鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:病院

 (13コメント)

937: 恋人は名無しさん 2007/09/05(水) 15:41:08 ID:TQFDK/AD0
よくある話ですが、人生の区切りにちょっと吐き出させて下さい


当時(高2)私はシンゴ(仮名)と付き合って丸2年の記念日を迎えようとしていました。
中2の時にからよく一緒に遊んでた仲良しグループのシンゴと中3の夏休みから付き合い始めて、シンゴのことを大好きだった私は記念日にシンゴをビックリさせようと思って仲良しグループの一人でシンゴの親友のトール(仮名)にシンゴが欲しがっているものなどを聞いたりしていました。
ある日シンゴから『話があるから家にきて』とメールがあり、記念日の事だと思った私は学校帰りにシンゴの家に寄ることにしました。
シンゴの部屋でノーテンキに記念日のデートプランなどの話をしていると、突然シンゴが「オマエ俺の事裏切っといてよくそんな話が出来るな!」とキレだしました。
ワケが分からずきょとんとしてると、「ハルナ(仮名)から全部聞いてんだ!!」と言われビンタされました。

ハルナは仲良しグループの一人で私とトールと同じ高校へ、シンゴは違う高校へ進学してました
分かりずらくてスイマセン・・・

なぜビンタされたのか分からず、痛さで半泣きになりながら「なんのこと?ハルナはなんて言ってたの?」と聞きました。
シンゴは「トールと浮気してんだろ!」と言い、私が「してないよ!」というとまたキレだして「全部分かってんだ!学校違うからバレないと思ってたのか!もうやったのか!?マジむかつく!!」とか言いながら私に馬乗りになり何度も顔を殴られました。
抵抗もできず殴られてるうちに「このまま死ぬのかな・・・」とか考えてたら、シンゴの兄が部屋に来て「オマエ殺す気か!?」みたいな感じでシンゴを止めてくれました。
兄はシンゴから話を聞いているようで「冷静に話をしよう」と言われました。
私は「浮気はしてない、トールには記念日(サプライズのこと)の相談をしてた」というような話をしました。
シンゴには「オマエが言わないからだ!俺に隠し事をするな」みたいに言われ、兄には「シンゴが許すなら今回は俺も我慢するけど、次は無いからな!」と私の背中にケリを入れて部屋から出て行きました。

結局シンゴと兄の中では【浮気をした私をシンゴが許した】事になって終わりました
混乱しながらもシンゴの事が大好きで「私のことを愛しているからやきもちをやいた、私はとても愛されてる」と勘違いしてた私はその後も付き合っていました。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

208: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/10/02(水) 18:42:58.01 ID:dnWF9aUa0
流れが読めずにすまん

同棲してる彼女がチョイ年上の男女を突然家に連れてきた。
取りあえず居間に上げて事情を聞くと彼女の浮気相手とそいつの嫁さん。
嫁さんが浮気デートに踏み込んでここまで連れてきたらしい。すげえ女。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

460: 名無しさん@お腹いっぱい。
流れを読まずに投下する。俺がやった復讐(完結)

単身赴任で離れてる間に嫁浮気。寂しかったからという理由で半年も男をとっかえひっかえ喰っていた。

任期完了後、半監禁開始。嫁貯金取り上げ。小遣いなし。嫁が稼いだ金も取り上げ。外出は仕事とゴミ出しの時のみ。携帯使用禁止、嫁実家への連絡も禁止。私物の購入禁止など色々条件をつけた。

女の友人と遊んでる様を見せつけたり、人生の一番大事な時を台無しにしたりした。

子供が出来ると、病院がプラスされたが、金は全額嫁に工面させた。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

346: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/10/14(金) 01:50:32.07
約1ヶ月前バレた。
俺としては一時の気の迷いで、嫁との離婚だけは避けたくて
懇願して離婚回避できたと思ったけど、甘かった。

その日以来毎日「あれ、まだ死んでなかったの?」「いつ死ぬの?」攻撃。
離婚しないのは、俺に死んで貰って保険金ゲットしたいからだって。
自業自得とは言え、限界かもしれん。

この記事の続きを読む >

 (10コメント)

491: 名無しさん@HOME 2012/07/27(金) 15:39:44.83 0
荒れてるところに申し訳ないけど修羅場投下する。 
発端は数年前ですが、この前やっと片付いた。 
フェイク有り。伝聞系が多いです。 
赤ちゃんが亡くなってしまっているので、注意してください。 


数年前。当時大学生。 
大学合格してすぐ父の海外赴任が決まり、大学入学のときには母も一緒に着いて行って、 
一軒家に一人暮らしすることになった。 

私には6歳上の兄がいたんだけど、こっちはもう自立して結婚してた。 
兄嫁は兄と同い年で、生後九ヶ月くらいの甥がいた。 
私が住んでいるところが一応実家だということもあって、住んでるところも近かったし、 
甥が生後半年くらいのときから毎週末うちに遊びに来てた。 

遊びに来ていると言っても、兄嫁は実家には来ないで趣味の教室か何かに行っていて、 
その間兄と私で甥っ子の面倒を見ているという感じ。 
初めての子育てで大変だろうし、週に一度くらいは息抜きしたいのかな?と思ってた。 

私には妹や弟がいないし、年下のいとこも近くにいないから、 
週一とはいえ1日幼児の相手するのははっきり言ってすごく大変だった。 
今思えばいい託児所にされていたんだなぁと思う。 
それでも兄がいる時しか甥っ子を預けられることはなかったから安心はしていた。

この記事の続きを読む >