鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:荷物

 (6コメント)

20120625142026

581: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/12(火) 21:06:01.54 ID:XYGxSGfC
愚痴

1歳で卒乳済でヨチヨチ歩けるけど出かける時は抱っこ紐やベビーカーの子供1人
嫁が荷物多すぎるし支度に時間かかりすぎてイライラする
もうちょっと荷物減らそうとかこのリュックの中身はそのまま入れておこうとか工夫しないもんなのかね
たまに俺が荷物整理一緒にすると一時的には減るけどまたすぐ増えてる

土曜に50キロ離れた嫁の友達の家に家族3人でお邪魔する予定なんだけどリュックに入りきらないからって旅行用のボストンバッグに荷物入れてるんだけどw

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

5554

707: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/23(水)12:45:03 ID:MbD
この年の瀬に引っ越しをぶつけ『この時期に引っ越したら大掃除代わりになっていいよね♪』と宣った挙句、片付けを全く手伝わず呑気に暮らす夫…。
引っ越し先でもいつも通り、脱いだ服はそのまま、鼻かんだティッシュもかんだまま、ゲームばかりやって自分の荷物の荷ほどきさえしない。
掃除しながら二人分の荷物を片付ける私の後ろで、夫はいびきかいて寝てる。もう嫌。泣きたい。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード (2)

387: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/03(木)13:59:18 ID:S0d
初めて一緒に買物に出かけた時の話し
男が荷物持ちしろとは言わないけど
買い物、持ち物全て私に持たせて来る元彼
自分は手ぶら、パンフレット一枚すら持つ気なしで私に渡してくる
しかも自分の荷物くらいは持ってと言っても無視で私を置いてスタスタサッサと自分の行きたい所へと行き、買い物したものを渡してくる始末
最後の方には私もキレて彼の荷物だけその場に放置して帰ってやった
後から「俺は箸以上の重たいものを持ったことがない」「女が荷物持ちするのは当然」等巫山戯たメールが山程
「自分じゃ紙袋一つも持てないから、早く帰ってきて」だと
すぐに別れた

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

160

653: おさかなくわえた名無しさん 2018/06/23(土) 15:58:13.71 ID:iv4WQHHx
私は家族でマンションに住んでいて先日の地震の時は被害はなかったけど
その時に家にいた父と私で、地震が収まった後に車のトランクに積んである
卓上コンロとボンベ、猫缶を取って来る事にして父は足を傷めていたので、私が駐車場に
降りてトランクから荷物を降ろしていた。
すると、同じマンションに住んでいるらしい女性が幼児を連れて声を掛けてきた。
女性は「その缶詰もらえませんか?」と挨拶もなく、私の手から猫缶をもぎ取った。
女性は「子供がお腹を空かしてるんですけど、コンビニに何もなくて」と言った。
普通の身なりで本当に困った声だったので警戒もせず
「あ、それ猫の餌なんです」と、ホラ、と私が猫缶のラベルを見せようとすると
女性は私からさらに猫缶をもぎ取り、幼児に手渡しながら
「ライカちゃん(仮名)良かったね!このおねえさんくれるって♪!」とニッコリした。
私が「ダメです、それ猫の…」と言い掛けると、女性はいきなり豹変し
「だからあ!子供がお腹空かしてるんですけど!!わっかんないかなあ!もうぅぅ!」と恫喝っぽくなった。
「でもそれは猫用なんです」
「猫にまぐろ100%とか贅沢なもんやる必要ないでしょ?!猫なんか10日は食べなくて大丈夫だから!」
私が何とか「とりあえずあげません!どうしても欲しいならお金下さい!」
と叫ぶと「この子の前でお金の話なんかしないで!この古事記!」と叫び返され
女性は幼児を抱っこして逃げて行った。
仕方なく自宅に戻って父にその話をし、父がマンションの組合に相談して
警察にも届けた。
初めてこんな目に遭ったのが衝撃的だったのと
幼児は連れ回された挙げ句、猫缶食べさせられたのかと思うと気の毒だ。
皆さんも被災した時には気を付けてほしい。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

69

325: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/20(火)00:56:15 ID:P3H
結婚して旦那とリビング+六畳二間の和室の部屋で生活してた
お互い物は最低限あれば良いという考えなので、各部屋にドラえもんが生活していたような押入れがある今の家で十分収納もまかなえ、掃除も楽
快適に過ごしていた
ところが結婚した途端に旦那の家がどんどん物を送ってくる
食品や食器や料理道具をはじめ、一生分のタオル類、旦那の衣類、家電
とどめにダブルの布団や毛布一式と枕と専用のカバー一生分
私や旦那では運べないような150センチほどの包に一辺一メートルを超える巨大なダンボール5個
六畳一間がダブルの布団で潰された
六畳部屋が最大のこの家でダブルの布団なんか広げられるわけもない
仕方なくその部屋を物置にして、そこで生活してた私はしぶしぶリビングへ移動
リビングではベットもおけず、生活に必要な家具があるため布団の移動も難しいので、万年床生活
それを見た旦那が流石に耐えられないと実家含め親戚中に訴えたものの、そんな高価なものを貰っておいて!と叱られる始末
旦那の家は田舎で、サザエさん家相当かそれより広い家が当たり前なため、私達の苦痛を誰も理解できなかった
布団の購入価格もも6桁いってるので簡単に捨てることもできず、捨てるにも費用がかかる
しかたなく旦那が部屋の惨状を写真におさめて親戚中にばらまいたところ、かつて新婚時代の貧しい期間に同じく贈り物に潰されかけたと言う旦那の従兄弟嫁が引き取ってくれることになった
丁度昔もらったダブルの布団がダメになって捨てようとしていたらしい
引き取り手が決まったのはいいけど、次はどうやって送るかになってきた
旦那は北の豪雪地帯に実家があるため、親戚はみんなその近辺住まい
対して私達は琵琶湖の近くに住んでいる
そもそも荷物が大きすぎて送れないところが多い
郵便局はダメ出し、宅急便も大きさ過剰、佐川は業者でなければ大きな荷物を請け負わないらしい
布団なので1つの重さはそれほどでなくても、全部合わせると相当ある
どうやって送るべきか、布団のためだけに引越し業者に頼むべきなのか、安く済ませる方法はないのか、調べてるけどよくわからない
どんな方法がいいんだろう
良ければご存知の方、教えていただきたい

この記事の続きを読む >