鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:衝撃

 (0コメント)

467: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/09/19(日) 09:05:38 ID:8ZkDmsjC0
ちょっとフェイクが入ってる。昔話で修羅場まで長いです。ごめんなさい。

私子20才。
彼男35才。
A男20才。
お局様30才。

バイト先の別支店の店長だった彼男と会ったのは、全店舗合同の忘年会でのこと。
彼男は「何も言えなくて…夏」のボーカルにちょっと似てる、結構イケメンっぽいおじさんだった。
忘年会は別店舗のスタッフと仲良くなるのが主な趣旨だったので(店舗同士でスタッフの行き来がある)、
バイトの私子も参加している人たちとまんべんなく話をしてた。
その中で彼男とは特に話が盛り上がってお互いに連絡先をこっそり手渡して、後日つきあうようになった。

彼男と年が離れていることは少し気になったけれど、独身だと聞いていたし、
何よりその当時の彼男はただ優しくて、私子をお姫様のように扱ってくれていたから、年の差はあまり考えなかった。

つき合いはじめて半年くらい経った頃、彼男は私子を迎えに来るようになった。
彼男の店舗は私子の店舗より終わるのが早くて、私子が店を出ると、彼男が駐車場の隅で車を停めて待ってた。
最初は凄く嬉しかったんだけど、毎日毎日バイトが終わると駐車場の隅に停まってる彼男の車を見ると、何だか怖くなった。

つき合いはじめて8ヶ月目。
私子が帰るためにタイムカードを押した時、社員の中でも最年長の女性(お局様)が、私子を呼び止めた。
「私子ちゃん、ちょっとだけいい」
「はい」
そのまま更衣室の隅っこに手招きされて聞いた話で、私子は愕然とした。
彼男は妻帯者、子どもも2人いて、10才(男の子)と8才(女の子)。
「私子ちゃん、知らなかったの」
「し、知りませんでした」
目の前が真っ暗っ、ていうのを実際に感じたのはこの時。
「やっぱりね、そうだと思った」

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

972: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/30(月) 21:16:36 ID:vQP1OwgY0
今から6年前くらいの話です。ちょっと長くなります。
そんなに修羅場でもないかもですが…。
昼間は小さなクリニックで働きながら、週に2.3日、
仕事終わってコーヒーショップでバイトを始めました。
そのバイト先の店長(以下店長)は3つ上で、密かに憧れてました。
ほどなくしてその店長から告白され、もちろんOK。付き合い始めました。
自分の憧れていた人と付き合えて、店長は私の事をすごく色々褒めてくれて、
私はもう有頂天でした。
店長の立場上、バイト先には絶対に秘密な事も、
実家だからと、家の場所を頑なに教えてくれない事も
全然気になりませんでした。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

585: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/20(金) 00:23:40 ID:ooB60qjaP
別の修羅場がちょっとあり急に消えてすみません。
若気の至りな話ですが投下します。


私子  当時16歳
彼男  当時40歳
世話子 当時35歳くらい?

私子は高校1年の夏、地元近くの観光地に1ヶ月の住み込みのバイトに行った。
バイトの内容は保養所の配ぜん。うちの親は行儀見習いの感覚でバイトをOKしてくれた。
仕事は朝早くから昼までと昼休みが4~5時間あって夕方から夜遅くまでけっこうハードだった。
しかし小さな保養所だったため従業員はアットホームな感じで私子はみんなにかわいがられた。
そんな中で話が楽しくて、年よりも若く見える彼男に私子は憧れた。
正直好きとか恋とかそんな感覚ではなかったけど、彼男と話してるのが楽しくていつの間にか
休み時間を一緒に過ごしたり買い物に一緒に出かけたりするようになっていた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

67: 恋人は名無しさん 投稿日:2010/08/08(日) 14:36:08 ID:/mULcYm00
暑さの中部屋でだらだらしてたら思い出したので投下。

登場人物:
私子(21歳・学生)
A男(29歳・フリーター)
B子(18歳・フリーター)
A子(年齢不詳・A男彼女)

私子は冬頃から、新しく飲食店でバイトを始めた。
高校生が多かった中、大学生だった自分はラスト(~11時)まで
入ることが多かった。
(高校生は労規でラストまで入れない)
そこで同じくよくラストで一緒になるのがA男。
29歳で昼間は別のところで働きつつ、
こちらではラスト何時間かを入ることが多いらしい。

私子はしかしA男に初めからなにか苦手な物を感じていた。
確かに気さく?だし、始めたばかりで馴れない私子としては
色々教えて貰うことも多く、メルアドも交換していた。
しかし、なにが苦手って、さり気ないボディタッチが多い。
なので話すとは言ってもこちらとしては一歩距離を持って接するようにはしてた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

235: 恋人は名無しさん 2008/09/30(火) 15:13:05 ID:Horss4Q90
入院していた時相部屋の隣の人の話。
恋人とドライブの途中で事故に遭ったらしい。
彼は無傷で、その人は全治1ヶ月くらいの怪我をしていた。
その人の家族や友人はお見舞いに来るけど、彼はお見舞いに来なかった。
彼女曰く「仕事が忙しく、事故った日も仕事の合間を縫ってデートしてたの。
お見舞いには暇な時でいいって言ったの」
ある日彼女のところに子供を連れた女の人がお見舞いに来た。
『どうもはじめまして。○○の家内です。』
凍り付く病室。
子供に『この度は大変な事故に巻き込まれて・・云々。さ、●●ちゃん。このおばちゃんにご挨拶なさい』 
目が据わってる。
まるで能面をかぶってるように表情が一切ない。
そして『これお見舞金というか 手 切 れ 金 です。たいした物じゃございませんが
飾ってくださいね』と鉢植え置いて出てった。
それから彼女は安定剤を打ってもらう程泣き叫び、次の日に個室に移っていった。
その後この彼が何も知らないようでお見舞いに来たが、同室だったみんなに総スカンくらった。

この記事の続きを読む >