鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:義父

 (0コメント)

3174_2_1
948: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/02(土) 14:44:59.59
じゃ、ちょっと長いが。 

俺の働いてた会社が倒産した。 
まあもとから吹けば飛ぶような中小企業だったんだが、 
リストラ&無職という響きにこたえ俺は嫁にはいえなかった。 

子供も小さいし、 
2ちゃんねるの鬼女板では夫はATMとかよく聞くし(嫁にそんな素振りはなかったが) 
嫁のこと愛してるのにATMすらになれない俺の価値って… 
ていうか嫁のためにもどっかで死んだら保険入るくね? 
再就職できるかどうか分からない俺は嫁と子供の負担にしかならない。 
もともと嫁は俺より稼いでるんだし…。 

そんなことを思って、嫁に2日間くらい打ち明けられなかった。 

でも「このままじゃダメだ」と思い立ち、 
遺言書を用意、保険を確認、清水寺から飛び降りる覚悟で打ち明けると、 

「え?そうだったんだ…つらかったね、お疲れ様」と、あっさり。 

頭をなでられて、ミルクをたっぷり入れた熱いコーヒーを出してくれた。 

「ゆっくり次の仕事先、決めていいから、お互い協力しあおうね。まずは節約から」 
と、嫁に笑って言われた瞬間、ああ結婚してよかった。と思った。 

息子(2歳)に「ねー」と話しかける嫁。 
息子はわけわからんながらも楽しそうだったwww

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

p8-z002
455: 名無しさん@おーぷん 2015/09/05(土)15:30:28 ID:HGj
携帯から投下。
文章変だったらすみません。

うちの子供が初孫の義両親は、目の中に入れても痛くない程の可愛がりよう。
それは有り難いのだが義父は真性のアル中。もう休日は朝から夜中まで飲んでる。
旦那に聞くところによると家に酒がなかったからと、料理酒飲んでしまうレベルらしく、もうどうにもならないそうだ。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

no title

721: 名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火)15:06:27 ID:raZ
うちの元旦那、義父から女紹介されて舞い上がって離婚を迫ってきたよ。3年前の話。
義父はとんでもないセクハラ爺で、私が拒絶し元旦那が絶縁宣言したら、私を敵認定してきた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

no title
520: 1/5 投稿日:2011/04/26(火) 17:00:57.78
空気を読まずに修羅場投下
エネスレかどちらか迷ったけど、結果的にエネではなくなりただの修羅場になったのでこちらに。他の該当スレがあれば誘導お願いします
フェイク多数、10年近くの歳月が経ってるので記憶も時系列も曖昧です
なので矛盾があるかと思いますがご了承下さい

私と私の母(以下、私母と表記)に起こった修羅場です

前置きとしては、私母は2ちゃんで嫌われ者の出来婚ボッシーです
私母は20代で出来婚し、私を産みましたが当時居た父はエネ夫サイマー。義両親はそろってパチンカスという不良物件だった為、まだ幼い私を連れて離婚し、実家に戻りました
でも、私母両親(私から見て祖父母)も今でいう毒親
結局両親の過干渉や強制お見合いに疲れた私母は直ぐにまた実家から離れた隣街に家を借り避難しました
そこで仕事をしながら私を育ててくれてました
自分の事でお金も使わず、私の習い事で使い、私がボッシーである事を悩まないように服などをちゃんと仕立ててくれたり、凄く大切に育ててくれました

それでもやはり色々苦労はある様で疲れきっていたようです

そんな時に私母は元義父に出会いました

この記事の続きを読む >

 (12コメント)

images (18)
110: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/08(金) 18:57:10.12
あんまり修羅場じゃないかもだけど。

義理実家には義父・義祖母と近所のおばさんAが住んでいた。(義母は早くに亡くなっている)
このAと言うのが私から見たらなんで義実家にいるのかよくわからなかった。
義祖母が言うには
旦那が早く亡くなって姑にいびり出された。でも実家には戻らない。
冬の寒い時期に納屋で寝ていたのでここで死なれたら困ると思い家に入れたらそのまま居ついた。
息子と娘がいるが姑と結託していて実母なのに家に入れようとしない。
息子娘のために義実家からパートで働きに出て息子達は無事に高校までは出た。
そしてそのまま「世話になったから」ということで家のことを手伝っている。と言うことだった。

しかし、Aは義父と同じ部屋で寝ている。傍から見たら「夫婦」としか見えない。
お互い、連れ合いをなくしているのだから別に籍を入れてもいいとは思うんだんけどそれは嫌らしい。
あくまで「住み込みのお手伝いさん」扱い。

この記事の続きを読む >