鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:病院

 (8コメント)

img_aishitsu_01
257: 名無しさん@おーぷん 2014/10/08(水)15:31:47 ID:l6EeO0Hj5
中学生男の子持ち。
ある病気で入院中で、病院内での出来事。

私たちが入院した時、三人部屋に通された。
そこにはすでに、六歳くらいの男の子と母親が寝泊まりしていた。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

541

293: 名無しの心子知らず 2012/03/17(土) 15:20:24.24 ID:ufPCedOK
先週3歳の娘と妊婦検診にいった。
座ってるソファの背中合わせのところに、4、5歳位の女の子が座ってて、
よくあるお徳用の大袋のチョコ(小さいチョコがフィルムでキャンディ縛りしてあるやつ)を
食べてたんだけど、おかあさんどーぞってお母さんにも分けてあげてたりして
わー優しいな微笑ましいなって思ってたんだけど、
その子が、みんなにもあげようって袋もってまわりに配り始めた
ありがとーありがとーって周りの人も受け取ってて、素敵な光景だったんだ。
んで、私たちのとこにも来たからありがとーねって娘も私も受け取ったんだけど、
娘はアレルギー気味でチョコは食べられない。
本人もそれはわかってるから、はいママ(あげる)ってくれたんだ。
私もつわりでしんどかったから、とりあえずもらったチョコはティッシュでくるんで
カバンにしまったら、チョコくれた子がこっちに来て、
おいしいよ、何で食べないの?って言ってきたんだ。
今はおなかいっぱいだから、あとで食べるねーありがとうって言ったんだけど
今ここで食べて!って言われてしまった。
新しいの持ってきて娘にほらって感じで突き出してきて、
困った娘が、○○はブツブツでるからチョコたべちゃだめなの。って言ったんだけど
なんでおいしいのに!食べて食べて!やなの?私のチョコ食べたくないの?!って
急に泣き出して、
私もごめんねー病気でお医者さんにダメって今は言われてるから、治ったら食べるからねって
なんとかわかってもらおうとしたんだけどギャン泣き。
後ろで母親がニヤニヤしながら、せっかくうちの子があげたのに食べられないとか
感謝するってしつけがなってないんじゃないの?感じ悪ーとか言ってきた。
イラッとしたけど堪えて、
すぐに順番になったから、娘連れてごめんねーって診察室行こうとしたら、
わざと聞こえる声で、意地悪な子だったねーひどかったねー
チョコレートたべれない病気なんかあるわけないのにうそつきだねーと言われた。
子供はしかたがないにしても、親が説明するわけでもなくて、もうホントイライラしたわ。



この記事の続きを読む >

 (2コメント)

images (11)
37: 名無しさん@おーぷん 2015/05/18(月)13:18:03 ID:tt1
以前勤めていた病院で、診療時間が終わって帰り支度してたら女性が怒鳴り込んできた。
手術後に感染症になってしまった患者さんの娘らしく、医療ミスだ!と喚き散らす。
女性は長身でガタイがよく、真顔で目を見開きながら大声出すから本当に怖かった。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)


375: 名無しさん@おーぷん 2016/10/04(火)21:04:34 ID:8JQ
学生時代からの友人が勤めるレストランでディナーを予約
いざ恋人と夕飯を楽しんでいたら私がアレルギーの発作を起こして病院直行
後日予約段階でアレルギーがあるから除去したメニューにしてくれと頼んだはずだとクレームを入れたところ、友人がそれを握り潰してアレルゲン入りと分かりづらいメニューに変更していたことが発覚
隠し味的にアレルゲンを仕込む悪質さから友人はクビ
「あの料理はその隠し味を入れないと美味しくない」
とか言い訳をしていたが、友やめさせていただいた



この記事の続きを読む >

 (3コメント)

img_aishitsu_01
172: ななしのいるせいかつ 2006/07/12(水) 14:38:25
小学生の頃、喘息で毎年入院してた 
ある年 僕が退院する二日くらい前に隣のベッドにすごく太った男の人が入院してきた 
気さくな優しい人ですぐに仲良くなれたんだけど… 

その夜、寝ていたら妙に眩しいうえにカチャカチャ騒がしい音がして目が覚めた 
隣のベッドを見てみたら、手 術 中 だ っ た 

(゚Д゚)ポカーン となってる俺に気付いた医者(手術着)が「あ、ごめんねー目覚めちゃったねー」て 
のんきに言ってたけど 両手はその太った人の丸いお腹の中へ消えていた 
すぐに看護婦らしき人がカーテンを閉めたんだけど 
さっきの光景が理解できない&脳裏に焼き付いて離れない俺は長い時間放心状態だった 

朝になって 例の太った人が「なんか夜起きちゃったらしいね ごめんねー」と 
アドバルーン(だっけ?ストローで膨らます接着剤みたいなやつ)を俺にくれた 
当時俺はそれが大好きで 院内でもそれで遊んでたからたぶん医者が用意したんだと思う 
ついでにもちろん「この事は誰にも言わないでねー」とも言われた 

翌日俺は退院したけど、結局親には話さなかった 
その後も度々この病院にはお世話になったけど、とくに変わった事はなかった 
ちなみに今でもその病院はある 

K川県K市、H病院での思い出 

カーテンぐらい閉めとけよ!

この記事の続きを読む >