鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:距離

 (1コメント)

ダウンロード (3)

456: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/31(金) 00:41:31.95 ID:tihrX3Np
3か月前に結婚したんだけど
結婚する前、既婚の友人ほぼ全員から
義実家や姑との確執や争いには気を付けろ
信じたら裏切られる、距離を取った方が身のため
何かあったら愚痴には付き合ってあげるからね
等とたくさんの助言を受けていた

でも初めて会ったときから
義両親、義兄家族、全てが優しくて良い人達で
愚痴りたいことが何一つ無い
今では旦那がいなくても義実家に泊まり行ったりするくらい仲良い

運が良かっただけなのかもわからないけど
2ちゃんやまとめ、友人達の話に毒されていたのか
こんな幸せな事ってあるんだな、とスレタイ

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

ダウンロード (1)

858: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/25(日)10:22:51 ID:YeD
すまん、ほんとうにくだらん悩みなんだが
健康的に痩せようと思って毎日1キロ走ってたんだ
昔っからタラタラ走るのは嫌いで、近距離を風を感じて走るのが好きで
1キロくらいを犬の散歩がてら毎日走ってはタイム見てニンマリしてた
犬がチワワなせいでむしろ犬がついてこれないくらい

悩みはここからで、まず、一月走ったのに痩せない
むしろ46キロあった体重が47キロになった
そして、胸がデカくなった・・・これがメインの悩み
もともとG65で、アンダーが65のブラは店でおいてあるのはGカップが最大だった
しかもそこまで大きいとお値段もかなり高いんだが、一月走ってからこのブラがどれもこれもなんか窮屈
ものによってはトップが半分出てしまう
無理やり押し込んでたら一週間ほどで胸の張りに悩まされるようになった
常に胸が張るうえ、引っ張られて痛い
脂肪かと思ったが触ると硬いので脂肪じゃないっぽい
なんかの病気か疑ってググってもよくわからなかった
病院でも様子見しましょうだって
張ってるからサイズがあがったのか、サイズがあがったから張ったのか
走ると胸が痛いしこれ以上サイズ上がったら本気で困るから走るのは一旦やめたけど胸が小さくならない
誰か原因とかわかる人いる?
毎日毎日胸が痛くて辛いし痛みで寝るのも辛い

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

new_16c04f79-s

40: おさかなくわえた名無しさん 2017/07/18(火) 11:22:21.89 ID:O/7Jk2uX0
彼の家に行った時、わたしはクーラーで風邪引いてて鼻水が止まらなくて沢山ティッシュを使ってしまった

その次のお泊まりの時、ティッシュを使ったら、「お前ティッシュ消費しすぎ」って言われたこと
多分1箱の2分の1くらい使ったかな…

心配するよりティッシュの消費量なのか…と思って冷めた

以前からせこいなって思うことはあったけど私が我慢すればいいか…って思ってたけど、今回言われてあー一緒こんなちっちゃいことで言われるんやって思って距離を置くことを決めた

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

10

30: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/29(火) 23:05:05.29 ID:0V1sg6QM0
浮気されたらどうしよう…。からいつもいつも浮気しないでやだよって言い続けて2年経っても不安が消えない…
その度に大丈夫って安心をくれてたのに、私の情緒不安が決定打で今は距離置き中
このまま不安が消えないなら別れるのも仕方ないのかな。大好きすぎてうまくいかない。。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

images

363: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/07(水) 11:07:24.89 ID:nUtbs1Sd
10歳位の頃に寝てる間に伸ばしてた髪を母にザクザク切られた。
それから母が怖くて何となく距離置いてたんだけど、最近になってなぜあんな事したのか聞いてみた。
そしたら教えてくれた話が修羅場だった。

当時アメリカに住んでたんだけど、同じ町に性犯罪者が引っ越してきた。
当然町は騒然となって、めちゃくちゃだったらしい。

私の記憶でも例えばスクールバスのバス停まで保護者が迎えに来ないと降ろしてもらえなかったり、
校舎の出入り口に鍵がかかって、先生達が出迎えてたり、
学校の周りにお母さんやおじいちゃんおばあちゃんがたむろってたりしてた。
アメリカの学校は広い敷地に校舎がポンポンと建ってる感じだから入りやすいっちゃ入りやすい。だから怖かったんだと思う。
塀とか無いし。
あと近所の家の前に、おじいちゃんがプールサイドみたいな椅子に寝そべってて、玄関の横にライフル?猟に使うタイプの銃身が長い銃?アレ立てかけてたり、
一般的な家はいわゆるオープン外構っていうのが主流だから、塀のない家しか無かったけど、
何か近所の人がお父さんとお兄さんとで夜っぴて塀を作ってたり、
確かに思い出せば何か変だった。

犯罪に対する危機感って、子供でもちゃんとあるけど、日本育ちの私は犯罪の意味すらよく分かってなかった。
そんなのテレビドラマとか映画の中の話でしかなくて、現実感ゼロ。
緊張して怖がってる友達の中でぼーっとしてた気がする…

父はアメリカ国内で出張も多く、不在がちだったので母は不安でしょうがなかったそうだ。
まぁもし家に犯罪者が押し入ってきたら、父がいても太刀打ち出来そうにもないけど。
そして反対集会に出た痩せ型華奢な母が「なんてみんな逞しいのだろう、私は何てこんなに弱いのだろう」とショックを受けたらしい。
おばあちゃんすら母よりはるかに逞しかったそうだ。容易に想像できる。

この記事の続きを読む >