鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:独身

 (11コメント)

ダウンロード (4)

504: 名無しさん@おーぷん 2015/05/26(火)07:45:59 ID:qsL
独身時代、服飾の仕事やってた都合でよくハイヒールを履いてた。

結婚後に転職して、今は滅多にヒール靴履く必要ない仕事だし、子供2人の出産育児の期間に
すっかりヒール無し靴に慣れてしまって、今はスニーカー&カッターシューズ最高になった。
外反母趾気味になってたので、良い機会でもあったと思う。

しかし、夫は今でも私の誕生日だ、クリスマスだ、とヒールの靴を買おうとする。
「百貨店でいい靴見たよ。今度一緒に試し履きしに行こう」と言う。
「ヒールの靴は履きたくない、足が痛むので要らない」というとすごくガッカリした顔する。

無理強いはしないが「履け」と思ってるのは明らかで、靴以外にも、私に「20代独身、アパレル仕事
やってた時のようなキッチリお洒落をしてほしい」と思ってる節がある。
しかし今は子供も育ってきて家計に余裕ないし、以前よりカジュアルでも身ぎれいにはしてる
つもりだ。
だいたい昔ほどのテンションでお洒落したいと思わない。

夫は私に飽きてるってことなんだろうか。
あんまり靴靴言ってるから、「ハイヒールで踏んでやろうか」って言ったら、
怒られた。
そういうプレイってことじゃないのか。

じゃあお前が履け、または別れて養育費払って、ヒールの靴履く女と結婚しろと。

この記事の続きを読む >

 (8コメント)

2115

4: 名無しさん@おーぷん 2015/06/19(金)15:24:51 ID:2sS
新スレ早々愚痴らせて。
この前中2の娘と実家に帰ったら、同級生と会った。
少し立ち話して帰宅したんだけど、帰った早々娘が「お母さん、あの人の事バカにしてたかいじめてたでしょ?」と言った。
ものすごく動揺した。まさしくその通りだったから。
「そんな事してないよ。グループは違ったけど。」と言ったけど「お母さん、言葉の隅にバカにしてたニュアンス溢れてたよ。まだ独身なの?とか実家暮らししてるんだ。とか。」と言う。
更には「お母さん、あの人に憐れまれてたよ。結婚して子供いるけど、変わってないねって言われたでしょ。私、すごく恥ずかしかった。それって全く成長していないって事だから。」と言って部屋に篭り、そこから会話がほとんど無い。
確かに中学時代バカにしてたけど、それを娘のいる前で娘にわかるように反撃するのはやめて欲しかった。

今後どうしたらいいんだろう。同級生に対する怒りとか恨みが湧いてくる。悪いのは自分だと分かっているけど。

この記事の続きを読む >

 (0コメント)

images (1)

8: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)10:33:08 ID:QwfMWu0ZA
現在進行形でもあるけれど

二人目の子供が生まれてから実母に「養子に欲しい」と泣きつかれていること
兄・姉と二人いるが双方まだ独身で40を超えている
家を継いで守って欲しいからと言われたが兄・姉に結婚の可能性もあるわけで
あんまりにもさめざめと泣き落とされて、自分としての落としどころとして
「最終的にどうしようもなくなったら考える」
→兄・姉ともに結婚に縁がなくて高齢になったら
と丁寧に説明もつけて返事

それを何を思ったか実母は子供が小学校に入る前の年いきなり電話で
「養子になるのだから我が家で育てる!最高の環境で教育をしてやるから連れて来い!」
って言ってきた。これほぼ、言われたままの原文
すっきり目が覚めて、がんがん言い返して返事を聞かず電話を切ってから
またずっと泣き落としの電話だったけどスルー
今でもまだ養子にもらえると思っているお花畑の実母
自分の失言のせいだと後悔はしたけど、そうじゃなきゃ実母は本性あらわさなかっただろうし
とにかく、養子にだすつもりは全くないのでこれからも全力で守る!
まとめたつもりが長くなりました。すいません。

この記事の続きを読む >

 (2コメント)

ダウンロード (28)

350: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)16:33:47 ID:1iMenL6Th
つい最近あった修羅場
築40年のマンションに住むAさん一家(Aさん(40代女性)・父・母)
日曜日の朝、マンションに響く大音響、直後に玄関から飛び出したAさんが半泣きで渡り廊下から飛び降りようとした
大音響に驚いて様子を見に外へ出た両隣の住人が咄嗟に押さえたけど、あわやAさん含む2名が階下に落ちそうになった(落ちてたら死亡確実)
その後大泣きしながら事情を喚き散らすAさんに対し、父親は憤慨して室内にUターン、母親が必至にAさんを慰めていた

以下、Aさんが語った内容+マンションのスピーカーおばさんの補足による事件の真相

Aさんには幼馴染のBくんがいた。生まれた病院が同じということで小さいころから仲が良く、小中高と同じ学校に進学し、卒業後は結婚の約束までしていた。
高校卒業後、国家公務員となったBくんはAさんの家に挨拶に向かうが、Aさん父母が強硬に反対。理由はBくんが近所の市営住宅に住んで、母親と二人の母子家庭で、大学に行かず高校で就職した国家公務員だから。
当時はバブル全盛期で高校卒業後は大学に進学するのが一般的、高卒で就職するにしても民間で給与の良いところにするのが普通で、就職倍率1%を切っていて給与も安い公務員では娘を幸せにできないというのが父母の持論だった。
AさんBくんは何度となく親を説得するが、Aさんの父母が首を縦に振ることはなく、Aさんも両親と絶縁してまでBくんと一緒にはなれないとのことで、二人の仲はそこまでとなった。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

jyoseibunnaguru20140321500
97: 名無しさん@HOME 02/09/20 18:22
私は消防のとき母を亡くしてるんですが、 
その後再婚せず独り身を通した父を自慢?に思ってました。 
母が亡くなってから15年経ち、 
兄弟揃って父と酒を酌み交わしていたときに 
話の流れから、冗談で浮気したことあるか?としつこく聞いたら 
あるって答えた! 
しかも結婚する前から姉が小学校入るくらいまで10年弱も! 
相手がお見合い結婚するからと別れたらしいが 
あいつ(私の母)はチョロイから絶対バレてない、と誇らしげに言いやがった。 

私は結婚して半年経ちますが、 
一度も父には連絡してません。(怒)

この記事の続きを読む >