鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:親子

 (2コメント)

ダウンロード (8)
524: 名無しの心子知らず 投稿日:2013/10/11(金) 14:26:34.27 ID:w2F+MO9E
今日仕事休みだから、昨日の夜に高めの焼き肉屋で一人焼き肉してた。 
食事に没頭してたら、すぐそばに人の気配が。 
店員さんが追加分持ってきたのかと横見たら、小学校低学年ぐらいの子供連れた母親らしき女が私を睨んでた。 

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

lgf01a201409031800

59: 名無しさん@自治スレ参加募集中 04/09/02 20:00 ID:o2rU10WA
今日夕方、仕事帰りの電車の中
見事に乱れたバーコードの酔っ払いが親子連れにからんでるのを目撃
まだ若いお母さんと、ひざの上に少年ガンガン広げて読みふけってる中坊の二人連れ
二人ともしばらくは華麗にスルーしていたが、
酔っ払いのほうがだんだんエスカレートしてきてでかい声でわめきだす
あまりひどいようなら人を呼ぼうかと思って見ていたが、
お母さんのほうもいいかげん我慢できなくなったのか、酔っ払いに向こうに行くように追い払おうとしだした
それで逆上して酔っ払いが今にも掴みかからん勢いでわめきだした
止めに入ったほうがいいかと思ったその時!
坊主が広げてたガンガンをバンッ!と閉じる
右手でおもむろにガンガンを振り上げ、華麗に決めゼリフ!
「一撃必殺!エニックスハンマー!!」
ガンガンの底を酔っ払いの顔面にクリティカルヒット!!
酔っ払いのほうは顔を抑えてうめき声をあげ親子連れの反対側にうずくまる
そこに、誰かが呼んだらしい乗務員登場
次の駅につくまでその場で尋問され、駅につくとどこかに連れていかれてしまった
発車と同時にお母さんのゲンコが炸裂し、すごい勢いで(二言、三言だったけど)坊主を叱りつけた
きっと帰ってからもこってり怒られたことだろう
坊主、お母さんの言うとおりさっきの行動はちょっといかんぞ
だがあえてGJだwww

前からガンガンの厚さは凶器になると言われてきたが、
まさか本当に鈍器として使われる現場に出くわせるとは・・・
いや、そんなことより中坊の技名のセンスがwwwww

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

cb8abd17-s
83: 名無しの心子知らず 2010/08/12(木) 16:21:36 ID:kO26mV6j

数年前の夏、海沿いにある夫実家に帰省したときのこと。 
義実家家族と海岸を散歩してたら潮干狩りしてる親子がいた。 
収穫拝見させてもらった瞬間「え?これ…」と皆絶句。 
バケツの中にぎっしり詰まったアサリ、その中に食べられるサイズはあまりなく、 
せいぜいが小型の蜆サイズ、それもわずかで、ミリ単位の大きさのがほとんど。 
身なんてそれこそ1ミリあるかないかだろうし、ダシでも取るつもり…? 
その夫婦は「なんか文句あるの?」と鼻息荒くしてたんだけど、 
こんなの持ってったってほとんどが生ゴミになるだけじゃん…。 
そこの沿岸の人は漁業権を放棄してて素人の採集を注意はできないらしいんだけど、 
来年のために小さい貝は採らない、という考えがない欲深親子のせいかどうかは知らないが 
その海岸からはアサリの姿はぱったり消えた。 
過疎の村なので大体が知り合い、らしいんだけど、義父に聞いたら「知らん人だ。町からきたんだろうか?」との事。 

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

2522

203: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)15:36:56 ID:1I3
今スーパーでセルフレジやってきたんだけど
隣のセルフレジに入った親子の子供の方が「ボグもやりたい!」と叫んびまくっていた
母親があろうことか「隣のお姉さんにやらせてもらいなさい」と宣った…

自分の子供や甥っ子姪っ子ならまだしも、何を好き好んで赤の他人の子供のお遊びに付き合ってやらにゃならんのじゃ!
子供はニッコニコで何回も私のカゴの中身に手を出してきたけど
その都度「触らないでね」ときつめに言ってたら半泣きで親の元に戻っていった
母親はこっちをギロッと睨んで「いじわるなお姉ちゃんだぬぇ~!」と捨て台詞を吐いて、
泣く子供の手をグイグイ引っ張って去っていった。

そんなにやりたがってるなら親がやらせてあげりゃいいじゃないか!
なんで見ず知らずの他人に押し付けようとするんだ!後味も悪けりゃ気分悪い、神経わからん!

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

002989
48: 名無しさん@おーぷん 2014/09/22(月)22:29:57 ID:dwNaphkEW
昨日スーパーで遭遇した親子。
親はスマホの画面をちらちら見ながら歩いていて、子は親の前を走り回る。
危ないと思い停まりかけたら、案の定子供が突っ込んで来て私の脚にぶつかった。

この記事の続きを読む >