鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:病気

 (1コメント)

2

209: おさかなくわえた名無しさん 2019/05/01(水) 02:44:25.20 0
相談させて下さい。
不慣れなのでなにか不備があったらすみません。

イライラを自分でうまくコントロール出来ないのもなにか病気なのでしょうか?
夫は仕事が忙しくなるとイライラしてしまい、家庭で一切気を使えないと言うか自分の事以外考えていないような行動を取ります。
普段は時間があれば子供と遊んだりお風呂に入れたりくらいはしてくれますが、忙しい時はあからさまに態度に出して子供が声を掛けても殆ど反応せず、ひどいと無視して行ってしまいます。
私に当たる分には我慢出来ましたが、子供に対してもうまく接する事が出来ないのは許せず改善してもらいたいと思うのですがこれは病気なのでしょうか?
夫の父もいわゆる「切れやすい人」で、今の時代だったら何らかの診断がおりたのかな?と言う人だったのでそれもなにか関係あるものでしょうか?

カウンセリングに連れて行くべきか、それとも本人の気持ち次第なのか、なにか参考になる事があれば教えて頂きたいです。

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

46

444: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/25(木) 15:59:14.16 ID:rLblitmn0
手取り30なのに食費に10マンくらいとられて困る
何度注意しても大量に買い物してきては、まだ残ってる食材をダメにして捨ててる
作る量も多くて必死になって食ってるが嫁も当然残すからそれも食べさせられる
少なく作れと言うと私の飯がまずいんだと泣き始める
次の日に食べると言っても同様
なんかの病気なんだろうか
とにかく少しでも食費減らしたい独身時代の貯金がどんどん減っていく

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

310

104: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/15(月) 09:35:25.20 ID:GKwW+/no
うちのカアチャンは数年前に病気で亡くなったんだけど、生前に書いてた俺あての手紙が衝撃的だった
うちは早くに父ちゃんが亡くなって、なかなかの貧乏所帯だった
「大好きな父ちゃんと結婚できて少しバカだけど(これはカアチャンがバカだから仕方ない)イケメンで優しい俺君が生まれてくれて、
俺君に◯◯ちゃんって美しく優しいお嫁さんが来てくれて可愛い孫も抱かせて貰って、カアチャンの人生は大成功でした。」
「これからは先に天国で待ってる父ちゃんとのデートで忙しいので、あまりお墓参りには来なくて大丈夫です。その分◯◯ちゃんのご両親を大切にして下さい。」
「ただし誕生日にはプリングルズのサワーオニオン味をお供えして下さい(父ちゃんの分と二つ)。それじゃあ行ってきます、アディオス!」
みたいな感じ
亡くなる間際に「もうちょっと生きたかったなあ。××ちゃん、俺を宜しく」って嫁と元カノの名前を間違えてその場を凍りつかせたのも衝撃的
貧乏なのにやたらポジティブで友達が多かったカアチャンだからか、会場からあふれるくらいの弔問客が来てくれたのも衝撃的

この記事の続きを読む >

 (7コメント)

25266

597: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/18(木) 08:44:46.78 ID:UTjXFtGQ0
嫁が病気でもう長くないんだが、医者からは「奥さん意味不明の事を言いますが適当に話を合わせて下さい」と
言われてた。昨日大学生の次男と見舞いに行ったら俺のことはもうわからないみたい。でも次男に
「俺さん、遅かったじゃない。お父さんとお母さん結婚許してくれるかなあ」と言い出して、どうやら次男を俺と
勘違いしてるみたい。次男ちょっと戸惑ってたけど話を合わせて「大丈夫だよ、許してくれるよ」と言ってくれた。
多分あと数日だと思うけど、どう接していいかわからんわ。今から病院行ってくる。
みんなは奥さん大事にしてくれ。

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

647

784: おさかなくわえた名無しさん 2014/12/25(木) 15:29:36.36 0
姉2人が立て続けに病に冒された時
両親は体育教師。学生時代は母は陸上競技を、父はバスケットボールを熱心に取り組んでいた。2人とも将来を嘱望されている選手だったけど怪我が原因で夢を諦めた。
そんな2人の夢を子が引き継ぐと言うのは良くある話で、姉2人はそれぞれバスケットボールと陸上競技を熱心に取り組んだ。
父はスパルタ教育をした。
母はそれをあまり快く思ってはいなかった。

しかし上の姉は高1で腱鞘巨細胞腫を患い、左手を切断した。4年後、今度は下の姉が高1の時に骨肉腫を患い左足を切断した。

目標を失った2人はスポーツを辞め、ごくごく普通の学生になったが父は諦めていなかった。父は私をスポーツ選手として育てることにした。
そしたら母が切れた。

この記事の続きを読む >