鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:祖父

 (2コメント)

a17a44adcef67b56a45d68a99b74a96efc9119091419088456
12: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/31(土) 21:19:20.84 0
なんか重複してるみたいだけど、こっちの方がスレ立て時間早いし、こっちに書く。
k国の話題注意

父方の祖父が帰化朝鮮人だったと知った時が修羅場。
父方の祖母は純日本人だって。 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

0521

183: おさかなくわえた名無しさん 2017/06/15(木)12:38:17 ID:RbD
旦那と子供の名付けで揉めてるんだけど落とし所が見当たらない。

旦那の希望してる名前が正人(まさと)。
希望というか「これじゃなきゃダメ!!」って雰囲気。
この名前っていうのが昨年亡くなった旦那祖父の名前なんだ。
旦那祖父はまさに名前の通りな人で、常に正しく生きてきたとても立派な人。私も生前はすごくお世話になった。
旦那は、子供も旦那祖父のような正しく立派な人物になってほしいという思いからその名前をつけたがってる。
私としては名前というのは個人個人を識別するためのの名称という思いが強くて、その人がどれほど立派な人物であっても同じ名前をつけるということに違和感を感じてしまう。
正人はあくまでも旦那祖父の名前であって我が子の名前という感じには思えない。
なので私の思いを旦那に伝えて、「だからおじいちゃんから1字もらうのはどう?」と提案。
けど旦那は断固拒否。「じーちゃんの名前がつけたい!」と。
「ならば漢字は正人で読みをまさひとって変えるのは?」と改めて提案してもそれすら拒否。
「だからじーちゃんの名前がつけたいっつってんじゃん。」と。
挙句には勝手に旦那祖母に「子供にじーちゃんの名前をつけたいと思ってる。」と伝え、孫からのその報告に大感動の旦那祖母は会う度にお腹をさすりながら「まさとちゃん、まさとちゃん。」と呼ぶ。
もう私が折れるしかないのかな。
でも旦那の「ここまですればなし崩し的に名前決定出来るわw」みたいな顔に腹が立つし…。
あー今晩も話し合えない話し合いをするしかないか…。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

1036_1
178: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/16(金) 12:38:11.69 ID:Z55MNauW
凄くじゃなく、ちょっとだけ衝撃的だった話

祖父がとある有名(らしい)特撮番組の特撮技術担当で、TVのエンディングで時々名前が載る事は有ったが
名前で検索してもせいぜい1作品ぐらいしか出てこないぐらいの微妙な人だった
祖父が仕事をしていた頃は、役者だけでなくスタッフも結構芸名を名乗っていたらしく、当時の作品を見ると
確かに本名を少しだけもじった名前を使っていたらしい 

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

images (9)
336: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/27(水) 14:49:37.94 ID:XbDFYquNi
10年前父側の祖父が亡くなった。ストレスによる衰弱が死因
ストレスの理由は今まで暮らしてた先祖代々の大切な土地が奪われ、裁判を行おうとしたが弁護士は奪った奴らから賄賂をもらっており裁判はできないの一点張り(賄賂は死ぬ間際に聞かされた)
亡くなって数ヶ月後、土地は売られて焼肉店となった。その店は奪った奴らが勤務する会社が経営しているらしい。
が、開店して3日も経ってないのに強盗入った。一人死亡。
二ヶ月後食中毒発生。しかもその後の調査で食肉偽装がばれる。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

qkAjKBDv
165: おさかなくわえた名無しさん 2006/12/26(火) 20:47:37 ID:Cqi3J1UY
俺のじーちゃんが家から徒歩5分くらいの所で家庭菜園をやっている。
その土地は元は親戚の家だったのを数年前に取り壊して菜園+空き地になったものだ。
空き地は我が家に親戚が来た時には駐車場代わりに使ったり
近所の家に訪問者が来た場合にわりと自由に一時的な駐車場として利用されていた。
近所の人はじーちゃんとも知り合いで無断で停めていてもそれは特段問題なかった。

しかしここ数ヶ月ほど、土日になると終日無断駐車をしている知らない車があった。
県外ナンバーでたまに金曜の夜から停めていることもあった。
近所の人に聞いても該当者はなく、たまに来る我が家の客も停められずちょっと困っていた。
じーちゃんは仕方なく「私有地につき無断駐車お断り」の立て板をするも効果なし、
車に同様の張り紙をするも効果なし、警察に苦情を言うも私有地だから何も出来ないと断られていた。

そこでじーちゃんは「工事予定地につき立ち入りを禁じる」という柵を張った。
実は工事予定なんかなかったが、スコップやらブロックやらを空き地に置いてそれらしく見せかけていた。
しかし柵といっても埋め込み式ではなくただ立てただけのものだったので
無断駐車する車はその柵をのけてまで空きスペースに駐車し、その後柵を元に戻して立ち去った様子だった。
怒り心頭したじーちゃんはついに先週の金曜日に行動に出た。
知り合いから借りてきたユンボで空き地の入り口付近を深さ1メートル・幅2メートルくらいの溝を掘り、
青いビニールシートをその上からかぶせて前と同じように工事予定地の柵をした。

土曜の朝、じーちゃんに面白いもん見せてやると言われ俺は菜園に付いていった。
俺が見た光景は、後輪が少し浮いた状態で空き地に突っ込んでいる白い車。
近所の人が数人周りを囲んでヒソヒソしてたけど主は誰かわからなかった。
呆然としている俺にじーちゃんはニヤニヤと車を指差しながら
「これがのいたら穴を埋めるから手伝え。とーちゃん達には内緒にしとけよ」と言った。
その日の昼過ぎにはJAFが来た。犯人は近所の賃貸アパートの単身赴任旦那だったらしい。
謝罪にも来なかったのでうちの両親にはじーちゃんの罠はバレなかった。
翌日のイブの日に何の予定も無い俺は一日がかりでじーちゃんと二人っきりで巨大な溝を埋めた。メリークリスマス。

この記事の続きを読む >