鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:衝撃

 (0コメント)

28d50e52
935: 名無しさん@HOME 2012/05/22(火) 10:07:24.59 0
投下無いようだから、自分の人生最大の修羅場を投下する。 

元がつくけど、最初に結婚した人は、とにかく直情的だった。 
もうカーッとなると、後先が考えられないタイプ。 
でもお互いに譲り合って、相手を怒らせること自体があまり無かったから、 
それなりに平和に暮らしていた。 
それが変わったのが、俺の浮気妄想に嫁が取り憑かれた時。 
原因は、仕事が修羅場すぎて帰れなかった3日間 
「仕事が忙しくて帰れない。ごめん」というメールだけで連絡けして、 
電話もせずに帰れず、ようやく帰宅したら家中のガラスが割られてて、嫁がいなかった。 
最初は何が起こったか分からなかったけど、嫁の書き置きで、 
嫁がやったこと、後悔して姿を消すことが分かった。 
ガラスが無いので、雨とか雪がふりこんで、けっこう床も家具もメチャメチャ。 
嫁の実家に電話したけど、帰ってない。友達のところにもいない。 
嫁は仕事も無断欠勤。 
結局5日間(俺が気づいてから3日)放浪した上で、帰ってきたけど、 
今度はもう「浮気された。耐えられない離婚して」といって聞かない。 
身の潔白を証明することはできないけど、タイムカード見せたりとかして何とか 
浮気ではないと理解してもらったけど、それでも離婚の意思は変わらない。 
メンタルクリニックに連れていこうとしても、言うこと聞かないし、ガラスや家具は 
嫁の貯金と嫁実家が弁償してくれたけど、そんな仕事なのに浮気を疑って、家中の 
ガラス割ってまわるような嫁の姿を想像するだけで、再構築するような気持ちに 
なれなかったしで、慰謝料も何もせず、届けだけだして別れた。 
別れてから半年ぐらいは、何か謝罪の手紙が来たり、逆に「浮気を疑わせた 
お前が悪い」みたいな手紙が来たりとしんどかった。 

それから10年経ち、今はお互い再婚しているけれど、ガラス片付けて、 
窓にダンボール貼って、べっしょべしょに湿気た布団で真冬の風が吹きすさぶ中 
寝た経験だけは忘れられない。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

2fdbc9ed-s
234: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/24(火) 01:51:00.04
小一の頃に両親が離婚して私は母に引き取られた。
父は子煩悩で休日ともなれば朝から晩まで遊んでくれて大好きだったので
「もう一緒には住めない」と聞かされて号泣したのをよく覚えている。
その後母は女手一つで大学も出してくれて私も無事に就職が決まった。
父とは最初は定期的に会って相変わらず遊んでもらっていたけど少しずつ会う回数は減った。
私は最初は父と引きはがした母が嫌いで、でも他に行く場所もないので
仕方ない気持ちで暮らし続けその反動が父にも向いてという感じで反抗期に突入し
中学2年以降は父にはほとんど会わなくなっていた。
連絡はとれるけど年に1回会うくらい。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

1565

531: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/24(月) 03:08:14.41 ID:D2Ctdwlg
高校の時、友達Aに頼まれて仕方なく美術部に入ってた。部員が入ってもすぐ辞めてしまうらしい。

ある日B子先輩が裸婦を描いてたんだけど、顧問(ノムヒョン似)が
裸婦の体が平面的で立体感がないとか先輩にアドバイスしてて、ふーん。と思いながら聞いてたら

「裸婦よりも、君の水着姿の方が参考になるんじゃないかな?」

「水着に抵抗があるなら、君のお姉さんの水着の写真でもいいんだよ?
ところで、君のお姉さんって君に似てる?」 とか言い出した時に、びっくりして思わず顧問を
三度見してしまった… 。何言ってんだこのオッサン?とドン引きしてたんだけど、
B子は完全スルー。その後も他の女子部員にも似たような発言してたけど
その子も「はいはいそうですねー」と完全に受け流してた。

男子部員には一切絡まず、男子に声をかけられると露骨にイライラしたり、
意味もなく怒鳴ったりしてた。
もういろいろと衝撃で、これじゃ男も女もみんな辞めるわ…と思い、私も辞めた。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

IMG_9353
25: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/01/28(月) 22:55:25.42 ID:Lp/6ETUa
今月、祖父が急逝したのだけど、年齢が年齢だったのでわりと明るい通夜・葬式だった。 
大往生だね、苦しまなくて良かったね、こんなに孫やひ孫に囲まれて幸せだね、みたいな。 
でもじいちゃんの髪の毛がごっそりなくなっていた。 
メガネなど含めて、燃えない物は棺に入れてはいけないのだと初めて知った。 
もう少しで100に届いたじいちゃん。 
そんな年になってもハゲって隠したいものだったのか・・。 
孫・ひ孫の中の無邪気世代(年齢一桁前半)たちがすごく不思議そうにしてたのが忘れられない。
そして物事分かる世代(最年少小2)たちの見事なスルー能力も忘れられない。 
正直な話、カツラをそんなにタブー視することが一番衝撃だったかも。 
なんだろう、ウィッグとか呼べばいいんだろうか。 
燃やせないけど、供えたり一緒に送ってあげるべきだったんじゃないかと今でも悶々している。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

ヤメゴク3-2
95: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/01(日) 10:10:13.79 ID:GCXSs7vp
私の中のプチ修羅場は大学生の時に某ファミレスでバイトしてた時、 
DQNが店で騒いでて注意しに行くと 
「俺らにはバックにこわーい人が着いてるよ~、そんなこと言っていいの~?www」 
って言ってる人がいて、マネージャーが 
「代わりに対応するから」 
と言ってくれた。そのマネージャーが言ったのは 
「この辺仕切ってるのは○○組だけどおたくらは何?」 
DQNどもは 
「はぁ~w何言ってんの?○○組だって言ってんだろ?」 
みたいなことを言ってた

この記事の続きを読む >