鬼嫁日記〜2ch生活まとめ〜

タグ:牛丼

 (5コメント)

88

829: おさかなくわえた名無しさん 2016/12/29(木)21:56:06 ID:d1V
大掃除してたら、元彼からのプレゼントが出てきて思い出した冷め話
ある映画を2人で見に行くことにしたんだけど、行ってみたら上映までちょっと時間があった
ちょっとお腹がすいてたんで映画の前に軽く何か食べようってことになって
近くにあった吉野家に行った
デートで吉野家ってこの時点で普通なら冷めかもしれないけど
私はこれまで持ち帰りはしたことはあっても店で食べたことがなかったんで
彼と一緒の時くらいしか食べるチャンスないかもって思って、ちょっとわくわくしてた
ところが私が牛丼の並を頼んだから、彼がいきなり「俺の奢りだから大盛りにしなよ」って言い出した
「奢りとか関係なく、大盛りは食べられないよ」って断ってるのに
「遠慮すんなよ」って言って勝手に大盛り注文された
並か上かだったらともかく、並を大盛りにするのは違うでしょう
それとも彼にとっては同じなの?区別ついてないの?と思ったら、急激に冷めた
結局大盛りは食べきれなくて、時間もなかったら残しちゃったんだけど
彼が「せっかく奢ってやったのに」ってぐちぐち言うのを聞いて
理不尽かもしれないけど、氷点下まで冷めて別れた

この記事の続きを読む >

 (15コメント)

32

119: おさかなくわえた名無しさん 2008/08/09(土) 23:28:21 ID:t+NEHT3X
二十歳の時、一つ下の女の子と付き合ったが、牛丼屋に行った事がないと言うので連れてった。
俺が牛丼食べ終わる頃に、まだ彼女は丼の半分以上残ってて「早く食えよ」とイライラしながら言ったら
ごめんねと謝りながら、牛丼かっこんでた。でも10分以上かかった
それだけならいいけどその後も食事する度、俺の飯の減り具合をチラチラ見ては焦って食うし
俺が先に食い終わったら「食べるの遅くてごめんね」とか言ってくるのがウザくて冷めた。
吉野家の牛丼くらい三分で食えよ

この記事の続きを読む >

 (5コメント)

080

843: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/20(金) 14:45:36.57 ID:WjZcuCgk
昼飯に牛丼屋いって食べてたら、上下セーラー服に
ピンクのカチューシャつけたおっさんがはいってきた
みんなチラ見はするけどスルーしていたら店員さんに
「大盛りって言っただろ、俺がスカートはいてるから舐めてるのか」
と文句言い出した
これほど理不尽な言い分はひさびさに見たわ
みんな笑いこらえてて箸止まってるし

この記事の続きを読む >

 (1コメント)

76

163: おさかなくわえた名無しさん 2015/09/19(土) 00:58:36.32 ID:iHQADHwh
こないだまで付き合っていた、6歳下の大学生の元彼。
久しぶりに会えて、夕ご飯でも一緒にということだったけど、
夜遅くだったし、近所ではそこしかあいていなくて有名チェーン店で牛丼を食べることになった。

食べ終わって、たまには俺が払うよ、と彼が先にレジへと向かった。
私は社会人で、そこそこ生活に余裕もあるので、それまでデートしたときは9割方私がお金を出しており、
そのことについて特に不満もなかった。
彼は最近バイトに励んでいるという話もしていたし、この年になると誰かにご馳走になることもなかなか無いので、彼の気持ちが嬉しくもあり、
「ありがとう。じゃあお願いしようかな。」
と、私は財布をしまった。

その瞬間、彼が「はぁっ?」と言いながら振り向いた。
そして、
「いや、払うの諦めるの早すぎじゃね?」
と。半笑いで、呆れたように言った。
私がやや呆気にとられて、「え? なに?」と聞き返すと、
すぐに「いや、」とレジのほうに向かい、まあ、奢ってくれた。

割り勘するそぶりくらい見せるべきだったのかもしれないけど、
今まで散々奢ってもらっておいてそれか? と思ったし、
なんとなくだけど、男に払わせて当然と思ってる彼女を許してあげる優しいオレ、みたいな
「ヤレヤレ感」が見え隠れして嫌だった。つーか、牛丼だし。
他にもいろいろあって冷めて別れた。

この記事の続きを読む >

 (3コメント)

363

15: おさかなくわえた名無しさん 2006/10/21(土) 12:06:06 ID:GJ/Mp13U
肉じゃがが食べたいというから彼の部屋で作ってて、白ワインを
入れようとしたら(意外と知らない人多いみたいだけど、和食の
甘辛煮系には白ワインが合います。ちなみに吉野家の牛丼にも
入ってる)、「ちょっと、それ白ワインじゃん!」と驚いた様子。

上の()内のこと説明しても聞く耳持たず「うげー、そんなゲテモノ
料理いやだよ、ちゃんと人間が食える肉じゃが作ってよ」と。
できあがっても「すごくいい匂いだけど、不味いに決まってるから」と
一口も手を付けようとしない。

と、そこに彼の友人がとつぜん尋ねてきた。「おまえ、コレみてみな。
肉じゃがに白ワイン入れてんだぜ、こいつ」とか言ってる。友人は彼の
言葉を聞き流しつつ「お、旨そ~。食っていい?」と言ってくれた。彼が
「食えるもんなら食ってみろよ」と笑いながら言うと、その友人が箸を
取って「旨い旨い」と食ってくれた。内心「ふふん」と思いながら彼を見ると
奴がひと言。

「おまえ、博愛主義者だよな。捨て猫とかよく拾わない?(笑)つか、
こいつに気があるんじゃないの?」

これで完全に冷めました。後日、彼に別れ話を告げると、なんとその友人と
私の仲を真剣に疑う大バカぶり。

長文失礼しました。

この記事の続きを読む >