鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:警察

 (12コメント)

s0eig09esug9eugyhy5-9huse-h
486: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 15:37:56.57 ID:+1EpSXpR.net
コンビニから出てすぐのトコにある交差点で信号待ちしてたら、横に並んだ白バイに「速度超過ね」と言われ、免許証も没収されサインさせられた事
署まで来てもらうだの裁判だ、だのと脅しサインを強要
その後公安と県警本部に苦情出したが「全く問題ない取り締まりである」との回答
この警官を刑事告訴しようと準備しているところで
通り魔にあった気分で合法的な復讐方法を模索中です
裁判もやる前から負け確定らしいですしどうしよ

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

055

345: 名無しさん@HOME 2013/11/30(土) 23:10:53.78 0
スーパーの駐車場でおばちゃんを轢いてしまった。
完全に俺が悪い。軽くといえどおばちゃんは転倒。
俺は慌てて車を降りて声を掛けようとしたら・・・

『ちょっと!卵が割れたじゃないの!どーしてくれるの!
これは今日だけしか買えないの!100人しか買えないの!
どーしてくれるのよ!!』
『え?卵…?それよりお身体は大丈夫ですか?』
『話を逸らさないでよ!卵が割れたのどうしてくれるのよ!』
『あの…卵は弁償します!それよりお身体は大丈…』
『これは今日しか買えないんだからね!どうするの!』

ラチがあかないので警察と救急車を要請する。
警官到着して状況説明するも、おばちゃんは相変わらず『卵!卵!』と
文句を言っていた。そして救急車に乗ることを拒否。
警察は困惑した様子で『まぁ一応は人身として受理したから・・』との事。

そして警官と救急車が帰った後も卵!卵!としつこいので同じ卵を
10パック買って渡したら嬉しそうに『ありがとねー』と言って去っていった。

それ以降、何の連絡もなし。免許も無傷。
あれは何だったんだ・・・

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

41

512: 名無しさん@おーぷん 2015/05/22(金)15:33:45 ID:ITT
4年前に独身寮で自殺があってその部屋の隣に住んでた。
その自殺から半年くらいして毎晩男女の話し声が聞こえて俺は狂ったのかと思い同僚に泊まって貰った。
夜中になって同僚も聞こえるというので二人でドアノック。浮浪者か何か、とにかく不法侵入だろうと手にフライパンと鍋を持った。
人間に違いないと二人とも確信してたから恐さは薄れていた。
何度もノックしてでも出てこない。
ノブを回したら鍵が開いてたので注意しながらちょっとずつ開けようとするが妙に重かった。数センチ開いた隙間から何かが見えストップ。人の腕、服着てたから定かじゃないけど多分。
その時点で警察呼んだ。
男がドアノブで首吊ってた。女も死んでたらしいがどんな状況かは見てないし警察にも聞かなかった。
警察に何で異変に気付いたの?と聞かれたが話し声がしてとしか言いようがなかったが死後数日だったらしい。
警察にはお祓い行ったらと言われた。
翌年その独身寮は壊され今は更地。
引っ越したけど今でもたまに壁から声が聞こえるけど害は無いし慣れたし嫁は何も聞こえないそうだから俺がおかしいんだと思う。
同僚は仕事のミスを苦にして自殺したが最後に来たメールが空メールで怖かったわ。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

e160a832cf68e9130634bb2f41ff681a
373: 名無しさん@HOME 2012/07/07(土) 00:09:47.35 O
24hのファミレスで夜勤してたとき、夜中に来店したお客様があまりに 
挙動不審だったので印象に残ってたら、朝帰宅してから見たニュースで 
特集されてた、昨日隣県で発生した強盗事件の犯人にそっくりだった。 

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

5854

152: 名無しさん@おーぷん 2016/10/24(月)18:16:42 ID:Ygy
中学生の頃、歩道を歩いていたら後ろの方から自転車のベルの音が聞こえた
(小学校の時に「歩道で歩行者をどかすためにベルを鳴らすのは法律違反」って習ったし、きっと私に向かって鳴らされたベルじゃないだろうな)
と思って特に気にせずそのまま歩いていた
当時の私は純朴な女子中学生だったので、大人はみんなルールを守る生き物だと思っていた
すると後ろから追突された。その瞬間は追突されたとは理解できなかったけど、前輪にふくらはぎを傷付けられて鋭い痛みが走った時に、自転車にぶつけられたことにやっと気付いた
自転車に乗っていたのは50代ぐらいのおじさんだった
「さっさとどけやブス」
と小声で言われた
他人に容姿を罵られたのなんて初めてだったし、そもそも急な事態すぎて理解が追い付かず、涙をボロボロ流しながら蹲ってしまった
とにかく恐怖と混乱で頭がグルグルして顔が熱くなって、膝の擦り傷も物凄く傷んで、なかなか立ち上がれなかった
体感的には一時間ぐらい蹲っていたような気がするけど、実際はそんなに時間は経っていなかったらしい
気が付いた時には近所のおばさんに優しく抱き締められていた
前の方を見るとおじさんは男子高校生に取り押さえられていた
おばさんの着ていた厚手のコートの柔らかさになんだかホッとしてしまって、そのままおばさんの胸元に倒れ込んでしまった
その後はサラリーマンが警察を呼ぼうとして下さっていたけど、私とおばさんと男子高校生が目を離した隙におじさんは自転車に飛び乗って逃げてしまった
私が「擦り傷だけなので大丈夫です。助けて下さってありがとうございます」と言うと、サラリーマンは私の頭を撫でてくれた
男子高校生がコンビニで絆創膏を買ってきて下さり、おばさんが家まで送って下さった
他の人から見たら大したことない話だろうけど私の人生の中では一番の修羅場

この記事の続きを読む >