鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:祖母

 (0コメント)

ダウンロード (94)

343: おさかなくわえた名無しさん 2012/07/03(火) 04:03:33.28 ID:mr4r6ywf
今まさに冷めた。
携帯だからごめん。

次の休日会おうって言われたけど、
私は祖母の法事があるから断ったら
「法事ってそんな時間かかるの?ていうか絶対行かなきゃ駄目なの?」
「葬式じゃないんだったら別にいいだろ」
と言われた。

この時点で冷めたが、一応
準備やら片付けが大変だから1日仕事になる
大好きな祖母の法事だから行かないわけない、と説明したが
「ふーん、じゃあ勝手にすれば?」とのこと。

勝手にしろと言われたので一方的にお別れのメールをして、連絡は拒否させていただくことにした。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

ダウンロード (58)
492: 名無しさん@おーぷん 2015/11/26(木)23:59:02 ID:xxG
俺じゃなくて祖母の武勇伝

まだ俺が実家にいた頃、姉ちゃんの習い事のことで大揉めに揉めて家族会議に発展した日の夜
「親には子供に意見を押し付ける権利がある!」
って主張した母を

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

ハゲ画像3-300x225
47: 名無しさん@おーぷん 2015/05/19(火)01:05:32 ID:E7g
最近祖母が他界した。
危篤の連絡を受けたあと急ぎ駆けつけた実子(私の親やおじおば)の中で、最後に現れたのが馬鹿叔父A。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

9955

952: 名無しさん@HOME 2012/03/13(火) 19:03:31.36 0
祖父母は、孫の私から見ても仲の良い夫婦だった。特に祖父が、天然風味の祖母にベタ惚れ。
明治生まれのかくしゃくたる厳しさを持ちながらも、祖母をいつもエスコートしていた。
そんな祖父が寝たきりになった時、祖母はいつも、隣に寄り添って話しかけていた。
祖父はもう言葉もわからくなっており、自宅で寝たまま、死を待つばかりだったんだけどね。

ある朝、いつものように「おじいさん、おはよう。今日は良い天気だよ~」と話しかける祖母。
その瞬間、目を開いた祖父。いつもの眠たいような目ではなく、ぱっちりと。
「あら、おじいさん!今日は気分が良いんだね?良かったね~!プリン食べるよね?」
と、ハイカラな祖父が大好きなプリンを、口を開かせせっせと食べさせる祖母。
…が、なにかおかしい。飲み込まない?と不安になった祖母、息子(私の父)を呼んでみた。
「おじいさんがプリン食べないんだけど…」と、言われ、「どれ?」と父親の様子を見た息子、仰天。

「おばあちゃん!おじいちゃんは気分が良いんじゃない! 瞳 孔 開 い て る !!」

それから一気に修羅場。必死に胸を押す父と息を吹き込む祖母。主治医に電話する母。
身内がやる人工呼吸って、辛いらしいね。諦めるタイミングとを図るのがね。
どんなにもうダメだと思っても、永遠に続けたくなるらしいね。両親と祖母が言ってた。
主治医が来るまで粘った3人は「あれほど辛いことはなかった」と、話していたよ。

お通夜の時、その悲しい話を黙って聞いていた我が姉がひとこと。
「う~ん、でもさ。誰が一番修羅場だったって、実は、祖父なんじゃない?」
………確かに!!瞳孔が開いていたから意識も苦痛もなかったと思うけど、
いまわの際に、愛妻から口にプリン突っ込まれたおじいちゃんが一番の修羅場だ!!
もうね、そう思うと、94歳での文句が付けようのない大往生だったこともあり、
家族全員で泣きながら大笑いをしてしまったよ。「おじいちゃん、お疲れ様!」って。
祖母も笑ってた。顔を涙でクシャクシャにして「私ったらねぇ…」と。
でも、そんな祖母が好きだったんだ、祖父は。いつも笑っていたんだ、愛おしそうに。

…祖父が亡くなって早10年。実家では、祖父の仏壇にプリンだけは供えませんw

この記事の続きを読む >

 (14コメント)

636

923: 名無しさん@HOME 2012/03/13(火) 11:45:33.44 0
自分が実家から離れて東京の大学に行ってた頃の話。
夜の11時に母から電話があって、「妹が壊れたよww」とハイテンションな
電話がかかってきた。数時間前、その当時家で母と妹に介護されていた祖母が風呂に入って
いて、浴槽の中で立ち上がれなくなってしまったらしく、母と妹で抱えだそう
としたができず、父に加勢を求めたが「自分の母親の裸を見たくない」と拒否。
バスローブを着せても拒否され、とうとう近所の親戚の方を呼んでなんとか抱えだした。
父は親戚にヘラヘラ礼を言って早々に奥に引っ込んだ。と見せかけて出かけてた(飲みに行った。)
あきれ返って母が脱力していると妹が米袋をもって目の前を通っていった。
すぐゴンゴン音が聞こえていってみると、父の部屋でテーブルに米袋を置いて
上からハンマーでたたいていた。瀬戸物のコレクションが入っている飾り棚は戸が全開。
おばあちゃん寝てるから静かにね。と声をかけ、そして私に電話が来た。
深夜ほろ酔いで帰ってきた父は、部屋から戻ると階段に座ってうなだれていたそうです。
母曰くこのことがあって、ようやく祖母を施設に入れる決心がついた。らしい
祖母の3回忌なのでカキコ


この記事の続きを読む >