鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:親

 (1コメント)

588

37: おさかなくわえた名無しさん 2017/04/22(土) 10:35:41.37 ID:UXWU+nVg
親に未だに時々おこづかいもらっていること
電話で何か欲しいものはないかと言われたので服が欲しいと言ったら30万くれた
5万円分服を買った
旦那には内緒
ちなみに実家は金持ちではない

この記事の続きを読む >

 (18コメント)

new_1ecde4be-s

335: おさかなくわえた名無しさん 2014/11/02(日) 23:59:47.15 0
真剣に結婚するつもりだった彼女に振られたこと。

俺の実家は、謙遜なしで資産家。
周囲の反応からして、いい家柄ってやつらしい。
それで親父も兄貴も金目当ての女に付きまとわれた経験とか
あって、家が金持ちだって話は結婚ギリギリまでするな、
とにかく女の目当てが金じゃないかどうかしっかり見ろ、と念を押されていた。

でも俺には学生時代から気心の知れた彼女がいて、そんな話は無関係だと思ってた。
就職後、俺自身は普通のリーマンだったし俺名義の不動産とかは親父に
任せてたから、家の金のことは気づかれることもなく付き合ってた。

俺も彼女も20代後半になって、彼女から結婚を意識した発言が出てきた。
○○くん子供生まれたら節約してね、とか、共働きだから家事は分担ね、とか。
俺も結婚考えてたから普通に話には乗ったわけで、どんどん具体的に
なってきて、結婚式の話が出たとき、いいきっかけだと思って
家のことを話した。
親の面子があるから式は盛大にして、その分だけ親に援助してもらおう、と。

そしたら、彼女の表情がどんどん硬くなっていった。
その日から電話やメールの反応が悪くなって、別れ話をされたのが先週。
凄いショックで、何でだ、と言ったら、
「それが分らないこと自体、私をもの凄く馬鹿にしている」
と返された。

俺がそれまで実家の話をするとき、明らかに裕福でない印象を与えようと
していたことを指摘され、それは確かにそうだったので否定できなかった。
「意図的に実家の経済状況を隠して付き合って、結婚の時点で
ばらすなんて全く誠意が無い。
しかも、それがお金持ちだって方向なら私が喜んで受け入れると
思ってたんだよね?あの言い方だと。それが凄いショック」

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

561

50: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/06(火) 21:29:01.29 O
子供の頃…「子供なんだから親の言うことを聞け、年長者に従え」
言うとおりにしないと「強情」「我儘」「素直じゃない」と罵声が飛ぶ

大人になってから…「もう大人なんだから自分で考えて好きにしろ」
でも親の脳内スケジュールと違うことをすると「察しが悪い」「気が利かない」「言われなくても空気読め」
「〇〇しなくていいとは言ったけど、やってくれなきゃだめじゃない」と厭味の嵐

自由を与えたふりして、結局は親の意向通りに動くロボットを望んでる
子供自身が「〇〇したい」と望んで動くと「〇〇なんてする必要ない」と怒る

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (11)

206: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/14(日) 17:10:39.95 0
もう、落ち着いたから吐き出し。

自分の実家、知らないうちに所有権がなくなってて、その上すでに知らない老夫婦が住んでた。
全然、そんなこと知らないで親を問い詰めたら、両親のクソっぷりが半端なかったせいで、結果、身内と絶縁することになった。

まさか、俺も迂闊だったのは確かだが、まさか俺の親のせいで、従兄弟と裁判にまで発展したのが修羅場。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (3)

966: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/27(月) 22:40:42.48 0
自分33歳、旦那34歳、息子4歳の3人暮らし
義弟29歳実家住まい会社員

義弟が昨日の昼に「結婚しようと思う」と彼女を親に紹介したんだけど夕方旦那に「相談がある」
と連絡してから彼女さん連れてうちに来た
彼女さんは25歳のベトナム人でスタイル抜群な超絶美人、義弟の会社の技能実習生で日本語ペラペラ

何でもトメ&ウトメの彼女さんに対する態度が酷かったらしく
「あんな人間だと思わなかった、親子の縁切って家も出る、兄貴とお姉さんには悪いけど家の事頼む」って言ってきた
温厚な義弟が見た事ないくらいいきり立ってたので旦那と私とで落ち着かせて
「まぁもう少し話し合ってみようよ」と旦那が説得しても
「ダメだあいつ等、あんなのが親だと思うとこっちが恥ずかしい」
「○○(彼女さん)ホントごめんな、もうあんなとこ連れて行かないから」てな感じ

これからしばらく修羅場の予感しかしない…

この記事の続きを読む >