鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:絶句

 (2コメント)

0052

255: 名無しさん@HOME 2012/11/12(月) 19:05:39.04 0
流れは読まない

俺小5、妹小3だったと思う。二人で図書館行って、夕方人気のない帰り道あるってた。
図書館でくだらないことでケンカしてて、車道挟んで反対の歩道、俺はやや後方にいた気がする。
すると向こうから見知らぬおっさんが「おーい、妹子ちゃん、妹子ちゃん!!」って叫びながら走り寄ってきた。

誰だ?と思いながらも俺は後ろから傍観。
するとおっさんはハアハアしながら「山田妹子(仮)ちゃんだよね?
大変だ、妹子ちゃん。お兄ちゃんがね、さっき交通事故に遭ったんだ!!」
とかぬかしやがった。
妹絶句。俺も目玉飛び出るかと思った。妹には俺しか兄はいない。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

552

名無しさん@HOME 2014/05/11(日) 13:34:38.67 0
夫婦共働きで子供が一人いました。
結婚していた期間に、夫が色々やらかしてくれましたがついに離婚が決まりました。

先月の夫のカードの支払いが10万を超えました。
夫はいつも、お金がないことを理由にほとんど家にお金を入れてくれず、財布から生活費を盗むような人でした。
そして、何に使ったのかを夫は話してくれませんでした。

先日、夫が仕事が休みの日に、子供を保育園に預けたまま迎えに行かず遊んでいたことで、
堪忍袋の緒が切れて、夫の携帯を見ました。

すると、頻繁に職場の女とメールでやり取りしていました。
内容は、女の恋愛相談にのっていました。しかも夫から積極的に聞いていました。
夫が保護している受信メールを見て、絶句。
その女の誕生日に男女4人でご飯を食べに行き、女のことが実は昔好きだったことを告白した。
それに対して、女が「告白にドキドキした。嬉しかった」と言う。それを保護していたのです。

何が問題かと言うと、その女と私の誕生日が一週間違いで、私の誕生日には何もしてくれなかったこと。
さらに、その女が好きだったという時期は、すでに私と婚約していた時期でした。
そして、夫が私から搾取したお金で、4人分のご飯代を支払い、その女にプレゼントを渡していたこと。
そのせいで、10万を超えるカードの請求が来たのです。

私は夫に携帯を見たことを話し、私が親権をもらって、離婚することになりました。
以上です。

この記事の続きを読む >

 (27コメント)

09

831: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/02(月) 09:27:07.40 ID:SyYIyOBy
大昔のちっちゃい冷め話しですが
彼氏が一緒にお弁当を食べようと買って来てくれた。食べてる最中にお茶を入れに席を立ったら私用のお弁当の海老フライを全部食べていた。一人前のお弁当は量が多いので先に半分彼氏に入れていたのに。
ムカついたので、海老フライ弁当の海老フライがなくなったら何弁当なんだ?何をおかずに食べればいいの?と怒ったら、漬物とサラダが付いてるし弁当買って来たのも弁当代も俺がだした、そんなちっちゃいことで怒るなとか言い出したので冷めた。

後日別れを告げたので焦ったのか、友達におかずをとっただけでフラれそうと相談していた。仲直りさせる為にセッティングされた居酒屋に呼び出されたけど女子は私側で男子は彼氏側。
何が嫌なのか説明しても男子が中々理解してくれない。なので、お寿司を注文して彼氏の前に置いてネタだけ食べてシャリをあげた。漬物とお吸い物あるし食べれるでしょ?男子絶句。天丼でもいいよ?海老の天ぷらだけ全部たべる、ししとうや椎茸があるからいいでしょ?
こういう事なんだけど?
男子達ゴメンなさいしてくれたけど、冷めた気持ちは戻りませんでした。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

100

419: 彼氏いない歴774年 2009/11/21(土) 10:48:15 ID:LWGs0uPw
一階の居間にいたら、二階から凄い音がした。
「何!?泥棒!?」と驚いて、父と兄と一緒に二階に行くと、
私の部屋の本棚(だいぶ古い)が本の重さで崩壊していた。

大量の本が散らかり、普通の本の後ろに隠していたエロ本やBL本がこんにちは。
兄爆笑、父苦笑、私絶句。

さらに、断る私を押し切って、「これ(エロ本)今度貸してくれ!(笑)」とか言いながら片付けを手伝ってきた兄。
死にたい……と思ってたら、無言だった父が
「やっぱり××(私)も母さんの子か……」
と呟いて去っていった。
お、お母さん……?

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

252

260: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/07/30(木) 15:59:42 ID:7d3uP/7H
話切ってすみません。長文なのもすみません。

今日の午前に知らない人から小包が来た。
宛名は旦那宛で送付票の品物を書く欄に
「至急開封」とあったので、
旦那に連絡をしたら開けてみてくれとの事。

開封すると中身は沢山のネガと手紙が1枚。
文頭のあいさつもなく、
「○○チャンと同じアルバムを作って下さい。
8/3必着でお願いします。
お礼は後日です(原文そのまま)」
の、手紙と言うより殴り書きのメモだった。

○○チャンと言うのは主人の姉の事で、
訳分からぬまま連絡をして事態を話すと義姉絶句。
差出人は義姉の友人だった。

続きます。

この記事の続きを読む >