鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:育児

 (6コメント)

photo01_05
453: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/01(月) 18:26:35.99
子供が小学生のころ高学年で股ぎりぎりのショートパンツがはやっていた。
足が細い子がはくと、かがむんだりすると中のパンツが見えてしまう。
そんなときに、通学路の自治会長が写真を大量に持って校長室にのりこんできた。
近所の引きこもりにいちゃんが下から取れるようにカメラをセットして通学路の
女子小学生の覗き込むアングルの写真を撮ってネットで売りさばいていた。
それを見つけた親が思い余って自治会長に相談し校長の処に来たという事だそうだ。

だが斜め上の目線で小学生がこんな短いものをはくのがいけない学校で禁止しろ!
と言う言い分だった。自治会長は地元の名士だった引きこもり家の方が大事だった。
校長はすぐ警察に届けて捕まりました。

校長からは注意はなかったけどさすがに親が服に気を付けるようになったそうです。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

images (100)
419: 名無しさん@HOME 2015/05/14(木) 11:19:02.76 0.net
スマホからなので見づらかったらごめんなさい。 
同居のコトメ。30代独身ニート。 
子に勝手にお菓子あげたり、危険な場所で遊ばせたり、太陽の出てる時間に帽子もかぶらせず30分も散歩。(←私が家事をしてる間、ひとことも言わずに連れ出したので気付いた時には遅かった。) 
ベタベタに甘やかすので娘もなついてすっごい仲良し。別にそれは良いんだけど、母親代わりと勘違いしてますか?ってな感じの言動も増えてきてHP削られる。 
だいたい頼んでもいないのに常に子守りしたがるので、私が娘と遊んでいても間に入ってきて◯◯ちゃんおいで~と名前呼んだり。娘がコトメの方に行ってしまうとなんだか寂しくなってしまう。これは母親の勝手な嫉妬とわかってるので、余計にみじめな気持ちに…。 
同居については、孫が小さいうちは一緒に暮らしたいと言う良トメの希望でOKしたんだけど、最近は出て行きたくてたまらない。 
ちなみにコウト30代独身も一緒に暮らしてる。スレチになるので書かないけど。 
同居解消したいと旦那に相談したけどいい返事はもらえず。コトメとコウト付きなのに同居OKした過去の自分を殴りたい…。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

1152189_80129906
527: 名無しさん@HOME 2011/01/21(金) 10:34:50 0
私1週間同居トメ無視してる。
話しかけても聞こえないふり。
ご飯も作らない、洗濯もしない(トメのだけ)
口を開けば嫌味暴言しかなかったトメが大人しくなったw 

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

doctor1
724: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/15(水) 14:48:41 ID:DHO2JtGn
夜中の2時にピンポンを鳴らす音が。
玄関まで下りていくのが面倒で、窓を開けて下を見ると隣のババが居た。
話を聞くと、ジジが胸が苦しいと言うので病院に連れて行ってほしいという。
(隣の家は老夫婦二人暮しで、ジジしか車の免許を持っていない)
私は夜間救急やってる病院を調べて電話をしている間に起きだしてきた旦那が車を出すコトになった。
検査の結果、とりあえず異常なしという診断が出て、
「気になるようなら昼間に外来を受診してください」と言われたのだが、
それがジジ本人には不満だったらしく「あの医者はヤブだ、不親切だ」とブーブー文句たれてた。
まぁ、本当に夜中に病院にいかなきゃいけない状況の病人なら、そんなにスタスタ歩けないだろうし、
怒るだけの元気があるならまず大丈夫でしょうよ…。
家で待っていた(自分は家のコトをしなくちゃならないと付き添いをしなかった。夜中に何の家事があるんだ!)ババは
帰ってきた夫を見るなり、「おじいさん、何でもなくてよかったわぁ」だってさ。図々しい!!
寝起きで頭が回らなくて、言われるままに病院まで付き添ってしまったが、普通に救急車呼べば良かったんだよな。
それからしばらくして、また隣のババが夜中にピンポン鳴らしたが、気が付かないフリしてやった。
そしたら、反対隣の家に突撃して「救急車呼びますから」と言われたら帰っていったらしい。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

3805ad034ae101d83c1d464cee0d3ba8
851: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 19:45:18.99 ID:TtUMhZNR.net
嫁が育児ノイローゼ一歩手前のころの話。 

昨夜も夜泣きで寝付かない息子に 
「もぉおおおぉおおお!寝てよぉぉぉっぉうぉぅぉぉ・・!」 
と半狂乱になり枕を叩いて狂っていた嫁。 

仕事を終えて帰宅し玄関を開けるが廊下奥のリビングは真っ暗。 
物音ひとつ聞こえてこない。 
ただいま、といいても返事なし。 

只事でない雰囲気を感じて家に上がると、リビングのドアがゆっくり開いて、 
暗闇の中から嫁が涙と鼻水でぐちゃぐちゃの顔面をヌーっと現れたんだ。 
ハァァァァ・・ともヒィィ・・とも聞こえるかすれた声を出しながら。 

俺は思った。 
「こいつ、とうとう殺りよったか・・・」 
テレビや新聞の「乳児虐待死」の文字が浮かぶ。 
恐る恐る嫁に近づいて息子の所在を訊ねようとしたら、先に嫁が口を開いた。 
「み、耳が痛いぃぃぃィィィ・・ヒィィ・・だずげでぇぇぇ」 

中耳炎でした。 

マジで一瞬覚悟を決めた修羅場でした(笑)

この記事の続きを読む >