にそれを受け入れろと要求するのが「お・も・て・な・し」ですか
外国ですっげー無愛想な店員とかよくいるけど
自分がやりたくないから愛想をふりまかないと最初から堂々としてるだけマシ
「お客様のため」と客に嫌がらせして、客が嫌がると被害者ぶるよりずっとマシですわ
「すぐ機嫌が悪くなる余裕のない客が増えた」と嘆くとかホント神経わかりません

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

0566

307: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/11(日) 20:56:32 ID:GDk1XEnQ
体臭がキツめの人と付き合ってた。わきがではなく、汗っかきという感じ。本人も自覚はあったみたい。
好きで付き合っているわけだから、臭いのせいで冷める事はなかったけど
臭うよりは臭うわないほうがいいだろうといろいろ考えて、香水をプレゼントすることに。
当時(今も)、定番の爽やか系香水を買い、次のデートからつけてくれていたけど
汗臭さと香水が混ざり、余計ひどい臭いになってしまった。体調が悪い日はうえっってなるぐらい。
逆効果だったね、なんて言うと傷付けてしまうんじゃないかと思って、香水を使い切るまでの
辛抱だ、と我慢した。季節も夏から冬になってたし。
ある日、初めて相手の家を訪ねることになった(実家だった)。
親に挨拶して、こんな部屋に住んでるんだあとか言いながら、さてそろそろ出かけるか、という時…衝撃だった。
慣れた手つきで香水を取り出し、シュッシュッと振り掛けた。肘に、両方2回ずつ。首に3回ぐらい。
Tシャツまくり上げて腹に3回ぐらい。膝あたりにも服の上から2,3回ずつ。
使い切るまでの辛抱だと思っていたのに、まさか何度も買い換えていたなんて。
香水ってそうやって使うもの?って聞いたときのキョトンとした顔に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

jobimg_salesperson
132: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)14:22:46 ID:3YcWlV6aV
話しかけないでくれと頼んでもなお話しかけてくる店員の神経がわからん
服屋では「ゆっくり見たいので、放っておいてもらえますか」と断っても
後ろにぴったり張り付いて、こっちが何か手に取ったら
「あ、このシャツはですねえー」とか話しかけてくる
その瞬間までは黙ってたからOKってことみたいだね
飲み屋のカウンターの隅っこで本を読みながらゆっくり飲んでたら
「何を読んでるんですかー」とか言ってくるけど
話しかけられた読めなくなるとわからんのか
「静かに読みたいんで、放っておいてもらえますか」とはねつけても
しばらくしたら「そんなに面白いんですかー」だって
つまらなかったら読んでねえわ
すぐ店を出るくらいそういうの嫌いなんだけど
それ言ったら販売員やってる女が擁護してたわ
「それやらないと店員の方が叱られるから、わかってあげて」って
いかにも『教えてあげないとわからないのね』みたいな苦笑を浮かべながらさ
じゃあ客のためにやってることじゃないって認めるんだよな
どんなに客が嫌がってイライラしても知ったこっちゃないんだよな
自分が店長に責められないためには客が逃げ出すまで話しかけるんだよな
「そうやって話しかけるのが接客の基本なのよ」だってさ
俺も接客業やってたけど客に合わせて変えるのが基本でしたけどね
店員が変わらないで客にそれを受け入れろと要求するのが「お・も・て・な・し」ですか
外国ですっげー無愛想な店員とかよくいるけど
自分がやりたくないから愛想をふりまかないと最初から堂々としてるだけマシ
「お客様のため」と客に嫌がらせして、客が嫌がると被害者ぶるよりずっとマシですわ
「すぐ機嫌が悪くなる余裕のない客が増えた」と嘆くとかホント神経わかりません

この記事の続きを読む >