鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:花火

 (7コメント)

gatag-00008677
6: おさかなくわえた名無しさん 2015/07/11(土)21:04:09 ID:RwI
かなり前の話だけども、花火大会の見物客が歩道橋にぎゅうぎゅう詰めになって、子供が踏まれた事件があったでしょ?
あれに私も出くわしていて、ちょうど目の前に子供がいた(死亡した子なのかは不明)
倒れそうになっていたので、手を掴んでなんとか助けようとしたけど子供は痛い痛いと叫びながら手を離れてしまった
私の体もかなり圧迫されて足が地面についていない状態
そんなこんなでやっと地に足がついたと思うと柔らかい感触
ギョッとしながらもどうしようもできず…

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

new_d78a2747-s
940: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/06(金) 12:45:02.65 ID:FH7l6yqC
武勇伝と呼べるかもわからない小さな話。
先月のとある花火大会のときのこと。

俺は実家暮らしの大学生です。
実家のベランダが、その花火大会の打ち上げポイントの目の前で、前に遮るものもないという
見るには絶好の場所。 
ほぼ毎年そうなんだが、俺の友達数人呼んでワイワイ騒ぎながら見る。

あと30分くらいで打ち上げになるってときに、家のインターホンが鳴った。
出ると見知らぬおばさん3人。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード

983: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/16(月) 04:59:01 ID:Asii0IiL
20才の時、32才の男性と遠距離恋愛してた。
地方住みの彼が東京に来てくれて、私は浴衣を着て一緒に花火大会に行った。
電車で帰ったんだけど、車内は混んでいて普段車生活の彼は立っているのがつらいと言い始めた。
途中目の前の席が一つ空いたので、彼に席をすすめた。
私は立っているのは苦じゃなかったけど、彼の隣に座ってた高校生くらいのカップルの男の子が浴衣で一人立っている私をかわいそうだと思ったのか、私に席をすすめてきた。
断ったが、再度すすめてきたので譲ってもらった。
その瞬間自分の彼氏がカッコ悪く思えて穴があったら入りたいくらい恥ずかしくなった。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード

90: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/17(月) 21:05:58 ID:KeLwVTMT
彼女とケンカして、なんだかあやふやになっていてギクシャクしていたけど、今日花火に行く予定だった。

ちゃんと仲直り出来たらいいなと思ってウキウキしてた。

前日に明日は六時頃に仕事が終わるからなるべく早く行くって連絡があった。
で、当日。

六時になっても連絡が無いので、メールしてみたが返事なし。
まぁ忙しいんだろ…と思って一時間待つが音沙汰なし。
電話してもでない。かかってこない。

一体どーなってんだか…
まだ付き合って一ヶ月経ってないけど、なんか、冷めた。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

67

124: 名無しさん@おーぷん 2016/03/10(木)12:39:25 ID:N4z
子供心に衝撃だった話

当時小4の私は4歳の妹を連れて花火のお祭りに来ていた
お祭り会場は人でごった返し、どこの出店も長蛇の列

私と手を繋いでてちてちついてくる妹に何かを食べさせてやりたくて、私は花火が始まるまでに買えそうなお店を探していた
すると閑古鳥のないている店が!
看板にはクレープと書いてある
「ここだ!」と思ってお店に駆け寄ると、そこには割烹着を着たリーゼントとスキンヘッド
二人共眉毛がない!
リーゼント「っしゃー!」
スキンヘッド「っハッ!」
眉間にシワを寄せ叫ぶ割烹着たち
「おう、客か?」
割烹着たちの声を受けて、幕のウラからシマウマスーツが現れた!
ポカンとして何も言えない私を見て、シマウマスーツが割烹着たちに怒鳴りつけた
「ッタァかんげーや!ビビっとるやねーか!」
(私ビビってるとおもわれてるー!)
何故か私はビビってると思われるのはいけないことだ!と思い、キリッとした顔をして(実際にできていたのか不明)
「花火が始まるまでに妹に美味しいクレープを買ってあげたいです!」と負けじと大声を出して張り合った
それを聞いてシマウマスーツと割烹着が「1丁!」「へいっ!」「へいっ!」と掛け声
「おねーちゃんはいらんのか」と言われ、私は親から預かった500円を差し出した
クレープは一個300円
シマウマスーツは「おう!」と掛け声、割烹着は「シャッす!」と応える
生地を焼くスキンヘッド、盛り付けるリーゼント
二人共手際よくクレープを2つ作って私と妹に一個ずつくれた
困惑する私にシマウマスーツは「ここの台に乗って食べぇ、花火もここから見たらええ」と店横の高さ1メートル超えの荷台の上に座らせてくれた
私と妹が「おいしいねえ」「うん」ともぐもぐ食べていると、食べ終わる頃にはお店に列が伸びていた
花火が始まる頃にはシマウマスーツがジュースをくれた
花火が終わっても割烹着は忙しそうでシマウマスーツは消えていたので、こっそり500円玉をお金を入れている箱の上に乗せて帰った

この記事の続きを読む >