鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:緊張

 (9コメント)

1544

476: おさかなくわえた名無しさん 2015/12/07(月)20:37:34 ID:R0W
先日彼氏を初めて実家に呼び、家族に会わせた。
酔っぱらった彼氏が中学生の妹の胸を揉み、ファーストキスを奪った。
悲鳴をあげる妹を救出し、父が彼氏を殴って追いだした。
当然別れ話をしたが、彼氏がその話をみずから共通の友人に広めた。
ほとんどの人が「別れは当然、彼氏が悪い」と言ってくれたが
「緊張のあまり飲みすぎて、わけがわからないほど酔ってしまった」という彼を擁護して
「酔いすぎたんだからしょうがない」
「あやまちは一度くらい許すのが女の甲斐性」
「謝ってるんだから信じてあげて」
という人が数人いたのがスレタイ。
ちなみに(元)彼氏はトイレに立った妹を追って、人気のない場所で無理やりキスし胸を揉んだ故意犯だ。
そういうのは過ちとは言わないと思う。
むしろそんな男を家に連れて来てしまった私の所業が過ちだった。親と妹に土下座して謝った。
元彼を擁護した元友人と、噂を広めておきながら別れないとわめいてる元彼の神経がわからない。

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

063

533: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/11(月)15:51:52 ID:IcJ
理不尽かも知れないけど、私はどうも車の運転が下手な男性には冷めてしまう。
自分自身はごく普通の腕前だと思ってるので、少なくとも私より下手な人は嫌ってレベルだけど。
ちなみに私は18歳で免許を取って7年、日常的に仕事でも運転しているが
違反事故一切なし、擦ったこともない、ゴールド免許証。

最初にあれ?って思ったのは初デートの時。
駐車場に車を入れるときに彼が入口の発券機からずいぶん離れて車を止めてしまい
運転席から乗り出しても駐車券に手が届かない。
んぐぐぐぐ~~って身体を伸ばしても指先が掠るだけで、仕方なく運転席を降りて取った。
この時点では特に気にならなかった。こんなこともあるよね、ぐらいで。
が、駐車場を出る時に全く同じ状態に。
発券機に近づきすぎて擦ってしまわないか不安ってのは分かる。
にしても離れすぎ。男性の長い腕で届かないなんてどれだけ離れてんのって。
それ以来なんとなく駐車場に入れる時に気になるようになったんだけど
ほぼ毎回同じで、そのたびに少しずつ冷めていた。
が、決定的だったのは彼が「初めて高速に乗るから緊張する~」なんていうから
「変わろうか?」って言ったら「女の高速運転なんてこええよ」って言うんだよ。
私、しょっちゅう走ってるのに。
そのくせ合流地点でほぼ停止して左右見てんのよw
「走りながら合流しなきゃ危ないじゃない」って思わず言っちゃったら
「黙ってろ!」って逆ギレ。
だんだん彼が運転する横に乗ってるのが怖くなった。
そうなったらもうダメでした。別れました。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

141

149: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/13(水) 00:21:17.42 ID:9qCOjObH
バイクが趣味だった元彼。
当時20代半ば。
かなり大きいバイクを乗り回し、自慢気にカスタムがどうとかエンジンがどうとか話していた。
ある真夏日、後ろに乗せてくれるというのでヘルメットを借りて乗った。
私にとっては人生初のバイク、フルフェイスヘルメット、そして真夏日。
緊張とバイクの揺れ、更に暑さで走行中に気持ち悪くなり、必死に彼の背中を叩いて止まってー!!と大声を出した。
しかしなかなか止まってくれず。
数キロ走ってやっとコンビニに寄ってもらい、トイレで吐いた。

ふらふらでコンビニから出ると、彼から
「あのさあ、こっちはツーリングの計画きっちり立ててるんだけど。コンビニ寄ったからもう30分のロス」
「大体さ、俺の運転で酔うわけないだろ?」
「言っとくけど俺と結婚したら絶対大型免許取ってもらうからな。俺は夫婦でツーリング行くのが夢なんだ」
ついていけない…無理…と思いタクシー呼んで帰りました。

この記事の続きを読む >

 (22コメント)

295

592: おさかなくわえた名無しさん 04/10/13 21:46:08 ID:RwfLU2QQ
恋人ではないんだが・・・。
今日告って来た女性。
緊張して上手く言葉が出ないみたいで、それはまあいいんだが、
脇に汗が染みていたのを見てちょっと引いた。
化粧とかもきれいにしてんのにそんなとこには気が回らないのかな~
と思って、この人とはないなと思った。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

lgf01a201311170700

580: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/01(木) 10:47:58 ID:yLV7LIXH
寝ても覚めてもその人のことしか考えられないくらい好きな人だった。
最初のデートでは心臓バクバク。
クールな横顔を見て、更にぽお~~っとなったり。

レストランに入り、食事を始めた。
そしたら、その彼が突如、餓鬼に豹変し、ガツガツモシャモシャがっつきだした。
そりゃあもう、お茶漬けのCMも真っ青なくらいの食べ方。
それを見てたら、
(この人気持ち悪い。。。。)とすう~~っと恋心が氷点下まで下がった。

もちろん二度と会いませんでした。

この記事の続きを読む >