鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:生活保護

 (25コメント)

shutterstock_145376884
443: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/10/13(日) 15:13:32.11 ID:Q9WPhscE0
私が直接に実行していない復讐ですが

年齢不詳の デブった時の元オセロ中島を崩した顔の
38~50の基地の事です。


被害は私も散々受けました

相手は康子 本名です

まず私の被害は他の人に聞いたところ 
可愛いものでした 
私の被害 
娘が病気で入院費用足らないからお金貸して 
(勿論嘘でして、20万却ってきません) 

細かいことは色々で 
居酒屋に誘ってきた(康子は居酒屋に既に居ていてます) 
行く私も馬鹿でした、案の定会計の時に 
「次私出すから~」 
これ何回も聞いていまして 
1度も出したこと有りません

この記事の続きを読む >

 (13コメント)

ios7_line_bug_0
1: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 12:06:41.44 ID:VnJ5G0Kv.net
    
ちょっと贅沢なのでは?
身の程を弁えたほうがいいのでは?

生活必需品というわけでもないようですし


生活保護に関することなら、どんなことでも結構です
自由に議論をしてください

この記事の続きを読む >

 (4コメント)

1_zei
164: 名無しさん@おーぷん 2015/02/16(月)12:50:09 ID:9FX
かなりぼかして書いてます

ある日、唐突に気を失うほどの激痛に襲われ
、20代で癌にかかっていることが判明、
以後貯蓄もないまま底辺の生活をしていた私

母方の祖母も60で癌でなくなったし、
母も40で癌でなくなったし、ついに私もかという状況

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

暑い~-1
146: 本当にあった怖い名無し 2012/09/12(水) 15:27:14.54 ID:RQhSW8420
誰にも話たことありません。自分の中でけじめをつけるためにカキコ 

幼少の頃、実父から卑劣な虐待を受けていました。 
当事は親子川の字になって寝ていたのですが、日曜の朝になるとあちこち触られていました。 
もちろん母は隣で寝ていたのですが、幼心に「我慢しなくちゃ」「お母さんに言ってはいけない」と思い 
テレビを見ることに集中してその場を耐えていました。 

あれが虐待であったと認識したころ、父と一緒に食事することも同じ洗濯機で洗濯されることも嫌になりましたが 
「父親を嫌う年齢になった。女の子にとって人生の通過点」と母に認識されてしまいました。 

その後、とても裕福な男性と知り合い結婚・出産。 
訳あって離婚し(こちらの復讐は現在進行形なので割愛)実家へ戻ることになりました。 
実家は自営業なのですが、私が出戻ったころはとても儲かっていました。 
私は家賃や食費を入れないかわりに月8万円で手伝うのが条件でしたが 
時とともに家のローンや食費すら事欠く貧乏に・・・ 
食事もままならぬ経済状態にもかかわらず父はお酒もタバコも止めようとはせず 
両親が不仲になっていきました。 

~続きます~ 

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

ダウンロード (80)

561: 名無しさん@HOME 2016/07/20(水) 21:03:10.61 0
認知症なのかもしれないけど、今の年寄りって貧富の差が激しいよね
うちの親戚にもいるよ、国民年金だけ(しかも満額じゃない)で
1ヵ月4~5万くらい?しか貰えないから生活できないって叔母さんが。
娘が生活費を負担してあげてるけど娘にも生活があるからね。

この記事の続きを読む >