鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:退職

 (5コメント)

thYPMFC4X1

56: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/13(水) 10:32:21 ID:TobISW6C
長文です
私は仕事が好きだった。やりがいもあったし、それなりの給料だった。
5年越しの付き合いの彼氏が、仕事やめて故郷に戻ると言う。
家業を継ぐからついてきてと。
彼氏の故郷は遠くて、かなりの田舎。行けば親や友達とも離れ、
新しい仕事もなかなか見つからないかも。それでも彼が好きだったので、
退職して籍を入れて彼氏(夫)実家そばに小さなアパートを借りた。
結婚式は、うちと夫実家が遠すぎてなかなか調整ができず、先延ばしにしていた。
式と同時に入籍でもいいと思ってたけど夫がせかすので。
新居に家具を入れて一息ついたとき、夫が
「もうお前に味方はいないし、収入もない。これからは俺の言う通りにするんだぞ」
って言った。え?なに?と聞き返したら、
「俺がご主人様だ」「俺を怒らせたらお前は路頭に迷うんだ」みたいなこと言う。
切れて怒ったら、冗談だと。ちょっとこういうこと言ってみたかった、と言って謝ってきた。
納得行かなくてますます怒ったら、「でもさ、これからはお前は俺の金で暮らすんだしさ~
俺のこと立ててくれてもいいじゃん」
と。いろいろ話したら、夫は仕事が嫌だったのに私が楽しそうにしてるのとかが嫌で、
実家に連れて行けば私が丸裸になるだろうと思っていた模様。
なにそれ…仕事は楽しかったけど私なりに頑張ってたんだよ。それを辞めて
知り合いが一人もいないところに行くのは怖かったよ。
でも自分で決めたことだから文句ひとつ言わなかったじゃん。
夫が憎いやら悲しいやら、夫を追い詰めたのは自分なのかと思ったりで
泣いてしまった。
夫はそのあと平謝りしてたけど、どうしても許せなくて結局一カ月弱で離婚。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード (17)

183: おさかなくわえた名無しさん 2011/02/20(日) 23:06:11.00 ID:6+hXyRbw
豚切り投下。

当時、自分25、彼31。
会社を辞めて半年ほどニートをしてて、デート代他を
全部出してもらってた。
派遣に出るようになって、やけに時給や勤務時間や休日やら
聞いてくるようになった。
で、ある「君の給料は○○万○千円ほどだね。給料はいつ?
それまでは自分が頑張るからね、給料出たら少しは出してね」
と言う。
そこでドン引いてしまった。

その時は別に踏み倒す気もなかったし、出しててもらってた分、
日帰りの温泉くらいだけど行けるかなとかはちゃんと思ってたし
彼の言い分もわかるんだけど、人の給料計算してその金額を
(きっちり合ってた)言うのはナシだと思った。

言い方も気に入らなかったし、ちょっとムカついたので
ジャイアン理論で「しばらく給料はうちのものだし!」みたいに言ったとき
一瞬、言い表せないようなものすごい顔をされた。
(悲しいんだか情けないんだか、でもすっごい憤慨した顔?)

お金でうらまれるのは怖いので、余裕が出てきてから二ヶ月くらいは
「お礼」と称しておごりまくった。プレゼントもあげた。
彼は常に謙虚で催促も何もしなかったけど、満足げだった。

でその後、半年くらい付き合って、ほぼ疎遠での別れに持ってった。

今は他の人と結婚して、旦那も私の給料を把握したがるし、男の人は
そういうものなのかも、ちょっと神経質に考えすぎだったかなと思う反面、
当時はうけつなかったよなぁとも思う。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

no title
717: おさかなくわえた名無しさん 2009/06/04(木) 13:36:45 ID:bzeuS2Hu
ちょっと長い。 

ショッピングセンターや大型銭湯にあるゲームコーナーを管理する仕事をしてた時のこと。 
ほとんどは店員を付けるほどの規模ではなかったけど、 
1店舗だけ中途半端に大きいところがあったので、 
地元の人を数人バイトで雇うことになっていた。 
ウダツノ上がらない二十歳そこそこのガキが 
2~3人で切り盛りしていたがそこそこ仕事はこなしてくれていた。 

ある日所長に呼ばれ 
「この店はなんでこんなに電話代がかかるんだ?」 
と問いただされ明細を見るとびっくりした。 
電話代も当然のことながら、掛けた先が北海道から沖縄まで全国津々浦々。 
日付と時間をシフト表に当てはめると一人しか該当者が居ないんだが、 
そいつはその中でも一番信頼できてた奴。 

本人に問いただしてみても 
「僕じゃありません」の一点張り。 
部外者が入ってきて電話掛けたのか?と聞いても 
「知りません、僕じゃありません」としか言わない。 
全員に事情を説明して連帯責任ということで、 
私も含めバイト全員で割って支払うことにした。 

つづく 

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

85

35: 1/2 2011/05/11(水) 18:34:24.21 ID:ytfSwXlk
以前付き合ってた彼の話

彼が5年以上勤めてた会社を辞めた
というのも、条件があまりにも悪かったから
確かに聞いてる限りでも相当条件が悪い
休みは月に6回程度、拘束時間がただでさえ異常に長い上に、プラス残業がある(下手すりゃ終電逃がすらしい)
しかも、そんだけ働いてるのに、社会保険に入れてもらえない(雇用保険のみ)
そして気になる月給は基本給+残業代で20万も行かない。5年働いても昇給一切なし
確か、労働時間が規準を越える場合は社会保険に入れるのは義務だったよね?その会社いろいろ違法なんじゃ?
私からしたら、よく続いたねって感じ
だって、その拘束時間だったら、時給900円くらいの所でアルバイトした方が遥かに稼げるし

彼は、最初はやりたい仕事だと思って頑張ってたけど
今じゃ仕事にやりがいを感じなくなったし、あの拘束時間で、あの給料はキツイ、正直やっていけないと言ってた
おっしゃる通りだと思うw
少しは貯金あるし、疲れちゃったので、1か月くらいはのんびりしてようと思うとの事

続きます

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード

164: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/06(木) 01:41:36.67 ID:OMaIEwyC
4年くらい付き合った彼氏がいきなり仕事やめた。
よく聞いたら、超定番のマルチ商法に手を出し始めていた。
上司的な役割の人とのミーティングやコネ作りのための会合への参加に力を入れたいらしく、
今の仕事では時間も取れなくて両立は無理だと思ったらしい。

「普通の仕事をして一生働き続けるよりも○○(マルチ)で成功したい」
「○○で成功したら、お前と過ごす時間も普通の仕事より沢山作れる、幸せにしたい」
「○○で成功したら、カナダに家買ってあっちでのんびり暮らそう」
etc、全てが「○○で成功したら」が前提の夢物語ばかり語るようになり急激に冷めた。
安物のスーツにブランドロゴが目立つネクタイしめて本当にアホみたいだった。

この記事の続きを読む >