鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:葬儀

 (0コメント)

4ccd7aa5-s

496: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/14(日) 19:10:18.64 ID:KfoU3rrE
つい1週間前、父が亡くなった。長男として喪主となり通夜・葬儀と手配し、ようやく一段落した夜
母が「実はアンタにはお兄ちゃんがいるんだけどね」とカミングアウト

………え?何故このタイミング!?

こちとらまともに休む間もなく色々やった後で脳が働かない状態なのに、そんなことブッ込んでくる!?

大変な1週間でした

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

8442-450x337 (1)

696: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/01(月) 11:50:15.38 ID:yQWNH91a0
わたしの父親の葬儀があった

みんな時間通りに来ているのに彼だけ遅刻
台風の影響があるからみんな遅刻しないようにかなり早めに行動してた
彼は前日仕事だの式が始まるまで時間あるのに騒ぎすぎだの文句
式が始まる前に打ち合わせをしないといけないのに
遅刻した人のことで煩わされたくないのに何言ってるのか
これでも早く行ってやってるんだとかあげく行かないで帰るとか言い出した
約束は守って欲しいといったらじゃあいってやるよ最後だからなと捨て台詞
なんで大事な日に喧嘩なのか
精神的に余裕ないお前がバカだとか弱いとかお前の行事で関係ないとか
だったらくるなんて最初から約束なんかするなよ
待ち合わせ時間には遅刻してるじゃないか
しかもお前一人だけだよ

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

images (25)

231: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/16(水)08:29:21 ID:qck
同僚が葬儀の案内を送ってきた
親しくない同僚なんで、そういえば休んでたなぁ程度の認識しかなかった
そうしたら飼い猫のペット葬儀の1回忌とやらで…
1年前も長い間休んでたなぁ、風邪かなあくらいしか思ってなかったが猫の葬儀で休んでたらしい
いや、猫嫌いとかではないけど
仲良くもない同僚にペット葬儀にでろの案内渡すなんて普通にひいた
他の同僚も苦笑いしてた
うーん、ごめん言葉悪いけど何だろうなぁって感じ
仕方ないから欠席で渡して、ちょっとしたお花みたいなの渡してでれなくてごめんねっていったら
家族の法事にでないなんて、どうしてみんな非常識なんだと泣き出した
いや、すまんが同僚のお父さんがなくなったとき、通夜にはでたが四十九日とこまでにはでなかったよ
今度月命日だから墓参りしろと責められてる
つーか、私が彼女の同期だからってみんな私に押し付ける
どうしたらいいんだろ
でたら満足するのならでればいい?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

516fdf41

231: おさかなくわえた名無しさん 2017/08/16(水)08:29:21 ID:qck
同僚が葬儀の案内を送ってきた
親しくない同僚なんで、そういえば休んでたなぁ程度の認識しかなかった
そうしたら飼い猫のペット葬儀の1回忌とやらで…
1年前も長い間休んでたなぁ、風邪かなあくらいしか思ってなかったが猫の葬儀で休んでたらしい
いや、猫嫌いとかではないけど
仲良くもない同僚にペット葬儀にでろの案内渡すなんて普通にひいた
他の同僚も苦笑いしてた
うーん、ごめん言葉悪いけど何だろうなぁって感じ
仕方ないから欠席で渡して、ちょっとしたお花みたいなの渡してでれなくてごめんねっていったら
家族の法事にでないなんて、どうしてみんな非常識なんだと泣き出した
いや、すまんが同僚のお父さんがなくなったとき、通夜にはでたが四十九日とこまでにはでなかったよ
今度月命日だから墓参りしろと責められてる
つーか、私が彼女の同期だからってみんな私に押し付ける
どうしたらいいんだろ
でたら満足するのならでればいい?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

528

690: おさかなくわえた名無しさん 2015/01/18(日)12:35:38 ID:oX7
あまり気持ちのいい話じゃありませんが。

5年ぐらい前に、友人Aが突然訪ねて来た。お金を貸し欲しいと。
10万でも20万でもいいから貸してくれと。
Aとは学生時代から仲が良かったけど、訪ねてくる直前の一年ぐらいは
殆ど音信不通状態だった。
私は祖父が借金癖のある人で、両親が苦労したのを見て来たから
借金には強い抵抗がある。
「ごめん、人に貸せるほど裕福な暮らしじゃないのよ」と断った。
そしたら「この家ローンなんでしょ?来月支払う予定のお金を
ほんの短い間だけ貸してよ。すぐ返せるの。絶対返せるの!」と言われて
いや確かにローンで買った家だけど、そんな言い方ある?って腹が立ってしまって
「うちの旦那、友人同士のお金の貸し借りには
 例え少額でもすごい拒否反応ある人だから(これは本当)無理だよ。悪いけど」
って言ったら「お願い!私を助けると思って!」と食い下がられ
それでも強く断った。
まさか子供を道連れにしてビルから飛び降りるとは思わなかったから。
新聞に載ったあと友人経由で知って葬儀に参列した。
そこで耳にした話、Aの自慢の青年実業家だった旦那さんとはとうに離婚してたらしい。
他にも色々と辛い状況だったことをその時初めて聞いた。
私の他にも借金の申し込みされた人がいた。
その中のひとりが10万貸していたらしい。
そしてその10万でどうやら子供に最後の楽しい贅沢をさせたらしかった。
お金を貸した人は「どこにも催促できないし、諦める」と言っていた。
なんか亡くなった人のことをリアルでは愚痴れないからここに書くけど、
最後に訪ねてきた、あの出来事があったおかげで
私はAの死を素直に悲しめないでいる。
Aとの楽しかった思い出の数々も同じように楽しく思い出せない。
死を選ぶほど辛かったんだろうけど、一方的に私の心にも黒い染みをつけて
勝手に逝ってしまってずるいって思っている自分がいる。

この記事の続きを読む >