鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:義実家

 (3コメント)

33

746: おさかなくわえた名無しさん 2016/01/07(木)08:47:51 ID:u4l
旦那兄夫婦の修羅場を目の当たりにした。
義兄夫婦のところに女の子が産まれたとの報告を受けた。
私達夫婦のところは当時小梨で、義兄以外に兄弟はいないので旦那にとっては初姪。
出産祝いをもって義兄宅を訪れたんだけど、赤ちゃんに構っているのは義兄だけ。義兄嫁は赤ちゃんをスルーというか、関心がないようだった。
話を聞けば、家事育児を義兄に押し付けているとのこと。
義兄嫁は正社員勤務で同じく正社員勤務の義兄より拘束時間が長いとはいえ、妊娠前から家事の負担は0。
そして案の定出産後もなにもやらない。
出産後の身体を考えて、家事はやらなくてよいにしても育児に関わらないのは許せないと愚痴っていた。
私からしたら、妊娠前に別れろよと思ったが、さすがにそれは口に出せなかった。
次の正月に義実家に集まったんだけど、相変わらず赤ちゃんは義兄が抱き、義兄嫁は金魚の糞のようについて回るだけ。
出産祝いのときと同じように、家事育児は義兄に押し付けていると聞かされた。
義両親は義兄嫁を叱りつつ、陰で義兄に別れろ、義兄嫁は金くい虫だ、親権は取れと言っていた。
この正月のときに、私も旦那も「ん?」と思ったのは、
義兄嫁は赤ちゃんに関わらない事以外は印象が良い事。愛想は良いし、様々な事を進んでやること。
義兄の赤ちゃんの扱いが素人目にもわかるくらいぎこちなかった事。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

009
823: 名無しさん@HOME 2007/09/22(土) 18:14:20 0
トメの家のリビングの壁紙を 
子供用飛行機模様とクマちゃん模様、なんかギザギザとうるさい色、 
原色水玉模様をランダムに張ってきた。 
もちろんトメの承諾は得てない。 

家のカーテンを勝手に変えたお礼ですよ。 
悪気はまったく無くって、心からの善意のお礼なんだから 
「どうもありがとうございます」と言って頭を下げるのが筋なのでは? 
何でも悪意に取るなんて性格の悪い証拠だし、 
綺麗な壁紙張ってもらって文句言うなんて最低、 
大体トメさんの趣味って悪いから私が見繕ってあげたのよ。 
住んでる家は違っても私たちは家族なんだから、そんな事言われるなんて信じられない。 
鍵は夫のをコピーしたの。何が悪いの、私たちは家族なのよ? 
何かあった時に鍵がないと困るでしょう? 

無表情で淡々と言った。 
もちろんコレはカーテンに抗議した時にトメに言われた事人物を変えてそのまま。 
トメは「なんて生意気なの!」と吐きすてる様に言ってたけど知らない。 
ウトも夫も「自業自得だ!」と怒ってた上に私に謝罪してくれた。 
もう鍵も変えたしシラネ。 

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

images (26)
468: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/30(土) 22:28:33.44 0
才能無いし長く書いて詳細に思い出したく無いので三行で。 

私の長女がトメによって川に流される。 
因果応報で台風の時トメが同じ川に流された。 
そのまま三途の川まで見送った。 

後味は悪いけど後悔はして無い。風邪で寝てたら嫌な夢みて思い出しちゃった…。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

36-p1
472: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/08(金) 10:06:07 0
このあいだコトメのうちに呼ばれて行ってきた。
コトメはあまりすきじゃないんだけど、コトメコちゃんがすごくいい子で、
うちの子と仲が良くて遊びたいって言うから。
少し遅れてトメ(いい人)も来て、みんなで昼ごはんでも…という話になってた。
コトメんちについて、トメを待ちながら話したりしてたら、ピンポーンとインターフォンが鳴った。
コトメは急に立ち上がり「トイレ行くからちょっと出といて」都会ってトイレに篭城。
え? と思ったんだけどトメかもしれないし、取りあえず出た
(インターフォンに通話機能がないのでドア開けて出た)。 

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

01
481: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/30(金) 23:08:25 O
ネタ臭い話だが元夫と元義実家にした仕返し。

私の婚前預金を使い込み、勝手に二世帯を建てやがった。
ATMでちまちま○万ずつ預金を下ろし、せっせと義実家に送金してたらしい。
入籍記念に暗証番号を二人して入籍日に変更したのが間違いだった。


で…これが発覚したのが私の誕生日。
自宅マンションを開けると元夫元ウトメ元コトメがクラッカー鳴らしてお出迎え。
一通りお祝いを受けて、鬱陶しくも嬉しくもある私を
サプライズと言って目隠しをして車でどこかへ連れて行った義実家勢。

この記事の続きを読む >