鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:退院

 (4コメント)

84

445: 1/2 2016/03/11(金)17:30:41 ID:fmd
去年の話だけど、私が外出中に事故にあい、意識不明になった
生死の境をさまよっている間、夫が義兄家に娘(5)を預かってくれるように頼んだ
それまでお互いの子を預けあっていたこともあり、義兄夫婦は快諾

私が意識を取り戻したのは事故から2週間後、さらにそこから2ヵ月後に退院
冬でノロやインフルが怖いから娘を病院に連れてくることはせず、ずっと義兄家で
預かってもらっていた(義兄娘と同じ幼稚園だったので送り迎えまでしてもらってた)
その間、時々夫が様子を見に行って、そのつどお礼を包んで渡していた
ちょうど繁忙期だった夫の帰宅が毎日遅かったこともあり、義兄夫婦が
「お互い様だから、退院するまでは遠慮なく預けていてかまわない」と言ってくれたので
その言葉に甘えていた

退院して娘を迎えに行ったら「娘ちゃんです」と出してきたのが、娘ではなく義兄娘
義兄娘もぎこちなく「おかあさん」なんて呼びかけてくるし
「その子はお宅の娘だから連れてかえってくれ」という義兄夫婦の意図がわからず
困惑しつつも、もちろん受け入れるわけに行かず大揉め
最終的に2階に閉じ込められてたうちの娘を発見して無事連れて帰った

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

295

367: 恋人は名無しさん 2011/10/12(水) 09:08:19.29 ID:paAhJbqm0
当時付き合って3年目だった彼が入院した
彼は一人暮らしで身内と離れて住んでいたこともあり
私が着替えを用意したりいろいろしてた
一か月後、退院した彼がしみじみと
「毎日のように俺の世話をしてくれている○○(私)を見てたらさ…
ああ、俺はこいつに一生縛られるのかと思って逃げたくなった」
急激に冷めてお別れしました

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

df66dd41-s
23: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/08/08(金) 10:29:27.45
結構な大事故でしてた入院から退院して帰宅したら、親兄弟全員から「誰お前」と言われた修羅場 
俺の記憶がおかしいのかひょっとして気が狂ったのかと戦慄してたら、全員で口裏を合わせた不謹慎なサプライズだと判明 
その場で泣きわめきながら手荷物(着替え類)と通帳などの財産類引っさげて家出 
彼女のところに転がり込んで泣きながら事情を話し、即座に婚姻届けだして後に彼女の実家と養子縁組して実家と縁を切った 
以降向こうがなんと言おうが、義実家と協力して交際一切お断りでもう十年 

定年した親父が孫(娘)を見たがってるとか、それでもまだ上から目線で様々な伝手から接触を図ってくる俺実家 
氏ねばいいのに、本気でそう思う

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

63

625: 名無しさん@HOME 2012/10/01(月) 20:19:27.02 P
俺が小学生の頃の話

車に轢かれて大怪我をした
幸い命に別状はなかったがしばらく入院することに
母親が付き添ってくれてたんだけどそこに加害者が見舞いに来た
加害者は普通に謝ってくれたが母親は加害者に食って掛った
そこで加害者が「ここでは他の患者さんの迷惑になるので落ち着いて外で話しましょう」と……
母親も少し冷静になって外に話し合いに行った
その日はそのまま戻ってこなかった
次の日、母親と加害者が一緒に来た
そして母親が「あなたが急に飛び出したのよね?」など、俺に全責任があるかのように言ってきた
加害者が「そんなことは……」と否定するも「気を使わないでくださいな」と……
いつもは夕方までいてくれるのにその日はすぐに帰ってしまった
加害者と2人で
次の日もまた次の日も母親は加害者と一緒に来てすぐに一緒に帰ってしまった
その後、俺は無事に退院したが母親は家を空けることが多くなったが「お前の治療費のためにパートしてるんだ」と説明された
半年位したら母親が身篭ってパートを辞めて元通りの生活に戻った

当時はよく分かってなかったけど今にして思えば妹の父親ってあのときの加害者だったのかなと

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

84

445: 1/2 2016/03/11(金)17:30:41 ID:fmd
去年の話だけど、私が外出中に事故にあい、意識不明になった
生死の境をさまよっている間、夫が義兄家に娘(5)を預かってくれるように頼んだ
それまでお互いの子を預けあっていたこともあり、義兄夫婦は快諾

私が意識を取り戻したのは事故から2週間後、さらにそこから2ヵ月後に退院
冬でノロやインフルが怖いから娘を病院に連れてくることはせず、ずっと義兄家で
預かってもらっていた(義兄娘と同じ幼稚園だったので送り迎えまでしてもらってた)
その間、時々夫が様子を見に行って、そのつどお礼を包んで渡していた
ちょうど繁忙期だった夫の帰宅が毎日遅かったこともあり、義兄夫婦が
「お互い様だから、退院するまでは遠慮なく預けていてかまわない」と言ってくれたので
その言葉に甘えていた

退院して娘を迎えに行ったら「娘ちゃんです」と出してきたのが、娘ではなく義兄娘
義兄娘もぎこちなく「おかあさん」なんて呼びかけてくるし
「その子はお宅の娘だから連れてかえってくれ」という義兄夫婦の意図がわからず
困惑しつつも、もちろん受け入れるわけに行かず大揉め
最終的に2階に閉じ込められてたうちの娘を発見して無事連れて帰った

この記事の続きを読む >