鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:緊張

 (0コメント)

141

149: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/13(水) 00:21:17.42 ID:9qCOjObH
バイクが趣味だった元彼。
当時20代半ば。
かなり大きいバイクを乗り回し、自慢気にカスタムがどうとかエンジンがどうとか話していた。
ある真夏日、後ろに乗せてくれるというのでヘルメットを借りて乗った。
私にとっては人生初のバイク、フルフェイスヘルメット、そして真夏日。
緊張とバイクの揺れ、更に暑さで走行中に気持ち悪くなり、必死に彼の背中を叩いて止まってー!!と大声を出した。
しかしなかなか止まってくれず。
数キロ走ってやっとコンビニに寄ってもらい、トイレで吐いた。

ふらふらでコンビニから出ると、彼から
「あのさあ、こっちはツーリングの計画きっちり立ててるんだけど。コンビニ寄ったからもう30分のロス」
「大体さ、俺の運転で酔うわけないだろ?」
「言っとくけど俺と結婚したら絶対大型免許取ってもらうからな。俺は夫婦でツーリング行くのが夢なんだ」
ついていけない…無理…と思いタクシー呼んで帰りました。

この記事の続きを読む >

 (22コメント)

295

592: おさかなくわえた名無しさん 04/10/13 21:46:08 ID:RwfLU2QQ
恋人ではないんだが・・・。
今日告って来た女性。
緊張して上手く言葉が出ないみたいで、それはまあいいんだが、
脇に汗が染みていたのを見てちょっと引いた。
化粧とかもきれいにしてんのにそんなとこには気が回らないのかな~
と思って、この人とはないなと思った。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

lgf01a201311170700

580: おさかなくわえた名無しさん 2005/12/01(木) 10:47:58 ID:yLV7LIXH
寝ても覚めてもその人のことしか考えられないくらい好きな人だった。
最初のデートでは心臓バクバク。
クールな横顔を見て、更にぽお~~っとなったり。

レストランに入り、食事を始めた。
そしたら、その彼が突如、餓鬼に豹変し、ガツガツモシャモシャがっつきだした。
そりゃあもう、お茶漬けのCMも真っ青なくらいの食べ方。
それを見てたら、
(この人気持ち悪い。。。。)とすう~~っと恋心が氷点下まで下がった。

もちろん二度と会いませんでした。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

410

943: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/04(月) 00:49:53 ID:fEng+EDx
元カレの話。
初めて実家(自分の)へ行き、家族全員緊張した雰囲気の中、
昼ご飯でも、と何故かうどんを皆ですする。彼は家族からの質問には答えるが、自分からは一切話しかけない。緊張してるのかな?
と思い、場を和まそうと当時飼っていたフェレットを見せるが、反応ナシ。
帰り際、飼っていた犬に顔を舐められ、初めてきた人んちの庭に、これでもかという程ツバを吐く。腹は立ったが、
動物苦手?と思い怒りを堪える。
別れ際、気をつかって「緊張してあんま話せなかったみたいだね?大丈夫だった?」ときくと、「俺、おまえの親だからって媚売らないから‥」
‥彼女がどうのっていうより、人として最低限気はつかおうよ。
ちなみに当時カレは30歳の立派な社会人でした。自分はその時別れを決意した。長文スマソ。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

65

406: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/01(日) 22:45:44.73 ID:+r07ZDVW
2年前の梅雨時期のある日のこと。
過去に同じ会社で一緒に働いていた同僚の男性に片想いをしていた。
偶然その人と同じ会社の社員さんに、その人の現在の勤め先(某ドラッグストア)を聞くことができた。
そして何を思ったのか、その日のうちに会いに行こうと決めた。
最寄り駅に着いたはいいが、その日はあいにくの天気で雨足がどんどん悪くなり、
それでも会いたい一心でグーグルマップを見ながら進んでいった。
30分ほど歩いただろうか。途中で道に迷い、いったん引き返してさらにマップを確認。
雨はますます強くなるが、ようやくたどり着く。
一気に緊張感がピークに。でもここでやめたらもう会えなくなるかも...
意を決して店に入る。
入り口近くにいた女性店員に思い切ってその人がいるかどうか聞いた。
「すみません、今ちょうど商談の最中でして...お待ちになりますか?」私「は、はい!」
心臓が飛び出そうなくらいの緊張感が走る。
そして来たのは呼びに行った困惑したような顔の女性店員のみ。
「申し訳ありませんが、今大事な打ち合わせ中ですので、本日はお引き取り願います」
私「...わかりました。では、頑張ってくださいとだけ伝えてください...」
降りしきる雨の中、トボトボ歩きながらふと我に帰る。自分何やってんだろうと。

結局、その人には未だに会えていない。
今でも思い出すたびに恥ずかしさと情けなさと自分の行動のイタさで胸が痛くなる。
たぶん忙しかったのではなくて、会いたくなかったんだろうなって、女性店員の表情でわかった。
もし本人がここを見ていたら、完全に自分が誰なのか特定されると思う。本当にごめんなさい。
そして長文、乱文すみませんでした。

この記事の続きを読む >