鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:許可

 (0コメント)

2585

751: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/14(火) 20:42:45.09 ID:8Vskc50v0
3年付き合っている彼女なんだが、ちょくちょく俺のことを舐めてる(下に見てる)と感じてしまう。俺に対して「貴方は何をしても私を嫌いにならないでしょ?」とよく言う。まぁ、小さな喧嘩やすれ違いで嫌いにはならないけどさー。
この前も彼女の職場に中途採用の男性がきて、歓迎会をすることになったんだけど、彼女がその男性に対して「女性が来る飲み会だし彼女さんに前もってちゃんと許可を貰っときなさいよw」と言ったみたいで、その話を聞いた自分は冗談で「男性が来る飲み会だから俺の許可は取らなくて良いの?w」と言うと、「え?なんでいるの?」と真顔で返事をした。
いや、今自分が異性の来る飲み会だから恋人の許可を貰いって言ったじゃないとなりました。別に歓迎会も当たり前だし、職場で異性も当然いてるだろうし、許可をわざわざとって欲しいわけでも無くて、そう言う何気無い時に下に見られてるって感じさせない様にして欲しいんだよ。って思ってしまう。小さい事だとは思うけど。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

003

455: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/17(金)20:00:12 ID:8Ph
共用財布の中身を、勝手にくすねていたとき。

20代半ばのころ、お互い普通の会社員で、お互い一人暮らし。
車で10分、歩くと30分くらいの距離だったけど、週末どちらかの家に泊まりにいくくらいで、基本はお互い自分の家で生活。
おごったりおごられたりがめんどくさかったので、付き合って数か月たった頃、思い付きで共用財布を始めた。
お互い月の始めに、二万円ずつとか決めて同じ金額を共用財布に入れる。
そこからデート代や、どちらかの家に泊まりに来たときの食料品やシャンプーとかも買っていい感じ。
余ったら次の月に持ち越しで、逆に足りなくなったらお互い相談して5000円ずつ追加しようか?とか今月は残り2000円で楽しむぞーとかそんな感じ。
かなり便利で、我ながらいい制度だなーと思っていたんだけど、途中から、彼氏がたまに共用財布から自分だけのものを買い始めた。
もちろん一緒に買いに行ったときに、うちもごみ袋切れそうなんだった→一緒に買っちゃおうかとかはお互いあったんだけど、そのうち許可なしでぽいぽい入れるようになり、彼氏の個人的な買い物だけで3000円とか使うようになった。
そのうち、私がいないときに自分の買い物とかもそこからするようになって、別れようとしたら、結婚しようだの言い出してさらに冷めた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

447

718: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/03(木) 00:42:21 ID:PLJU8hxE
4/1、4年ほど付き合った彼女に実は旦那がいたことが発覚。
遠距離で会う日が事前に分かってたこともあって、旦那ともども見事に騙され続けてたようだ。
本心が俺と旦那のどちらにあって(あるいはどちらにもなくて?)、どういうつもりで騙してきた
のかは分からん。
が、現時点で一言の謝罪もない、「(旦那に)許してもらえんかった・・・」とか自分のことしか
言わなかった元・彼女に冷めた。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

06

846: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/01(日) 17:07:02.10 ID:H4B4RwgR
俺に取っては修羅場なんだが
他の者から見たらザマァ的なプチネタ投下。

嫁が犬を飼いたいと言い出した。
俺は犬が苦手なんで出来れば飼いたくないと
言ったのだが離婚を散らつかせた事から、
おとなしく従順な犬で有ればと言う条件で仕方無く許可したのだが、
その犬が大きくなるにつれて俺が自宅で落ち着けなくなった。
ソファーや布団で横になってると、そいつがやってきて
俺の上に圧し掛かるのでその度に目が覚める。
時折、首元に口を近付けていつ噛まれるか怖いのだが
嫁に言っても「諦めて」としか言われない。
ドーベルマンの何処が「おとなしく従順な犬」なんだよ…

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (6)

41: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/14(日) 15:15:22 ID:sW37b/cj
付き合って二ヶ月の同い年の彼氏。
許可をもらって私が何かするor選ぶ→彼から駄目出し→私に小さな罰を与える、って事をよくされていた。
一つ一つは小さな事なので、その都度謝っていたんだけど、次第に彼の機嫌や考えを真っ先に伺うようになっていった。
ある日、レストランでメニューを見ていた時、何が食べたいかではなく、何を選んだら彼に文句を言われないかと考えている
事に気づき、これはやばいんじゃないか?と思った。
次の瞬間、言いようの無い不快感でいっぱいになり、別れることしか考えられなくなってしまい、色々あって別れた。

この記事の続きを読む >