鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:祖母

 (0コメント)

06a31e5c

173: おさかなくわえた名無しさん 2018/07/08(日) 17:49:52.42 ID:3DVG0ES+
祖母の家に月末に来るはずの新聞会社が集金に来て祖母がまだ早くないか聞いたら
「6月分の集金が終わってないので手分けしてやってるんです」とのこと
祖母が6月分は払ったわよと伝えて領収証を見せたら
「あーやっぱり。6月集金した人がそのまま辞めちゃって持ち逃げしたみたいなんです」と返されたそう
そのことも衝撃だしやっぱりとか言ってるってことはその可能性が高いと思ってたってことなのに
最初に6月分の支払いが終わってるか確認もしないで支払って貰おうとしてたことにも驚いた
本当に新聞会社の人だったのか聞いたら領収証たくさん持ってたからそうでしょと言ってたけどそれで分かるのか疑問だし
そうだとしてもそのやり方だと家族が支払いしてたりお年寄りだと払ったの忘れてて2度払ったお家もありそうで心配
本社に問い合わせてもいいかな

この記事の続きを読む >

 (9コメント)

af9920077963l

830: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/03(水) 19:31:59.71 ID:pMgwNkwN
正月に祖母の家に遊びに行った時
貰い物(お歳暮とか)たくさんあるから持って帰りなと言われ見ていた
何でこんなにたくさんあるんだろう、誰から頂いたんだろうと思って
「今度からお礼の手紙代筆してあげるからこの紙保管しといて」と宅配便の伝票を見たら
他所の家宛てになっていた
名字と丁目までは同じだけど番地が全く違い宅配業者の誤配だった
祖母は亡くなった祖父宛の物かと思ってほとんど開封してしまっていた
伝票が残っていたのは一つだけで他の物もおそらく他所の家宛てだったんだろう
宅配業者に後日、大クレームを入れ偉い人が謝罪に来た
同じエリア内に新しく引っ越してきたお宅らしくドライバーが間違えたとのこと
佐藤、田中みたいなよくある名字ではないが決して珍しい名字でもない
名字が同じってだけで全然番地違うのに届けちゃうの?!
バカすぎだろう、と衝撃を受けた

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

ダウンロード (28)

157: おさかなくわえた名無しさん 2014/10/25(土) 20:44:56.81 0
祖父の遺品で祖母が発狂した。
祖父が死んで、書斎を整理していたらとんでもない量の手紙が見つかった。
中を見て見ると、とある女性へ宛てたものでその女性への思慕の情が書き連ねてあって、
祖父は18歳の頃から3日間隔で60年以上、好きな女性に手紙を送ることなく書き続けていた。

どちらかと言うと、手紙は日記調で、日常の出来事や仕事の不満などが連綿と続いていた。中には父である息子が生まれた喜びや孫である自分が生まれた時の心境などが書かれてあった。
手紙には祖父の半生と言うか、人となりと言うか、祖父の人格が描かれていて個人的には読んでいて楽しかった。(小説家を目指していたこともあって、読み応えもあった)

続く

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

images (34)

660: おさかなくわえた名無しさん 2014/12/19(金) 14:00:41.29 0
祖母の遺品を巡って起きた修羅場。
他界した祖母の書斎の整理をしている時に、知らないおじいちゃんが訪ねてきた。
おじいちゃんは山高帽に着物を着こなしたいかにも老紳士と言った出で立ち。

祖母の知り合いでお線香をあげにきたとのことだった。
おじいちゃんはお線香をあげると、祖母の書斎に案内して欲しいと言った。案内するとおじいちゃんは棚の中から一冊の魚の図鑑を取り出してこれを譲って欲しいと言ってきた。

「タダでとは言いません」
と包んでいた風呂敷を開けると、中には札束の山があった。あまりの金額の多さに母と私はたじろぎ、母はこんな大金頂けませんしこの本には先客がおりますので譲ることは出来ませんと断った。
おじいちゃんは結構食い下がったけど、最後は諦めて帰っていった。

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

122

75: おさかなくわえた名無しさん 2014/11/28(金) 23:51:44.49 0
少しグロ注意

母の整形が原因で祖母に虐められてた
母の目はパッチリ二重で見た目外人みたい。父は一重。生まれてきた俺は蒙古襞ありの二重で田中将大みたいな目をしてる。
母が目頭切開の手術をしていた事は父は知っていたが、父方の祖母は知らなかった。

父方の祖母は両親に似ても似つかない俺の目を見て、俺を母が浮気して出来た子だと決めつけた。母は良いとこのお嬢さんであるため、離婚させる訳にもいかず祖母は俺にキツく当たった。
両親の目を盗んでは暴力を振るわれた。
浮気女に息子を取られた、この目は誰の目だ、他人のガキが家をうろつくな、色々言われた。
蒙古襞のある目頭をギューっと長時間押さえつけられた時は涙が止まらなくなるくらい痛かった。
もし両親にチクったら目をくり抜くと脅され言えなかった。

続きます

この記事の続きを読む >