鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:花嫁姿

 (0コメント)

52

348: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)17:26:08 ID:VFI
娘が去年お嫁に行った。
娘は元夫の先妻さんが産んだ子で、私とは血がつながっていない。
元夫とは見合いで結婚した。当時娘2歳。
6年後離婚。元夫がいらないと言うので私が引き取って養子にした。

本当は二十歳の誕生日、「実の娘じゃないのよ」と打ち明ける予定だった。
でも忘れてた。
忘れるか?!と思うだろうけど、誕生祝いとか成人式の振袖の手配等で浮かれまくって忘却の彼方だった。
成人式当日は写真館に行ったり、会館に送っていったりでやっぱり浮かれていて忘れた。

一週間後くらいに思い出した。
「お嫁に行く時こそ忘れずに言おう」と決心した。
でもやっぱり忘れた。
式の手配とか色々バタバタしてて、明日嫁ぎます、という実家最後の日は
「お疲れー!」「マジお疲れー!」というテンションになってしまい
まったく思い出さなかった。

オチとしては、娘は大学生の時戸籍を取り寄せる用事があったとかで
その時養子縁組の記載を見たらしい。
私と同じく何かの節目に「実は見たの…」とやるつもりだったらしいが
やはり忘れた、との事。
血はつながってないのに、長年いっしょに暮らすと似ていくものです。

余談だけどなぜか元夫から、今年になって
「娘の花嫁姿が見たい」「せめて写真だけでも」という葉書が私の実家に届いた。
一応結婚するって決まった時連絡したんだけどな。
でも「金なら出さない。俺の人生に関わってくるな」って返事だった。
あの後何があったんだろう。
いやな予感しかしないから無視しますw

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

214

398: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/01(金) 17:17:27.72 ID:LKqDY/LU
2年前の話。
ささやかでいいから結婚式を挙げたい、挙式だけでいい、どうしても無理ならせめて写真だけでもと頼んでも
「金がもったいない」「そんなことに金をかけるのは頭の悪い人間だけ」と断固として拒否した婚約者。
「お前の母親も馬鹿なことしたもんだよな」っていう言葉に、ジリジリ目減りしつつあった愛情が一気にマイナスを振り切った。
色々もめたけど、最終的に婚約破棄した。
話し合いの場で「お前もう31なのわかってるのか?俺を逃したら二度と結婚できないぞ?」って言われたけどそんなことどうでもいい。
「花嫁姿は見れないけど、これだけは」と白無垢を遺してくれた母の思いを侮辱されたまま黙って結婚するほど飢えてないわ。
きっと碌でもない男と一緒にならないよう、母が守ってくれたんだと思う。
明日「花嫁姿、ちゃんとお母さんにも見てもらおうね」って言ってくれた夫と式を挙げるので、厄払い。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

214

398: おさかなくわえた名無しさん 2017/09/01(金) 17:17:27.72 ID:LKqDY/LU
2年前の話。
ささやかでいいから結婚式を挙げたい、挙式だけでいい、どうしても無理ならせめて写真だけでもと頼んでも
「金がもったいない」「そんなことに金をかけるのは頭の悪い人間だけ」と断固として拒否した婚約者。
「お前の母親も馬鹿なことしたもんだよな」っていう言葉に、ジリジリ目減りしつつあった愛情が一気にマイナスを振り切った。
色々もめたけど、最終的に婚約破棄した。
話し合いの場で「お前もう31なのわかってるのか?俺を逃したら二度と結婚できないぞ?」って言われたけどそんなことどうでもいい。
「花嫁姿は見れないけど、これだけは」と白無垢を遺してくれた母の思いを侮辱されたまま黙って結婚するほど飢えてないわ。
きっと碌でもない男と一緒にならないよう、母が守ってくれたんだと思う。
明日「花嫁姿、ちゃんとお母さんにも見てもらおうね」って言ってくれた夫と式を挙げるので、厄払い。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

52

348: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)17:26:08 ID:VFI
娘が去年お嫁に行った。
娘は元夫の先妻さんが産んだ子で、私とは血がつながっていない。
元夫とは見合いで結婚した。当時娘2歳。
6年後離婚。元夫がいらないと言うので私が引き取って養子にした。

本当は二十歳の誕生日、「実の娘じゃないのよ」と打ち明ける予定だった。
でも忘れてた。
忘れるか?!と思うだろうけど、誕生祝いとか成人式の振袖の手配等で浮かれまくって忘却の彼方だった。
成人式当日は写真館に行ったり、会館に送っていったりでやっぱり浮かれていて忘れた。

一週間後くらいに思い出した。
「お嫁に行く時こそ忘れずに言おう」と決心した。
でもやっぱり忘れた。
式の手配とか色々バタバタしてて、明日嫁ぎます、という実家最後の日は
「お疲れー!」「マジお疲れー!」というテンションになってしまい
まったく思い出さなかった。

オチとしては、娘は大学生の時戸籍を取り寄せる用事があったとかで
その時養子縁組の記載を見たらしい。
私と同じく何かの節目に「実は見たの…」とやるつもりだったらしいが
やはり忘れた、との事。
血はつながってないのに、長年いっしょに暮らすと似ていくものです。

余談だけどなぜか元夫から、今年になって
「娘の花嫁姿が見たい」「せめて写真だけでも」という葉書が私の実家に届いた。
一応結婚するって決まった時連絡したんだけどな。
でも「金なら出さない。俺の人生に関わってくるな」って返事だった。
あの後何があったんだろう。
いやな予感しかしないから無視しますw

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

251: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)18:36:42 ID:KmT
母同士が幼馴染みで、赤ちゃんの頃から兄弟のように育ち、
年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼。
その彼の祖父が事故で大怪我をし介護が必要になり、
私は彼と彼両親、彼祖父母のお願いもあり、介護に関わるようになった。
結局その事故の怪我が原因で彼祖父は5年もしない内に亡くなってしまった。
仕事を辞め、慣れない介護で腰を痛めてしまったが、
祖父母の居ない私には本当の孫のように可愛がってくれる人達で、
介護に関われたのは幸せだと思っていた。
介護の合間に彼祖父母から昔話を聞いたり、
秘伝の漬け物の作り方を教えてもらったりと楽しかった。
亡くなる前に孫達(私)の花嫁姿が見たいと言われ、
彼と二人で仮衣装を着て彼の家で一緒に写真撮影をした。
「○(彼祖母)さんが嫁に来てくれたとき、○(彼母)さんが息子の嫁にきたときを思い出すねえ」
と彼祖母に手を握られながら幸せそうに話す彼祖父に私号泣。
彼も「じーちゃん達みたいな夫婦になるから安心してよ」と言っていたのに。

この記事の続きを読む >