鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:紹介

 (6コメント)

ダウンロード (9)

168: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/07(水) 20:38:26.34 0
娘が23歳の時に結婚したい人がいるから会ってほしいと言われ、ついにこの日が来たか!と主人と嬉し悲しで想い出語りをし、快く暖かく迎えようとその日を待った。

当日、娘が連れて来たのは娘の中1の時の担任だった。
私も旦那も心の中が超修羅場。

てっきり同世代の若い青年が来ると思ってた。
旦那も娘の彼氏と「若いけどしっかりした青年じゃないか!娘を頼むよ!」なんて言いながら酒を酌み交わしたかったらしいが連れて来たのは、私たちと同世代の中学教師。

いつから付き合ってたのか、とか、まさか中学の頃からそんな関係だったとか、まさかロリコンとか、色々グルグル巡って何も聞けないまま顔合わせは終わった。

娘にいつから付き合ってたの?と聞くと「うーん、ちゃんとこの日から付き合ったとかって感じじゃないの。中学卒業してからもずっと交流があって大学の時に卒業したら結婚しようって言われてた」って。

娘が幸せになるならいいはずなんだけど、中学生に手出してたか定かではないし、娘もなんか濁した気がして素直に喜べなかった。

時を同じくして上戸彩とヒロが結婚した。
上戸彩が14歳の頃のダンスの先生がヒロだとかで、未だにヒロを見ると嫌悪感があるのは、やっぱり娘の結婚を素直に喜べてないんだろうな。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (2)

979: おさかなくわえた名無しさん 2017/02/11(土) 19:26:24.14 0
10年位前の話。
地方から都会の大学に入って彼が出来て
実家に連れてって紹介したら
彼は義母の実子だった。

私が両親に彼の名前とか伝えてたら
こんな修羅場にならなかったのに、と
後悔しまくってます。

私は父の連れ子で、不倫略奪婚だったらしいし…色々人生観が変わりました。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

ダウンロード (3)

966: おさかなくわえた名無しさん 2018/08/27(月) 22:40:42.48 0
自分33歳、旦那34歳、息子4歳の3人暮らし
義弟29歳実家住まい会社員

義弟が昨日の昼に「結婚しようと思う」と彼女を親に紹介したんだけど夕方旦那に「相談がある」
と連絡してから彼女さん連れてうちに来た
彼女さんは25歳のベトナム人でスタイル抜群な超絶美人、義弟の会社の技能実習生で日本語ペラペラ

何でもトメ&ウトメの彼女さんに対する態度が酷かったらしく
「あんな人間だと思わなかった、親子の縁切って家も出る、兄貴とお姉さんには悪いけど家の事頼む」って言ってきた
温厚な義弟が見た事ないくらいいきり立ってたので旦那と私とで落ち着かせて
「まぁもう少し話し合ってみようよ」と旦那が説得しても
「ダメだあいつ等、あんなのが親だと思うとこっちが恥ずかしい」
「○○(彼女さん)ホントごめんな、もうあんなとこ連れて行かないから」てな感じ

これからしばらく修羅場の予感しかしない…

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

561

131: おさかなくわえた名無しさん 2008/11/19(水) 21:16:23 ID:SlJyJm6i
メガネをかけた男性が好きな時期があって、メガネをかけた人と付き合った。
家族に紹介するから、と連れていかれた家は、
祖母・父・母・兄・妹
みなメガネだった。



冷めた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

212

79: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/06(火) 18:26:09.46 ID:d5KOVt850
長文失礼します。
前に、私の親友に彼氏を紹介しました。
すると気が合ったみたいで、二人で遊びたいと言い出しました。
少しは嫉妬もしましたが、親友も彼氏も信用していて、好きな人同士が仲良くしてくれるのは嬉しかったのでokしました。
何度か二人で遊んでいましたが、遊ぶ日も内容も私に連絡してくれていましたし、疑うことはありませんでした。
そして、私がその親友と大喧嘩し一切連絡を取らなくなりました。
それでも彼は親友と遊ぶと言います。と言うより、遊んできた、と事後報告でした。
さすがに辞めてくれといい、彼も了承しました。
それからしばらくして、親友と仲直りしました。
すると、最近彼氏くんと遊んだよ、と言います。しかも、私が辞めてくれと言った後だと。
彼に確認すると、親友が、遊んでくれたら私と仲直りする、と言うから遊んだと言いました。
親友に確認するとそんな事は言ってない、と言うのです。
彼と親友、どちらを信用したらいいのか分かりません。
どちらも嘘をいっているようには思えないのです。どうしたらいいのでしょうか。

この記事の続きを読む >