鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:目

 (6コメント)

ダウンロード
96: 名無しさん@おーぷん 2015/08/22(土)17:06:38 ID:QP6
わたしの夫は網膜色素変性症という病気なので、外出するときはサングラスをかけないといけません。
出先で夫とともにあるコンビニに入ったんですが、そこでまさにスレタイな出来事がありました。
入店してまもなく、店員さんがこちらにきて、
「店内ではサングラスを取ってください」と言ってきました。

この記事の続きを読む >

 (6コメント)

1043a123
177: おさかなくわえた名無しさん 2014/08/16(土)10:09:18 ID:MG9j8zCrA
コンタクトレンズ取ったときに角膜も剥がれてたらしくて
道端で目が開かなくなった瞬間

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

images (2)

577: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/10(水) 10:36:44 ID:3HUgTlLq
常にサングラスだった元彼(当時大学生)。夜でも室内でも。
理由は目の色素が薄くて光に弱いからだそうだ。
確かに茶色い目だった。
(でも驚くほどではなかった。むしろその程度の茶色さの人はたくさんいそう。)

…という話は一度聞けば分かる。
しかし彼は事あるごとに同じ話を繰り返す。

街中にサングラスをかけた男の人がいると
「ああいうのはファッションでかけているけど、俺は違う。目のためなんだ。」
と言い、世の中のサングラスファッションについて語り出す。

彼が昔のモテ自慢をするときは必ずサングラスの話が出てくる。
「女の子から「サングラス外した目を見ると吸い込まれそう」ってよく言われる。
 でもこれ(サングラス)は世間一般の男みたいにモテるための小道具じゃない。
 目のためなんだ。それなのに…(以下略)」

私が「私の目も茶色いってよく友達に言われるよ。」と言えば
「そんなの俺に比べたら…。俺みたいな苦労を分かる人はあまりいないと思う。
 茶色いことを自慢していられるやつは、この辛さを知らない。」

こういう話を何種類か聞かされうんざりはしたものの、あまり気にしないようにしていた。
でも彼の古くからの友人の話を聞いて、冷めた。
彼は大学生になってサングラスをかけ始めたんだとか。
それまでは彼が色素の薄さで不自由していたとはとても感じられなかったらしい。
はっきり言って、周りの人たちからは「大学デビュー」と思われていた。

何であんなにサングラスに必死だったんだろう。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (2)
416: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/04(月) 01:00:37 ID:fzYEXPyu
彼の「目が綺麗だね」という言葉から付き合いを始めた。 
彼は私の目をまぶたの上から、目玉の形をなぞりつつ撫でるのがお気に入りのようだった。 
優しい人だけど、愛情の量が目玉>その他の私って感じ。 
ある日、昼寝していたらまぶたに冷たい感触。 
また彼が触ってるのかと目を開けると、やっぱり彼がいた。 
カレースプーン片手に笑ってた。 
「目玉取ってもいい?右側だけ」 
凄い勢いで冷めた。 
あのまま彼と一緒にいたら、私の目玉は半分になっていたかも。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

ダウンロード (63)

416: おさかなくわえた名無しさん 2010/10/04(月) 01:00:37 ID:fzYEXPyu
彼の「目が綺麗だね」という言葉から付き合いを始めた。
彼は私の目をまぶたの上から、目玉の形をなぞりつつ撫でるのがお気に入りのようだった。
優しい人だけど、愛情の量が目玉>その他の私って感じ。
ある日、昼寝していたらまぶたに冷たい感触。
また彼が触ってるのかと目を開けると、やっぱり彼がいた。
カレースプーン片手に笑ってた。
「目玉取ってもいい?右側だけ」
凄い勢いで冷めた。
あのまま彼と一緒にいたら、私の目玉は半分になっていたかも。

この記事の続きを読む >