鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:誕生日

 (11コメント)

ダウンロード (9)

822: おさかなくわえた名無しさん 2008/09/05(金) 17:23:31 ID:Ve0oHLue
叩かれ承知で・・・
誕生日もらったものがメモ帳1つだった。
心こもってたのかもしれない。私のことを思って選んだかもしれない。
でもだめだった。お互い25で、付き合って初めての誕生日。
これはない…後ろには本体(250円)と書いてある。
「お店ですごく悩んだけど何かっていいかわからなくてこれにした」
もしこれで、相手にも誕生日にシャーペン1本あげて、
すごく喜んでくれたとしても、なんか耐えられないなと思った。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード
105: 名無しさん@おーぷん 2015/01/28(水)10:28:42 ID:KSg
結婚する前から、嫁は寝言が多い。
昔ふと寝言に返事をしたら、まさかの会話が続いた!

だから、定期的に寝ている嫁に、悩んでることはないか、俺に不安はないか
欲しいものはないか、なんて色んなことをきいていたり
「嫁ちゃん、ご飯炊けたよー」
「…おいといて、たべるから、うめぼしとって…」

みたいな感じで、嫁の夢に嫁の好物を出現させたりして
「ねえ!おいしいもの食べる夢見た!今日焼肉いこう!」なんて
という嫁をニヤニヤ見守っていた。(夢を覚えていない割合が多いけど…)


先週は嫁の誕生日、一ヶ月かけて寝言でききだした嫁の欲しがっていた
「おおきいクッション」と「おいしい梅干し」と「おおきいケーキ」
をあげた。

毎年のように「なんで私の欲しいものわかったの?私も俺の誕生日がんばるね!」
と寝言の会話を見つけて4年、未だに気づいていない嫁にスレタイ

因みに嫁は食べるの大好きで寝言の割合も食べ物が多い。

……でも嫁よ、明け方に「カレー…カレー作って…おぉ…カレー…」
と呻くのはやめてくれ…こわい…

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

2542

895: おさかなくわえた名無しさん 2016/07/28(木) 13:42:33.58 ID:LCYPOzLu
ネットで知り合った人。
誕生日が同じで、「運命じゃない!?」みたいな感じですごくときめいた。
毎日連絡くれるし、そういうマメな人も中々いなかったし、話しているととても楽しい。
そこそこ頭もよくて、色々な事を知ってるからその点に於いて理想的だった。
はじめて会ったとき「この人しかいない!!」という気持ちになった。
でも、次に会ったときに一気に冷めた。
臭いがだめだった。
カビ臭いというか生乾き臭いというか。
はじめて会ったときにも「うーん……」となったけど、許容範囲内だったので目をつぶった。
しかし、狭い所だと破壊力抜群だった。頭痛がするレベル。
掃除できない人みたいだったし、すごく気持ち悪くなってしまって、一気に嫌になってしまった。
他にも、知らない人を殴ったことが多々あったり、観光地でスマホばっかりさわってるのとか、食べ物に意地汚いとか、そういうのも萎えた。
その後すぐ「忙しいから連絡控えてほしい」と言って、数週間後に「もう終わりにしましょう」と言ってCO。
いいところもいっぱいあったけど、私にまで被害が及びそうな悪いところもいっぱいあって無理だった。

その後、その人の前に付き合っていた人から連絡がきて、また会うようになってよりを戻したけど、衛生観念とか人への態度とか、そういうのが許容できる/できないってすごく大事なんだなと思った。
仕事忙しい上連絡不精な人でそれに怒ってばかりだったけど、不本意ながらもっと大事なことに気づけて、今は怒ることもなくすごく平和に過ごせているよ。
30も過ぎて、しょーもないことに拘っていた私がバカだった。激務で連絡不精でも、一緒にいると楽で安心する人が一番だわ。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

275

436: 恋人は名無しさん 2011/10/13(木) 19:34:16.16 ID:LYJL3tqx0
私の誕生日に彼が「サプライズを用意しておくから楽しみにしてろよ!」と。
仕事から帰ってきて何を演出してくれるんだろうと思い彼が来るのを待っていると彼からメールが。
「ベットの下を覗いて見ろ」…とだけあった。

言われたようにすると彼がベッドの下に裸で寝転んで、満面の笑みを浮かべていた。
狂気を感じたのでその後別れたけど、今頃どうしてるんだろうか?

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

gatag-00014016

203: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/14(日) 15:23:57 ID:FBZeCIoO
付き合ってすぐの頃、手編みのレースの話をした事があって、
「母がファックスにかける物が欲しいっていうから作ってあげた」
「へえ、編み物かあ」
そんな程度で終わった話。
でも彼の誕生日にプレゼントを持って行ったらラッピング見ただけで開けもしないで
「セーター作って欲しかったんだけどさ、母親にはなんか作っても僕のはないんだね」
私、小物のレース編み程度しかしない、すぐ出来ない物なら買った方が安い派、
その事を説明しても、
「欲しかったのに、愛情と努力が足らないんじゃないの」
1日中その事でなんとなく落ち込まれて、夜になったから帰る、って言ったら
「一生懸命編み物する程好きでもない奴となんか一緒にいたって仕方ないもんね」
プレゼントは遊園地デートだったので、彼が持って帰りやすいようにと小さい物を選んで、
彼が欲しがってたアウトドア用のマグカップにしたけど、もって帰って弟にあげた。
彼から連絡は来たが、「セーター欲しかったんだ、ごめん」というメールだったので
「私には無理だから、編める彼女を見つけて下さい」と返信した。
「クリスマスにひとりなんて寂しい」とも来たが、「ビバ家族」と返してからメールもない。

この記事の続きを読む >