鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:祖父

 (3コメント)

26

135: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/24(火)21:42:52 ID:CJb
母のことで相談です。
昨年末、祖父が入院→手術→残念ながら亡くなったのですが、祖父が入院したと聞いて、早く病院に行こうと母に言うと「んー…まあゆっくりでいいんじゃない?」との返事。
祖父と同居している伯父夫婦と従姉から何度も電話があり、母に行こうと言うのに「なんか頭痛いから今日は無理」となにかと理由をつけて行きたがらないので私と父だけで見舞いに行きました。
祖母は「お父さんが弱ってる姿見たくないのかしら…現実を受け止められないのかもしれないわね」と言ってましたが
伯父は「でも、娘なら会いにくるべきだろ!入院時のサポートもするつもりないのか!」と怒っていました。
手術の日も、付き添いが必要なのに母は結局行かず(私は大学、父は仕事)しかも行かなかったことを従姉に言われて知りました。
母に何故行かなかった聞くと「え、今日だっけ?」の返事。母の携帯には伯父からの着信が鬼のようにあり、でも母の友達とのラインは開いてるので気づかなかったのは多分嘘。
そして祖父がもうダメかもしれないと言う時にようやく病院に行き「お父さんやだああ」と誰よりも号泣
お葬式は祖父の亡くなった事実が認められないと言って途中で倒れ(倒れたふり?)式中に外に出て親戚の方に慰められていました。

その後、祖父が亡くなったことで、祖母が軽く認知症になり始め、元々足が悪かったのもあり介護が始まりました。
早い段階で伯父からヘルプ要請が母のところに来て、父と私で母に介護を手伝うように説得し、母は「そうだね!行かなきゃ!」と言って介護を手伝いに行き、その日は「今日は本当にクタクタだから先に寝るね」と言って寝てしまいました。
ですが、従姉から電話があり、母は来ただけでずっとテレビを見て笑っており、伯母がトイレ介助を手伝って欲しいと言うのに「やり方わかんない。怖い」と言って断っていたようでしたorz
母は伯父に叱られたようでそれから「もう行かない」と言って塞ぎ込んでしまいました。
私と父が何度か会いに行っては、手伝えることを手伝っていますが、母は一向に手伝いません。
伯父も父も「あいつ(母)は介護を手伝いにきても、邪魔になるだけだから来なくて良いが、どうにかならないのか」と言っており
従姉からは「お母さんは介護の為に仕事を辞めた、なんで実の親じゃないのにお母さんが動き回らないといけないの?!」と言われます。
今日も母はテレビを見ながらギャハハと笑っていて、私が祖母の話をすると、そそくさと自室へとこもってしまいます。
母になんとか祖母と向き合って介護に参加させる方法はないのでしょうか?
伯母も伯父も半年前とは別人のように痩せてしまい、心配です…

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

411

178: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/31(木)12:50:13 ID:Stt
最近祖父が一日中「馬鹿」「くそが」ってぶつぶつ言っててすごい耳障り
食事中でも咀嚼の途中に「馬鹿」って言いながら食べてるからちょっと怖い
頭おかしくなりそう

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

thYPMFC4X1

551: おさかなくわえた名無しさん 04/10/11 23:46:38 ID:fq3JZxKY
数年前、祖父がガンで亡くなった。
ガンが見つかった時にはもう末期。「もって3ヶ月だって」って
親から電話が来て、身内の死に合うのが初めてだった私は大ショック。
電話が来た次の日に彼氏の家に行った時にも、私は弾丸のようにガンの話、祖父の話。
彼氏もいきなりそんなヘヴィな話をおっぱじめる(そして止まらない)
私に引いたんだと思う。正直すまんかった。

けどいきなり
「ジジイが死にそうだから何だってゴルア!?」
って逆ギレされた日には、悪いとは思ったけど冷めた。

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

522

17: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/12(金)19:33:29 ID:E2AexgnVG
VIPから教えられて、此処に来ました。
ただ、コピーするだけですが……。

今日の朝あったはなし。

祖父は車椅子だが庭の花や植木を見たいと、朝方から外に出ていた。
恐らくは、近くの川に散歩しに向かう”犬を見る”と言うのが目的だったと思う。

そんな中で二匹の犬を連れた、30歳前半ぐらいだろうジャージ姿の奥様がやってきた。
祖父の好きなキャバリアだっただけに、祖父は直に手を伸ばし犬を呼んだ。
犬は喜んだような顔で祖父の元へ、もう一匹は奥様の後ろへ隠れた。

オレ「すみませんねー」
奥様「いえいえ、老人に犬を見せるのが、動物を飼っている飼い主の役目ですからー^^」
オレ「ちょ、ちょっと……」
奥様「大丈夫ですよー、老人には聞こえませんって^^」

オレはここら辺で不愉快と言うか、なんか単純に「嫌な奴」と言う印象を抱いた。

祖父はそれが聞こえてるのか分からないが、近寄ってきた犬を撫でてご満悦な様子。
犬の方も祖父に身体をまかせるなど、かなり人懐こい犬だった。

奥様「まー、この犬がそんなに人に懐くだなんてー」
まるでローラのように口に手を当てて「( ゚д゚ )マー」と白々しいリアクションを見せる奥様。
流石に祖父も「え?」って感じで奥様を見た。

奥様「この子は元々引き取った犬なんですよ。それも”動物虐待”していた飼い主から。
 群馬にもの凄く悪いブリーダーがいてですね、
 20匹ぐらいの死体の山の中から生きていたのは、5匹。その中の二匹なんですよー

 あっ、だからこの子(隠れたキャバリア)、こうやって怯えてしまってるんですよね……。
 今はそうやって、その子も元気にしているけど我が家に来た時は……そりゃね……。
 怖がって小屋から全く出て来なくて、大変でしたよー……

 でも、そうやって人に懐いている姿を見ると、ああーよかった。って思えます」

そう言う話をしている中、四六時中ニッコニコ、ニコニコ、と。

祖父「そうなのですかー」
そっけなく返事を返し、犬へ「よしよしよし^^」と撫でる。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

a17a44adcef67b56a45d68a99b74a96efc9119091419088456
12: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/31(土) 21:19:20.84 0
なんか重複してるみたいだけど、こっちの方がスレ立て時間早いし、こっちに書く。
k国の話題注意

父方の祖父が帰化朝鮮人だったと知った時が修羅場。
父方の祖母は純日本人だって。 

この記事の続きを読む >