鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:絶句

 (1コメント)

no title

18: 名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火)23:49:27 ID:qrN
年齢=彼女居ない歴の兄貴が25にして「お盆に一人連れて帰るから」って連絡よこしてきた
オトンもオカンもwktkしながら兄貴迎えたんやが
連れてきたの、女の・・・子?
中学生?高校生?え?隠し子?

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

1211

116: 名無しさん@おーぷん 2015/02/18(水)10:19:01 ID:C2i
山田さんの話につられて書いてみる。

俺は昔も今も美容院じゃなくて床屋派
だけど大学の頃、洒落ッ気出して一度だけ美容院に行ったんだ。

初めての美容院で緊張する中「ご指名は?」ときかれた。
初なので指名なんかあるわけなく、「誰でもいいです」と答えたら
「ちーっす!」とチャラ男美容師が現れた。

仕方なくそのまま切ってもらうも、どうにもこのチャラ男、ムカつく。
タメ語なのは目をつぶるとして、
トーク中もなんとなく俺を見下した感満載だった。

そしてその失礼なチャラ男は言った。

「お兄さん、はっきり言うよ?近い将来ハゲるよ、残念だけど。結婚するなら早めに頑張りなよ。」

俺、絶句。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

103

245: 名無しさん@HOME 2011/10/08(土) 06:55:37.54 0
昨夜思い出した過去の修羅場をアイサツがわりに

(1/2)
自分が小学校低学年、姉がいて小学校高学年、妹がいて幼稚園児だったころ。

父は公務員だったが子供三人抱えた暮らしで金銭的に苦しく、隠れてバイトをしてた(と後に聞いた)。
そのバイトにはバイクで通っていたようだが、ある日の帰宅時にコケたかなんかして自爆。
当時はケイタイなんぞ庶民の家庭にあるはずもなく、バイクと痛む体を引きずって自宅まで自力で歩いてたどり着いたそうな。
今思えば、ガキじゃあるまいし直接病院行けやとか、近場で電話借りるぐらいできるだろとか(自宅直近には公衆電話もあった)疑問がわくが。

その頃父除く俺一家は呑気にテレビみたりコタツで丸くなったりしてた。
父帰宅で母が出迎えに出る。玄関に向かって姉自分妹「おかえりー」

居間に現れた父が疲労困憊で顔色をなくし、さらに事故で痛々しい赤色に染まった膝を抱えているのを見て
自分らガキは絶句&パニック、母は白い顔をして父に肩を貸してた。

当時、教育方針ゆえか我が家では、子供が親(特に父)に気安く声をかけられるような空気ではなく
この日も「どうしたの?」とか「大丈夫?」とか誰も言い出さず、ひたすら沈黙がそこにあった。

最初に口を開いたのは父。痛む膝抱えて、妻に肩を貸してもらって、自分のこどもにグロ画像ご開帳しに帰ってきた父がなんて言ったと思う?

・バイクで事故った。スゴく痛い。今から病院に行ってくる。
・自分(父)が怪我をしたのは お ま え た ち の せ い だ
(曰く、まじめじゃないから、親の言うことを聞かないから、教えてやった体操をやってないから、神様がry)
・自分が帰ってくるまで体操をしてろ。ずっとしてろ。夜中までやってろ。絶対やってろ。やめたらわかるんだからな、やってろよ。
・痛い、すごく痛い、お前らのせいで痛い(ホントにこう言った)

ちなみに「体操」というのが、『西野流呼吸法』でググると出てくる武道とカルトと健康法のサンコイチみたいな眉唾。
極めると「気のパワーで手を触れずに人をフッ飛ばせる」という極意があるそうな。父はZ戦士にでもなるつもりだったのか。

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

5551

83: 名無しの心子知らず 2010/08/12(木) 16:21:36 ID:kO26mV6j

数年前の夏、海沿いにある夫実家に帰省したときのこと。
義実家家族と海岸を散歩してたら潮干狩りしてる親子がいた。
収穫拝見させてもらった瞬間「え?これ…」と皆絶句。
バケツの中にぎっしり詰まったアサリ、その中に食べられるサイズはあまりなく、
せいぜいが小型の蜆サイズ、それもわずかで、ミリ単位の大きさのがほとんど。
身なんてそれこそ1ミリあるかないかだろうし、ダシでも取るつもり…?
その夫婦は「なんか文句あるの?」と鼻息荒くしてたんだけど、
こんなの持ってったってほとんどが生ゴミになるだけじゃん…。
そこの沿岸の人は漁業権を放棄してて素人の採集を注意はできないらしいんだけど、
来年のために小さい貝は採らない、という考えがない欲深親子のせいかどうかは知らないが
その海岸からはアサリの姿はぱったり消えた。
過疎の村なので大体が知り合い、らしいんだけど、義父に聞いたら「知らん人だ。町からきたんだろうか?」との事。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

252

260: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/07/30(木) 15:59:42 ID:7d3uP/7H
話切ってすみません。長文なのもすみません。

今日の午前に知らない人から小包が来た。
宛名は旦那宛で送付票の品物を書く欄に
「至急開封」とあったので、
旦那に連絡をしたら開けてみてくれとの事。

開封すると中身は沢山のネガと手紙が1枚。
文頭のあいさつもなく、
「○○チャンと同じアルバムを作って下さい。
8/3必着でお願いします。
お礼は後日です(原文そのまま)」
の、手紙と言うより殴り書きのメモだった。

○○チャンと言うのは主人の姉の事で、
訳分からぬまま連絡をして事態を話すと義姉絶句。
差出人は義姉の友人だった。

続きます。

この記事の続きを読む >