鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:証拠

 (0コメント)

ダウンロード (2)

86: おさかなくわえた名無しさん 2018/01/09(火)04:53:01 ID:umQ
夫に不倫されていました。
最近とても様子がおかしくて、怪しいなって思っていたら、案の写メやら通知オフのLINEやら出てきました。
息子3歳、今妊娠6ヶ月です。
ですが証拠になるような証拠がありません。
その女の連絡先を控えたところ、私のラインに勝手に友だち追加されてしまいました。
この先どう動いていいかわかりません。
夫と同じ職場です。
専業主婦なので、探偵もむずかしく、どうしたらいいのかわかりません。
自分でもとてもテンパっています。
アドバイスをくださるととてもありがたいです。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

9952

925: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/22(金) 15:07:20.83
先日、嫁と出かける用事があって結構混んでる電車で移動中にいきなり
「この人痴漢です!」って化粧が濃い女に思いっきり腕を捕まれたんだ。
周りの注目は浴びるし、一瞬何が起きたか解らなくなって唖然としてたら
嫁が「この人はしてません!する訳が無い!!」って言ったら女が、
「被害者の私がしたって言ってるの!やってない証拠無いでしょ!」とか
滅茶苦茶な事を言ってきたんだ。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

70bf50a106beab983f9b6e72c6c24ee7

654: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/17(火) 18:28:44.81 ID:uBoyGxog
これから修羅場?の話かも知れないが・・・

結婚4年目、俺と嫁は本当に仲の良い夫婦だ
子供はまだいないがお互い仕事が終われば寄り道もせずに帰宅して一緒に食事をし晩酌しながらその日の出来事を語り合ってた
休日もだいたい一緒に居てデパートへ行ったり共通の趣味である野球やサッカーの試合をテレビや現地で観戦したりする

そんな嫁がある日を境に帰宅が急に遅くなり休日も一人で出掛けるようになった
一緒にいても会話をすることがあまりなく嫁は心此処にあらずという感じで夜の行為も疲れてるからと拒否された

そんな状況が1ヶ月も続けば当然浮気を疑ってしまうよね?
で、悪いと思いながらも昨夜嫁の携帯をチェックしたら俺の弟の嫁さんと深刻な話を・・・
どうやら弟が浮気をしてて弟嫁が普段から仲の良い嫁に相談してたみたいだ(俺には言わないでと弟嫁から嫁に口止めもされてた)

後出しになるが嫁はバツイチ
21才で結婚をし23才の時に旦那の浮気が原因で離婚してる
その時の嫁はかなりボロボロになったらしい。
そんな経験をしてる嫁が弟嫁をほっとけるわけもなくかなり感情移入しながら相談に乗ったり証拠集めに協力したり励ましてるみたいだ

俺の脳内修羅場は解決したが弟がやらかしてると思うとちょっと鬱になるな
俺の親父は浮気を絶対に許さないタイプの人だ
結婚時に嫁の過去を知った親父に「オマエが浮気をして嫁さんを泣かせたら殺すぞ」とまで言われた(ガチでやりそうな親父だ)
弟が浮気をしてたら親父は絶対に許さないだろう
発覚後は家族中を巻き込んだ相当な修羅場になりそうで嫌になるな


まあ、俺は弟になんも言わないし、嫁からカミングアウトされるまでは知らないフリして嫁をさりげなくサポートするよ

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

no title

31: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/28(日) 07:14:08.61 ID:laX7iZGn
旦那の転勤に伴い見知らぬ地に引っ越し、旦那深夜帰宅、両実家遠方里帰りなし友達なしの環境で出産して、一年必死で育ててきた。 
キツくて余裕がない時も多かったけど、帰りも遅く休みもあまりない旦那のことも出来るだけサポートしてきたつもりだった。 
一緒にいる時は子供を可愛がってくれたし、私にもよくしてくれていたと思う。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

266

177: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/18(水) 02:46:37 ID:YAx96BhB
昔付き合ってた彼とホテル行ったときの事。

夜中寝てたらなんか声がするから起きたら、なぜか彼が隣で泣いてた。
なんだ!?と思ったら、私が寝ている隙に携帯を見ようとしたらしく、
でも私は一度携帯を落として拾った人に悪用されたことがあったから
なるべく使うとき以外はロックする癖があるので
もちろん中は見られなかったんだけど、それが彼曰く
「俺に隠し事をしている証拠だ」となって
悲しくなって一人メソメソ泣いていたらしい。
携帯見ようとしたことも、見られなくて泣いていたことも
すべてが気持ち悪くてその場で別れて歩いて帰った。

この記事の続きを読む >