鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:立ち合い

 (3コメント)

362

287: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/30(土)07:59:53 ID:4ky
昨夜陣痛来たから旦那に上の子達を預けて立ち会い無しでの朝方第3子出産でした
午前中上の子を連れて見舞いに来てくれた旦那が産まれた赤ちゃんを見ながらニコニコと「子供は全部で何人欲しい?」って聞いて来た時は本当にぶん殴ってやろうかと思った
腰も尻も痛いし陣痛中「もう嫌だ、痛い、怖い、」て泣きながら痛みに耐えたり、中々出て来てくれなくて吸引器で吸って貰ってやっと微かな産声上げた時「良かった…」って思った事とか
何より当日その発言出来る無神経さに心底イラっとした

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

362

287: おさかなくわえた名無しさん 2017/12/30(土)07:59:53 ID:4ky
昨夜陣痛来たから旦那に上の子達を預けて立ち会い無しでの朝方第3子出産でした
午前中上の子を連れて見舞いに来てくれた旦那が産まれた赤ちゃんを見ながらニコニコと「子供は全部で何人欲しい?」って聞いて来た時は本当にぶん殴ってやろうかと思った
腰も尻も痛いし陣痛中「もう嫌だ、痛い、怖い、」て泣きながら痛みに耐えたり、中々出て来てくれなくて吸引器で吸って貰ってやっと微かな産声上げた時「良かった…」って思った事とか
何より当日その発言出来る無神経さに心底イラっとした

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

20161222111135
109: 名無しの心子知らず 2013/02/22(金) 20:24:57.28 ID:cyzVDQKF
誘発入院することになったことを旦那からトメさんに連絡したら私に電話がきた。
「入院の日は私も一緒について行った方がいいわよね?」と言うので丁寧にお断りした。「でも何かの役には立つと思うの」と言われるも、何時間かかるかわからないからと断った。
初孫フィーバーしてるので旦那が警戒して前もって「陣痛室も分娩室も夫以外は立ち会えないから産まれたら連絡するね」と伝えていたはずなのに、でもいよいよ陣痛来たら教えて!駆けつけるわ~と…
結局電話を切るまで四回「私がいれば何かの役には立てるから」を繰り返してた。
普段いいトメさんだと思うんだけど、これだけ断ってるのになんで察することができないんだろう?そんなに立ち会いたいのかね?!

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

2015-08-27-03_00
771: 本当にあった怖い名無し 2011/07/19(火) 14:39:00.37 ID:pmp7EphnO
友人のやった復讐。許可でたので書きます。結構DQNです。

友人は立ち会い出産をしました。
・妊娠中、出産が怖いという友人に「みんな産んでるんだから」と不安な気持ちを聞いてくれない。
・破水し旦那に連絡をすると旦那は飲み会中。「20分でいくから先に病院行ってて」といわれ友人は一人で病院へ。
・陣痛に耐えながら旦那を待つこと3時間。やっときた旦那は泥酔。酒臭い。
・陣痛が長くがんばっている友人に向かって「まだかかるでしょ?ひまだからブック●フいっていい?」
・また2時間帰ってこない。
・無事出産を終えた瞬間赤ちゃんをみてねぎらいの言葉すらなく「うわ、キモ!グロ!」


それから五年。そんな友人旦那に友人がした復讐。
友人旦那が入院し手術することに。
成功率のかなり高い手術だが、やっぱり気弱になる友人旦那に「手術くらいみんなするんだから」と言って不安な気持ちは一切聞かない。
いざ手術の日。旦那の元に酔っ払ったフリして登場。旦那激怒。
手術室に運ばれるストレッチャー?の上に寝ている旦那に向かって

「時間かかるでしょ?子供と遊園地行ってくるわw」

といって颯爽と退室。旦那が泣き叫ぶ声を背中に聞いて遊園地へ。
手術後旦那に離婚を切り出されたらしく華麗に離婚用紙に記入。その日のうちに区役所に出して来たそうです。
友人曰く、手術すると言ったときの旦那の様子が出産時の自分にかぶって思えた。
あの時は動転してなあなあになったけど思い返したらどうしても許せなかった。
私と同じ事をされてきちんと謝ってくれれば許したけど、最後のチャンスも棒にふったから離婚した。と言っていました。

ちなみに友人夫婦は友人父名義の家に住み、友人旦那は友人父の会社の社員。
離婚時に会社もクビ(使えなかったけど友人の夫ということで雇ってもらっていたらしい)
国産高級車も友人父名義。ちなみに結婚式、新婚旅行も友人実家もち。

逆玉の輿だった友人旦那。職も家も自慢の車もなくして病気かかえてどうするのかね。
一応出産後の五年間は夫婦仲も悪くはなかった。でも心の蟠りがずっと残ってたんだろうね。相手にされていやな事は絶対してはいけない典型的な話だと思う。

この記事の続きを読む >