鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:老人ホーム

 (6コメント)

ダウンロード (4)

148: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/28(木)11:09:46 ID:drm
年末にすいません。
先日ウトさんから話したいことがあるといわれ、伺いました。
ウトさんは老人ホーム、トメさんは認知症の症状があるので介護施設にいます。
そのウトさんからの話というのが、
「じぶんがしんだらウトさんの実家のお墓の隣あたりに多分空きスペースがあるから
そこに入れてほしい」というものでした。
ウトさん実家は高速使っても2時間くらいかかる田舎で、
現在はウトさんの甥っ子(旦那にはいとこ)が継いでます。

でも、ウトさんとトメさん5年位前に今住んでいる町で、
お墓の区画をすでに購入済み。
あれどうするんですか?
と聞いたら、
あの区画は、トメさんが、ウト実家の親と折り合いが悪く、絶対
「あんな田舎の、カエルの声しかしないようななところのお墓はいや。トメやコトメのそばで眠りたくない」
と言ったから、申し込んでみたら抽選に当たってしまっただけ。だとか。
で、今更そんな話をしたのは、トメさんが認知症になったんで、
言ってもわからんだろうし、自分の夢をかなえたい・・なんだと。

はっきり言って、ウトさんの実家遠いし、冠婚葬祭以外の交流はないし、
こっちは当初の予定通りにしてほしいんだけど。
ウトさん「最後の自分の願いだ」とか言っちゃってる。
本当は時分は自分の両親のそばにいたかったとか、
田舎で、自然に抱かれて眠りたいとか・・・
ロマンチックに語り続ける。

とりあえず結論保留して帰ったけど・・・・
なんだかなあ・・・・


この記事の続きを読む >

 (5コメント)

744

785: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/13(日) 23:13:11.13 ID:FqWxQ9F6
×年前に自分の婆ちゃんにオレオレ詐欺した私…
本当の孫だから騙されるに決まってるんだよなあ
ヤンキー時代にもらった架空口座が生きてたので200万ほど振り込ませたゾw
「このバカ!」とばあばをポカポカ殴る両親
両親が冷静になったところですかさずばあばの老人ホームへの入居を勧める私
ばあばは黒幕が私だと知らずにホームへ連れ込まれてった
もしばあばがすべて悟ってたらどうしようと何か月も罪悪感にとらわれられ悪夢まで見てうなされた
最近完全にボケてばれる心配もなくなったので厄落としカキコ。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

48299_249_2009-12-25-141602-m
705: 名無しの心子知らず 2005/03/24(木) 09:43:33
スカというかなんというか。自分はすっきりしたので。

先日、偽両親・旦那・娘(2歳)といるときになぜか老後の話になった。
旦那が「面倒見てくれるなら息子より娘がイイ」(現在男の子妊娠中)と言ったので
「子供を自分のことで縛り付けたくない。
子供の好きなように出来ないような足かせになるくらいなら
わたしは老人ホームとか高齢者用マンションに住む。
大体、娘はおろか息子の嫁に自分の世話なんてされたくないし。
子供に世話されるくらいなら金払って介護してもらったほうがマシ。
金も出さない分自分の自由にさせてもらいたいし。
だから今のうちに貯めとくの(はぁと
悠悠自適な老後が待ってるわ♪」
と言った。

ウトが「老人ホームなんて子供が着たときだけちやほやされてあとは虐められるだけだ」なんて言うから
「別に着て欲しいなんて思わないし、勝手にすればイイんですよ~
それにお義父さん知りませんか?今の老人ホームや高齢者マンションってすごいんですよ。
わたし今からでも入りたいくらい♪」
なーんて言ってみたら長男教の偽両親、顔がひきつってました。

長文失礼致します。

この記事の続きを読む >

 (21コメント)

252

89: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/19(木) 11:00:04.22 ID:4vaVVVlz
自分の人生を変えた体験
中学の時に両親が離婚して、母に引き取られた
離婚が原因というか、両親大好きだったから、離婚後めっちゃグレた
解答欄に名前を書けば入れるとまで言われるような底辺高校に進学し、喧嘩で停学くらったりしてた
ただ、警察のお世話になるようなことは一度もなかったのは、今でも救いになっている
将来は土方にでもなっかwwwみたいに軽ーく考えてた
高校三年になって、担任に呼び出されて、お前このままじゃ卒業できんぞって言われた
しかし、この高校には応じる人は少ないらしいがボランティア活動による温情措置があると言われた
めんどくさくなったらサボればいいやという気持ちでボランティアに参加した
ボランティア内容は、老人ホームでお年寄りの相手をする事だった
いざやってみると、これが楽しくて仕方がなかった
みんないい人なのよ
こんなお婆ちゃんの相手してくれてありがとうねと言われた時、涙が止まらなかった
俺、今まで何やってたんだろって後悔が一気に押し寄せてきた
オロオロするお爺ちゃんお婆ちゃんに、自分の反省を泣きながら語ってんの俺www
そのことに気付けたんだから、まだまだ取り返しは効く。頑張りなさいと言われまた泣いた
安直ではあるが、これが俺の天職なんだと思った
その日から、一切の喧嘩を辞めた
学校が終わったら、老人ホームに遊びにいくかアルバイトをして、夜は勉強するようになった
母も応援してくれるようになり、高校を卒業して介護福祉士になるために専門学校へ通った
介護福祉士の資格を取って、今でも毎日働いている
3K仕事ではあるけど、楽しいんだこれが
あの時、ボランティア活動しなかったら俺どうなってたんだろうかと今でも考えるよ

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

285

264: 名無しさん@おーぷん 2015/06/11(木)11:10:24 ID:yHa
先日、実習で特別養護老人ホームに行った。
ラウンジに、白い生き物を抱っこしてるお婆さんがいた。
「チロちゃん、毛並みがフサフサしてますね~ いいいいこ」と、幸せそうにナデナデしてた。
このホームはペット飼っていいのか~ 猫かな?犬かな? と近寄って見たら
丸めた白いバスタオルだった。
遠目には、タオルがモコモコ動いていて本当に小動物みたいに見えたので、かなりびっくりした。

お婆さんに聞いたら、抱いてるのはずっと昔から飼ってる、白猫のチロちゃんだって。
お婆さんには完全に生きた猫に見えるらしい。
本当のチロちゃんが生きているのか、もう亡くなってしまったのかは分からないけど
お婆さんが幸せそうだから良かった。
(あとで介護士さんに聞いたら、たまにタオルが赤ちゃんにもなって
忙しいけど幸せいっぱいだった子育て中の時代を再現するらしい)

お婆さんは認知症だけど穏やかで、話も面白くて、実習中はたびたびお話させてもらった。
猫はうんと歳を取ると猫又になるのよと言って、
猫又が無念の死を遂げたご主人の代わりに仇を討った話をしてくれた。
私は犬が好きなんで、「犬は歳を取っても化けないの?」と聞いたら
犬もちゃんと偉い犬の神様になるのよと教えてくれた。
偉い犬の神様の名前はなんというのと聞いたら、「あぬびす」と教えてくれた。
ちょっと違うような気がするけど、まあいいかと思った。

この記事の続きを読む >