鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:衝撃的

 (0コメント)

854

133: おさかなくわえた名無しさん 2015/01/31(土) 18:04:58.65 ID:udEwxOmI
小学生の頃、親から今で言うネグレクトをされていた。
学校が夏休みに入って頼みの給食もなくなり、家に何日も親がいない状態。
食べるものも無く、4日間水以外何も口にしていないという頃
「このままではタヒぬ」と思って意を決して家を出た。
体力も無くてフラフラの状態だったが無我夢中で、
家から少し歩いたところにある文房具屋に入った。
何故そこに入ったのかハッキリとは覚えてないけど、
とりあえず大人がいる建物に入らないとと思ってたような気がする。
文房具屋の店主の爺ちゃんは自分を見てビックリしていたけど
「食べる物ください」と訴えたら店の裏の自宅に連れて行ってくれた。
中には婆ちゃんがいて(やっぱりビックリしてた)、
爺ちゃんが「今すぐなんか出してやれんか」と言うと
パタパタ台所に行って雑炊を作ってきてくれた。
夢中で食べてすぐに平らげてしまって、正直味なんて全然わからなかった。
食べ足りないと思ってたところに、婆ちゃんがお菓子を出してくれた。
そのお菓子があまりに美味くて、この世にこんなにうまいもんがあるんだと
それがとにかく衝撃的だった。
サンドイッチのお菓子バージョンみたいな感じで、パンがスポンジケーキ、中身が羊羹だった。
当時はスポンジも羊羹も勿論、甘いものすら食べた記憶がなかったから
美味しさで頭の中が軽いパニックになった。信じられなかったよ。
2つ出してくれてたんだけどこれもすぐに食べてしまったら、追加でもう1つだしてくれた。
それを食べたところでようやく落ち着いて、風呂にも入れてもらった。
垢がボロボロ出る俺を爺ちゃんが一生懸命洗ってくれた。

あの時のあのお菓子もう一度食べたいけど、スーパー探し回ってもなかなか見つけられない。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

261

365: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/28(木) 13:49:22.11 ID:4pqIvC/2
俺が小学校6年の時の担任(男)が今思うとかなり衝撃的だった

とにかく2日に1回はブチギレして説教する奴でキレるポイントも意味不明
例をあげたらきりがないけど、敬老の日の前日「明日は何をする日だ?」
と問いかけられ、みんなお年寄りをいたわる日と答えたらブチギレ
「なんじゃその答えはゴラァアア!明日はお年寄りに昔話を聞く日じゃ
ボケぇええ!!」(何だよそれ・・・)って感じ
俺らはどこに地雷があるかわからず、常にgkbrしてた

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

401732_shutterstock_260778521-20160407163020

388: 名無しさん@おーぷん 2015/05/18(月)01:35:28 ID:gB3
昨年春のこと。
買い物で妻と駅ビルに行ったとき俺は酒コーナーで妻は食品でちょっとした距離離れた時に妻の叫び声というか怒声がしてびっくりして駆け寄った。
妻が男女二人に向かって怒鳴っててなんだなんだどうしたの?とそのカップルの後ろの方から妻に声かけたら妻固まった。
カップルが振り向いた瞬間俺もそのカップルも固まった。
俺と男が瓜二つだったから。似たような服に似たような髪型に眼鏡で妻は浮気だと思ったらしい。
結局俺の双子だった。赤ん坊のころに実の親が屑で失踪したため別々に養子として引き取られたことが発覚。
自分が養子なのは知ってたけど何で双子だと黙ってたのかと父母に聞いたらいつか言おうと思ってたけど忘れてたとさ。養子云々でギクシャクした時期もあってそれを無事乗り越えた時に安心しきって抜けちゃったらしい。
双子の方は養子だということすら知らなかったらしくそっちのが修羅場っぽかったが実の親の事情を知って引き取ってくれた養父母に泣いて感謝したらしい。
今年の秋に結婚するから式に来いと言われ妻と行く予定。
双子だからか釣りとかスキーとかすげぇ趣味合う。
双子っていうか親友が出来たような感じで自分でも夢見てる気分になる。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

699

201: 名無しさん@おーぷん 2015/09/01(火)10:07:20 ID:u8R
英語嫌いで英語の成績が何度も赤点、日本から一生出ないから英語なんかいらないと開き直っていた妹が
何をどうしたかイギリス人の旦那を連れてきてあれよあれよと結婚、
それから2年くらいでネイティブと変わらないレベルの英語力と英文作成能力を習得していたことに衝撃的だった。
ちなみに旦那さんは日本語ペラペラで、結婚前に「英語喋れなくても大丈夫っすよwwww」と言うくらいの日本otakuで
妹も「ダーリンが日本語喋ってくれるからうれしい」と言ってたのがあの変わりよう
色々と衝撃的だった。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

965

124: 名無しさん@おーぷん 2014/12/01(月)16:52:58 ID:hK7
どこのスレ向きなのかよくわからないからここで。衝撃的ではあったんだけど。

朝、駅に向かって住宅地を歩いていたら、ちょっと先で女の人がちょうど家を出たとこだった。
前を歩く彼女のピーコートを見て、あれっと違和感。ちょっと早歩きで近づいて、ぎょっとした。
彼女、ズボンもスカートも履かずにパンツ丸出しだった。
走り寄って「ちょ、ちょっと!」と声をかけたらえって感じで振り向いたんだけど、
何でパンツ見せてるんですかとも言えず「し、下!あの!」と小さめの声で指摘したら足元を覗き込む彼女。
「えっ、えっ、なんで、やだ、きゃあああああ!!!」って絶叫しながら座り込んじゃった。
「どうしよう」ってぶつぶつ早口で言いながらアワアワしてる。
振り向いたときは普通だったのであんまりの変貌に声掛けちゃいけない人だったかと一瞬怯えたけど、
私がロングコートを脱いで彼女にかけて「一旦家帰りましょう」って言ったら「はい、はい、わかりました」って素直に動いてくれた。
彼女の家から10mも離れてなかったので一緒に玄関先まで行って、彼女は私のコートを着たまま家の中へ。
30秒くらい待ってたらドアが開いて、スウェットみたいなのを履いてパンツをしまった彼女が出てきた。
コートを返してくれて、「本当にありがとうございました」と逆V字で頭を下げられた。
多分胸が大きいから下半身が視界に入らなかったんだろうと思う。
私も顔とか頭ばっかりになりがちだけど、鏡で全身チェック大事だね…。

私は女だったからとっさに声掛けられたけど、男だったらどうしてたかなあ。

この記事の続きを読む >