鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:禁止

 (3コメント)

63

970: 名無しさん@HOME 2015/12/07(月) 22:00:31.33 0
私が小学生低学年の頃の話です。

私の父は、子供嫌いで腹が立つと怒鳴りつけたり叩いたりする人で当時は恐れの対象でした。
母は、天然というか楽天的な人間であまり人の気持ちが分からない人でした。
また、世の中のあらゆる悪影響を及ぼす物を憎んでいて、娯楽番組やゲーム、甘いお菓子やジュースは基本的に禁止された生活でした。

父と母は紅葉を見に行くのが好きで、その時も秋の山へ車で出掛けていました。
道の駅で休憩してる時、1人一本、好きな飲み物を自販機で買っていいよ、と、お金を渡されました。
滅多に飲めないジュース。100%の果実ジュースじゃなくて炭酸とかでもいい!!
好きなジュースを買えることで私のテンションはMAXでした。めちゃはしゃいでました。

そして、自分のお金を落としてしまいました。

探しても見つからず、恐る恐る父に報告すると、怒鳴りつけられてしまいました。
そして、ドブの中を探すよう命じられて金属の柵みたいな蓋を持ち上げる様に言われました。

ドブの中には、クモの巣に絡まって死んでいる大きな蛾が沢山いました。

私は、何故か小さい頃から蛾が恐くてたまりません。死骸も、写真も挿絵もダメです。
何が恐いのか説明は出来ないのだけど、とにかくこの世で一番恐いものは蛾です。

この記事の続きを読む >

 (11コメント)

ダウンロード (14)

128: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/14(水) 00:11:26.25 ID:I/pfyMG7
ペット禁止のアパートに住んでいるんだけど、住人の誰かが廊下に餌皿を置いている
私も猫は大好きだし、実家でも飼っているけど、野良猫が廊下に糞尿してそのままにされている。
住人全員が猫好きな訳じゃないだろうし、猫好きでも廊下が汚されるのは気分が悪い。
餌付けした人間がトイレの躾をするか、責任持って掃除をすれば問題ないのだが
餌だけは毎日やって、あとは放置してしまっている。
管理人に連絡が行くと、多分保健所コースなので、気が気じゃなかった。
彼氏に、その話をすると「じゃあ、これ砕いて餌に混ぜれば?」とサプリメントを持ってきた。
「2・3日で猫はいなくなるからwww」とニヤニヤ。
聞くと、人間には無害だが猫には有害な成分と言うことだった。

私にはいつも優しくて、頭も良いし、話題も豊富ですごく好きだったけど
それ以来「この人、今は笑っているけど心の中では何を考えているんだろう?」とか
「殺人の前兆として、小動物への虐待が多いっていうし・・・・」「もしかしたらDV男かも」
等と考えるようになってしまい。10日ほどで別れた。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

0526

503: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/23(日) 17:21:18.46 ID:1/7lJmbD
高2の時、修学旅行にでっかい電気鼠のぬいぐるみを持ってきた女子がいたこと。

大きい荷物は事前に送ってたし、当日は動きやすさ重視でスカート・ハンドバッグすら禁止されてたのに彼女の出で立ちは
でかいリュック(電気鼠以外のぬいぐるみ満載)+肩から明らかに携帯用ではないラジオを引き下げ+電気鼠以外のぬいぐるみが詰め込まれたエコバッグ+パーカーのポケットにDS&亀のぬいぐるみ、そして一抱えもする電気鼠。
何が衝撃的って電気鼠の持ち込みを担任が許可していたこと。
「これがないと眠れないんです!」って実物見せたらOKくれたとかアホかとバカかと…

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

148

227: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)11:55:23 ID:co2
本当に分からないんだけど、スーパーにあるカートに間違った形で子どもを乗せてる親って何考えてんの?
俺去年からスーパーで社員として働いているんだけど、カゴを置くべき所に幼児を靴を履かせたまま乗せたりカゴ乗せる部分と車輪の間の同じくカゴを置ける部分に潜り込んだりしてる子どもが目に付く。
少なくとも職場では明確に禁止されてはいない。が、禁止でない=OKではないでしょ?
この手の書き込みをすると大抵「子どもが出来ればわかる」みたいなこと書かれるけど、子どもが大人の思うとおりに行かない事位わかるよ。でもそこを躾たりするのが親の役目なんじゃねぇの?
子ども全てがそんなんだったら「子どもとはそういう生き物」って諦めもつくけど、ルールを守ってる子も当然ながら一定数いるわけさ。だから余計にわからん部分が出てくるのよ。
一応書いておくけど、子どもの性別年齢人数が関係無いのも理解してる。
乳児込みの3人でも大人しい子はいるし、両親以外に祖父母がいて子ども1人でもダメなのはダメだし。
途中からカート関係無くなってるけど、神経疑ってることには変わりない。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

268

86: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/10(火) 10:33:34.16 ID:HiawfvrL
武勇伝とはちょっと違ってたらごめん。
もう30年ぐらい昔の高校生の時、うちの学校に病的にヒステリックな家庭科の先生がいた。
由来は知らないけど先輩から代々伝わるダイモスという渾名で呼ばれていたので
以下ダイモスとする。
入学して半年ぐらい経った頃に、校内の廊下を歩いていたら「ちょっとあなた来なさい!」と
すごい剣幕のダイモスに生徒指導室に連れていかれた。
気が小さかった私は先生に目をつけられないように校則はしっかり守っていたから心当たりはなくて、
ダイモスが何を怒っているのか全く分からなかった。
部屋に入ると、指示棒をニュッと伸ばして、先っぽで私のアゴのあたりをツンツンしながら
「あなた!色付きのリップ(クリーム)は禁止されてるでしょ!」と怒鳴られた。
「はい・・・」と答えると
「校則違反と分かっててやるのは最低なことよ!!」とヒートアップ。
「いえ・・・普通の薬用キャンパスリップ(ロート製薬のやつね)なんですけど・・・」と答えた。
事実、色付きリップは塗ってない。
私は唇の色素が濃いので確かに間違われやすいけど・・・と説明する間もなく
「うそおっしゃい!」と、引き出しからポケットティッシュを取り出して私の唇をゴシゴシ拭き始めた。
窓拭きかよってぐらいゴシゴシされて唇が切れて血が出ただけだった。
唇痛いし、先生怖いし、何も悪くないのに怒鳴られるし、で私涙目。
「あら・・・?あらまぁ・・・あら?」と急にヒートダウンする先生。
それだけだったらまだ良かったんだけど、ダイモスのやつ謝りもせずに
今度は私の頭をジッと見つめ、見つけた!と言わんばかりに私の髪の毛をグワシッ!と掴み
ぶるんぶるん振り回しながら「この髪はなに!?我が校は パ ー マ 禁 止 で し ょ !!」
と再ヒートアップ。

この記事の続きを読む >