鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:貧乏

 (3コメント)

8888

968: おさかなくわえた名無しさん 2017/10/22(日)21:08:17 ID:bNu
すいとんって貧乏ご飯ですか?

夫が今日は飲み会でご飯いらないと言ってたので、
私と子供(二歳と四歳)ですいとんを食べていました

そうしたら風邪で体調が悪くなったらしく、夫が飲み会を欠席して早く帰ってきました

「おかゆ作ろうか?それかすいとんあるけど食べる?」と聞いたら、

「そんな貧乏臭い飯いらない。給料安いからって当てつけか」と言われました

夫は機嫌を悪くして一人でカップラーメンを作って食べて寝てしまいました(おかゆもいらないと言われ)

私にとってはすいとんは母がよく作ってくれた家庭料理という印象で、
貧乏というイメージは全くありません

でも他の人から見ると気を悪くするような食事なんでしょうか?
子供も好きみたいなんですが、食べさせるのはやめたほうがいいでしょうか

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

gatag-00008217

502: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/25(金) 10:22:29 ID:DTyU0APn
ミュージシャン志望の貧乏男と付き合ってた、夢中でした。
バンドのホムペ作りたいといえばパソコンを買って
ライブ映像を残したいといわれればビデオを買って
家賃滞納と言われればお金を貸し(100万くらい)、
トータル200万くらい突っ込んだ。
そのあたりで
「女からお金を借りてる男ってどーなの…」と思いはじめた。
貸してとは言われたけど、貸してくれないと別れるとか
脅されたりごねられたりしたわけではなく、
むしろ彼の役に立てるならと喜んでいたのに
貸したことで冷めてしまった。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

images (1)

485: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/18(月)16:26:04 ID:03D
妻子がいるっていうのに最近なんにもやる気が起きなくなった

俺はド貧困家庭に生まれた
母子家庭の生活保護
ボロアパート住まいで車もない
保険証なんてのも持てない
他の家庭との差が本当に辛かった
それでも幸い能力には恵まれた
勉強も運動も人並み以上にできた
そのおかげなのか、子供ながらに自分の置かれた環境と、それをひっくり返すために何が必要なのか理解できていた
貧乏家庭の自分が漠然と学歴だけ追い求めてもしょうがないしそんな余裕もないから具体的な道を絞って突き進んだ
簡単な道ではなかったけど、20代後半でようやく勝利を掴んだ
今は年収900万円で綺麗な妻も貰って子供も生まれて、「人並み」ってやつは少し追い越せたと思う
それでも上を見ればまだまだ高いしゴールってのはないと、20代まではそう思ってた
いざ「人並み」を掴んだら何事にもやる気が起きなくなってしまった
20代の頃はバイタリティーに満ち溢れていたのに
趣味の映画すら見るのが億劫になった
休日があれば何もせずに一日中天井を見上げて寝てるのが一番楽になった
燃え尽き症候群ってやつなのか、あるいは昔の俺は「底辺から這い上がる自分」に酔っていただけなのか
とにかくもう何の気力も生まれない
子供の成長すら心から楽しむことはできない
漫然と時間を浪費していくだけの日々
底辺だった昔のほうが充実していたという皮肉
なんかもう人生ってのに失望してきちゃってる
これから先どう生きていこう

愚痴っていうか独り言みたいになっちゃったなごめん
スレチだったらスルーしてください

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

888

893: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/01(日) 22:28:52 ID:yZ/r8ItD
兄弟が多い事を「貧乏子沢山www」とバカにされ冷めた。
私は4人兄弟(双子の兄+私と弟も双子)元彼は2人兄弟(弟さんがいる)
付き合う前から知っていたのに、なんでそんな事を言うのか聞いたら「テレビでみる大家族が貧乏子沢山だから」という返事…
別れようと告げ、着信も拒否した。
その後、友人から元彼が共通の友人達に私の悪口を言いふらしている事とその結果、恋人だけでなく友人も失っている事を聞いた。
なんでそんな男だと見抜けなかったのか、自分に腹が立つ。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

444

602: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/04(金)18:40:21 ID:Ys8HIgxES
フェイク有りで地元の新聞に載った修羅場。

私・・・当時小学1年生
姉・・・当時中学3年生
父・・・母に対してDVをしている
母・・・父から暴力を受けている

父は転職ばかりしていて、安定した収入では無かったため、貧乏暮らしだった。父は母が働く事を許さず、罵詈雑言を浴びせ、家庭内は最悪な状況。
・・・と私は認識していた。

ある日、いつも通り父と母が大喧嘩。陶器や食器を投げあって凄まじい状況になってた。
私と姉は部屋の隅で震えていた。
もう怖くて怖くて仕方が無く、逆に涙が出なかったのを覚えてる。
そのとき、姉が立ち上がって包丁を持ち出し、自分の腹に突きつけた。
「うちが貧乏だからお父さんとお母さんは喧嘩するんだよね!?だったら私が氏ねば、私にかかるお金が浮くよね!」と言い出した。
そこで必死に止めに入ったのが、母ではなく父だった。
父は「お前がそんなことする必要ない!やめてくれ!」と叫んだ。
でも姉は自分の腹に包丁を刺した。
その後、母は高笑いしながら自分を刺した。

この記事の続きを読む >