鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:笑顔

 (9コメント)

ダウンロード (5)

437: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/08(火)20:45:55 ID:OoL
兄が結婚したお嫁さんのお母さんがすごい人だった。
両実家の距離が元々近くて、兄夫婦もその中間くらいのところに新居を借りて住んでる。
こないだの夏休みにあちらの実家から、一度こちらにも兄実家の皆さんで遊びに来てーと言われて行ったんだけど、買い物の仕方がすごかった。

夕方お暇する前に、夕飯を食べていってね、と言ってくれたので、
自分含む女性陣(私と母と、お嫁さんとお姑さん)で新しくできたという大型スーパーに買い物に行った。

お姑さん得意のアジのフライを作るということで鮮魚コーナーに寄ったんだけど、
アジがいっぱい入ったパックを吟味したお姑さんが店員さんに調理をお願いした。
無料で腸抜きとか三枚とかにしてくれるあのサービスね。

少しして店員さんがフライ用に頭を落としてスライスしてくれたのを持ってきてくれたんだけど、
それを見たお姑さんが一言
「フライでお願いしたんだけれど?」と言い出した。

その場にいた全員が?状態でフリーズしてたら、
店員さんが「はい、フライ用に処理しましたが・・・」と口を開いたんだけど、
次のお姑さんの発言にビックリ。
「ですから、アジフライをお願いしたのよ?これは生でしょ?揚げてくださらない?」
と言ったことで、あー、そういうことか!と把握。

どうやら生魚から完成品を作れという要求だったらしいんだけど、
当然お店も「申し訳ありませんがそれは致しかねます」という返事、当たり前だね。

でもお姑さんは引かずに「だって書いてあるじゃない」と『調理承ります』のパネルを指差して再度要求。
そこからお姑さんと店員さんが
「この調理というのはお料理用の下ごしらえのことでして・・・」
「ならどうして調理って書いてあるの?作ってくださると勘違いするじゃない」
「アジフライでしたら揚げ物コーナーにございますので、そちらで・・・」
「そういう話をしているのではないの!」
とやりだした。

それを見かねたお嫁さんがパックを受け取って店員さんにお礼を言って、
引きずるようにお姑さんを鮮魚コーナーから引っ張っていった。

スレタイはその後先方実家に戻ってからのお姑さんの発言。
やらかした内容をお嫁さんから叱られたお姑さんが、
「そんなに怒らないで、意味くらいお母さんだって分かってるわよー。でも新しいお店はああやって一度言っておけば、これから使うときに色々便宜を計ってくれることもあるから、試しただけなのー」
と笑顔で言い放った。

帰りの車中で両親と「すごい人だったね、、」と話したけど、
私からは遠いとはいえ、親族にお姑さんみたいな人が増えたことにプチショック。
お嫁さんはしっかりした人だから大丈夫だと思うけど、
今後の兄が少し心配になったという独女アラサーの個人的衝撃体験。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

141

648: おさかなくわえた名無しさん 2018/12/07(金) 14:11:53.31 ID:569Luexn
たいした事じゃ無いかも
でも書く!

配送の仕事してるんだけど
昨日、独身の40代位の男性に配送した。

ピンポンしてドアが開いた瞬間から
今まで生きてきて嗅いだこと無い程の悪臭が漂った。もう、獣臭でもわきがでも無い、何かが腐った臭いでも無いがとにかく臭い。必死に鼻息を止め、ひたすら笑顔の対応をつとめ、ドアから離れられた瞬間は、ほっとした。
誰にも言えないけど、誰かに聞いてほしかった。

もう二度とあの家に行きたくない。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

32

127: おさかなくわえた名無しさん 2018/11/24(土) 00:28:47.27 ID:xRAMuY3r
10代後半くらいに知り合って関わりがあった人を二十代に入ってから好きになった。両想いにもなれた。
先日親と、子どもの頃あの人とあんなことがあったね~みたいに話してて、言われて思い出したこと。

彼と会う機会があって、来る途中にトンボがたくさんいたという話になった。昔、近道をするとトンボが山のようにいて車では避けきれないから通らなくなったことがあったとか話した。
その次に会った時、彼は今日はいいものを見せてあげると言って手から隠してたトンボを見せた。
まだ小さい綺麗な赤とんぼだけど逃げ出したそうだったし、虫は苦手だから触ろうとは思えなかった。
そしたら彼が、嫌い?と聞いてきて、得意じゃないと言うと、なんてとんでもないことをしてしまったんだろう!みたいな顔をして、そっか、と言ってトンボの羽を両手で持って左右に引っ張り、体ごと引き裂いた。
そしてそのままゴミ箱に捨てた。私はパニクってトンボ大丈夫?って聞いて、彼は虫だからね、もう大丈夫だよって笑った。

なんで忘れてたんだろう。私が嫌いだと聞いてパニクって引き裂いてしまったなら自分でもびっくりしたり、罪悪感とかあるよね。
なにがしたかったのかもわからないけど、たまにペンを突き立ててみたと思った次の瞬間に笑顔だったりする人だから、きっとおかしいんだろうな。
トンボが可哀想だ。ごめんね。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

4ccd7aa5-s

161: おさかなくわえた名無しさん 2016/06/17(金)22:12:38 ID:cmu
彼女が悪いわけじゃないから理不尽冷めかもしれないけど…

外で一緒に弁当を食べてる時に彼女のお茶にデカイ蠅が落ちた。
あ、蠅…と言いかけた瞬間、彼女が箸でその蠅をつまんでポイと捨て
お茶を普通にクイッと飲み干した。

そして何事もなかったように笑顔で食事とお喋りを再開したのを見て
オカンのようなたくましさに冷めた。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ダウンロード (2)

839: おさかなくわえた名無しさん 2016/05/26(木) 16:11:14.47 ID:kXK+KKC5
かなり年上の元彼氏にクリスマスに3万円近いものを要求されたので、
じゃあ私は2万円するかしないかくらいのバッグがほしい、って言っておいた
当日、ちゃんと言ったものが用意されていたけど、渡される時に「飽きたら売っちゃっていいからw」っていい男?風の冗談を言われてドン引き、ものすごい早さで冷めた
表面上は笑顔で「ありがと、そんなことないよ、ずっと大事にするよ」とは返したんだけど、
心の中では(こんな安いバッグ売ってもたいした額にならねえよ…調子に乗るなよ気持ち悪いな…)とか思ってしまって止まらなかった
そのあとすぐに他の問題も発生したのでお別れして、そのバッグはすぐ燃えるゴミで捨ててしまった

この記事の続きを読む >