鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:絶句

 (13コメント)

no title

921: おさかなくわえた名無しさん 2014/11/05(水) 15:50:27.14 ID:lwq9hCWC.net
合コンで警察官の男が来ていた 
相手側の女性の一人からの「警官ってモテそうなのに、彼女いないんですか?」の一言から、警察官の恋愛事情が話題になった

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

639

345: おさかなくわえた名無しさん 2015/03/19(木)13:18:53 ID:Nhz
私もずうずうしいんですが、吐き出し

就職して初めてのバレンタインで、職場の人で1人くれくれ言う人がいました
普段あまり顔を合わせない、社長の息子で副社長
いやまさかね、大の大人が~と思っていたら、同姓の先輩がこっそり
「あの人は本気だから、あれ無視すると目に見えて嫌がらせしてくる」
と言われました
今の職場は女性が私含め5人しかおらず、対して男性は50人以上は居ます
ろくに顔も合わせない一人だけに渡すのも少し憚られる環境ですが、かといって全員に渡すなんてとてもじゃないですが出来ません
先輩に聞いたら、皆知ってるから全員に渡さなくていいよと教えてくれました

モヤモヤしながらも、イオンで売っていた1500円少しの義理チョコを持って行ったら、他の人たちはゴディバのチョコだったりと豪勢
絶句しながらも渡すと、「ん~まぁ君は新人だしねぇ」と値踏みさて、よりモヤモヤ
そして先週、ホワイトデーのお返しがあるからと呼び出されました
先輩たちは包みなんだけど、私だけUSB
「なんですか?これ」
「君は乳臭いから、独り立ちできるように僕からのプレゼントだよぉ」(ほんとにだよぉと言った)
中を見ると仕事の詰め合わせでした
先輩たちも手伝ってくれて残業しながら毎日片付けてるけど、ぼそっと、あんたがちゃんとしたもの渡さないから、と言われてよりモヤモヤモヤ
ケチケチした私も悪いかもしれないけど、こんなバレンタイン私は知らない

今は社長の力で会社は黒字だけど、代替わりしたら即潰れるんじゃないかと怖い
不景気だけどなるべく早いうちに次に行ったほうがいいのか、この一週間ほどで本気で悩んでます

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

no title

18: 名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火)23:49:27 ID:qrN
年齢=彼女居ない歴の兄貴が25にして「お盆に一人連れて帰るから」って連絡よこしてきた
オトンもオカンもwktkしながら兄貴迎えたんやが
連れてきたの、女の・・・子?
中学生?高校生?え?隠し子?

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

1211

116: 名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水)10:19:01 ID:C2i
山田さんの話につられて書いてみる。

俺は昔も今も美容院じゃなくて床屋派
だけど大学の頃、洒落ッ気出して一度だけ美容院に行ったんだ。

初めての美容院で緊張する中「ご指名は?」ときかれた。
初なので指名なんかあるわけなく、「誰でもいいです」と答えたら
「ちーっす!」とチャラ男美容師が現れた。

仕方なくそのまま切ってもらうも、どうにもこのチャラ男、ムカつく。
タメ語なのは目をつぶるとして、
トーク中もなんとなく俺を見下した感満載だった。

そしてその失礼なチャラ男は言った。

「お兄さん、はっきり言うよ?近い将来ハゲるよ、残念だけど。結婚するなら早めに頑張りなよ。」

俺、絶句。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

103

245: 名無しさん@HOME 2011/10/08(土) 06:55:37.54 0
昨夜思い出した過去の修羅場をアイサツがわりに

(1/2)
自分が小学校低学年、姉がいて小学校高学年、妹がいて幼稚園児だったころ。

父は公務員だったが子供三人抱えた暮らしで金銭的に苦しく、隠れてバイトをしてた(と後に聞いた)。
そのバイトにはバイクで通っていたようだが、ある日の帰宅時にコケたかなんかして自爆。
当時はケイタイなんぞ庶民の家庭にあるはずもなく、バイクと痛む体を引きずって自宅まで自力で歩いてたどり着いたそうな。
今思えば、ガキじゃあるまいし直接病院行けやとか、近場で電話借りるぐらいできるだろとか(自宅直近には公衆電話もあった)疑問がわくが。

その頃父除く俺一家は呑気にテレビみたりコタツで丸くなったりしてた。
父帰宅で母が出迎えに出る。玄関に向かって姉自分妹「おかえりー」

居間に現れた父が疲労困憊で顔色をなくし、さらに事故で痛々しい赤色に染まった膝を抱えているのを見て
自分らガキは絶句&パニック、母は白い顔をして父に肩を貸してた。

当時、教育方針ゆえか我が家では、子供が親(特に父)に気安く声をかけられるような空気ではなく
この日も「どうしたの?」とか「大丈夫?」とか誰も言い出さず、ひたすら沈黙がそこにあった。

最初に口を開いたのは父。痛む膝抱えて、妻に肩を貸してもらって、自分のこどもにグロ画像ご開帳しに帰ってきた父がなんて言ったと思う?

・バイクで事故った。スゴく痛い。今から病院に行ってくる。
・自分(父)が怪我をしたのは お ま え た ち の せ い だ
(曰く、まじめじゃないから、親の言うことを聞かないから、教えてやった体操をやってないから、神様がry)
・自分が帰ってくるまで体操をしてろ。ずっとしてろ。夜中までやってろ。絶対やってろ。やめたらわかるんだからな、やってろよ。
・痛い、すごく痛い、お前らのせいで痛い(ホントにこう言った)

ちなみに「体操」というのが、『西野流呼吸法』でググると出てくる武道とカルトと健康法のサンコイチみたいな眉唾。
極めると「気のパワーで手を触れずに人をフッ飛ばせる」という極意があるそうな。父はZ戦士にでもなるつもりだったのか。

この記事の続きを読む >